日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

◆大阪工業大学は2010年4月にロボット学科の開設するが、同大学でものづくり人材育成を進めているものづくりセンター「MONOLAB」の池田隆治副センター長が、2009年12月22日、ダイセン電子工業で開かれた日本橋でんでんタウン・ロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業)の12月例会で、MONOLABの活動内容などを説明しました。また開設準備中のロボット学科については「順調に応募が集まっている」と、高校生の間でロボットへの関心が高いことを感じさせていました。

a0029278_1385268.jpg

 毎月1回例会を開催し、発足3年目を迎えているロボット連絡会には、毎回ゲストを招いてロボットの今を知る勉強会を開いています。
 2009年を締めくくる12月例会には、昨年4月にリニューアルオープンした大阪工業大学ものづくりセンター「MONOLAB」から池田隆治副センター長が参加して、薄型テレビに映し出されたパワーポイントの資料をもとに、ロボットやソーラーカーなど学外の競技大会にも出場しているMONOLAB内のプロジェクトなどの活動ぶりを紹介しました。

 このところ薄らいでいたという大工大の伝統であるリアルな”ものづくり精神”を再度復活させようと具体化させたのがMONOLABです。池田副センター長は「3年間で大工大にMONOLABありと言われるまでに持っていきたい」といい、目標の最終年度を迎える来年へ向けて、さまざまな活動を計画しています。

 自律型歩行ロボット製作するなど学内向けのものづくり授業を実施はもちろん、学外の人たちへの開放も行っています。
 キッズものづくり道場では、近隣の小学生たちが参加しての同大の学生がアドバイスしてものづくりを体験してもらっているといいます。子供たちだけでなく、お母さんなど大人向けのものづくり講習会も人気のようです。

 テクノフォーラムでは、浅田稔大阪大学大学院工学研究科教授などを招いた講演会を開いています。「開発者などに直接に話を聴くことで、学生にどのような勉強したかなどを学んでいます」と池田副センター長。

 学外で開かれるロボコンへの参加もMONOLABのプロジェクトのひとつです。
 12月12日にはロボット競技会「第6回ロボプロステーションチャレンジカップ」に、同プロジェクトの14人と電子工学研究部4人、機械工学研究部3人が出場して、入賞したそうです。

◆来年4月、工学部に開設されるロボット学科は、2月に一般入試が行われますか、応募は順調に増えており「100人近くの学科でスタートすることになりそう」だといいます。
 ロボ連のメンバーからは「開設後は学外の施設などと連携して活動することは可能か」などといった質問が寄せられていました。

[大阪工業大学ものづくりセンター「MONOLAB」]
http://www.oit.ac.jp/japanese/monolab/
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-25 13:09 | ロボット連絡会
◆共立電子産業シリコンハウス営業所とハンダの白光が、12月19日、ハンダ付けのノウハウを講習する今年2回目の「ハンダ付け道場」を、日本橋西2丁目の共立電子産業本社ビル1階セミナールームで開催しました。

a0029278_11145124.jpg
ハンダ付けのアドバイスをする佐々木さん(左)

 今年7月の前回の企画が好評だったことから、今回は内容をさらにバージョンアップして、ハンダ付けトレーニング基板キットを使ってして実施しました。
 共立電子産業の蘇琢邦さんは「ハンダ付けに興味を持ってもらうために、単にハンダ付けするだけではなく、ハンダ付けした基板キットを完成させるとゲームが楽しめる工夫をしました」と話していました。

 講習会には男女7人が参加しました。講師役を務めた白光の佐々木康弘さんは、自らキットを組み立てたり、受講者からの質問に応えたり、顕微鏡を使って受講者のハンダの出来具合をチェックしていました。
 また「ハンダ付けする部品によってハンダの温度を変えたり、コテを換える必要があります」といった注意も。

a0029278_11161623.jpg
顕微鏡でハンダ付けをチェック
a0029278_1117587.jpg

 今回のトレーニングキットは、出来あがるとサイモンゲームが楽しめるというもの。4つのスイッチのどれか1つを押すと、LEDが発光し音が鳴るので、3秒以内に発光したスイッチを押せば成功。13回連続して成功すれば、勝てるというゲームです。

 また完成キットでは、ハンダ付けが正確に出来て、隣りのピンとショートしていないかを、音と光で確かめることこともできます。

 参加していた女性は「ハンダ付けは学校で習って以来です。もともと電子工作が好きなので参加しました」と、楽しそうでした。
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-20 11:17 | 電子工作教室/ロボット教室
◆上新電機の「ジョーシンディスクピア日本橋店」(大阪市浪速区日本橋4)が、プレイステーション3用のソフト「ファイナルファンタジーXⅢ」が発売される12月17日、通常の開店時間よりも早い午前7時から販売します。

 また特別仕様のプレイステーション3本体とファイナルファンタジーXⅢがセットになったパッケージ「プレイステーション3 ファイナルファンタジーXⅢ LIGTHTNING EDITION」を先着限定で100人に、やはり午前7時から販売します。
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-16 17:04 | 新製品
◆日本橋でんでんタウン電子工作教室は、12月20日、来年の干支の寅をロボットにした「トラロボット」を作ります。会場は、浪速区日本橋4丁目ホリノビル3階の日本橋筋商店街振興組合会議室です。参加費は1500円(改造部品・電池・参加賞込)。

 午前11時からと午後2時からの2回に分けて実施されます。作り終わるとミニ4駆コースで競走をして遊びます。レース上位入賞者には賞品が用意されています。

 教材には市販品のキットを使用しますが、単4電池に交換するなど改造にチャレンジするといいます。
 また、電子工作教室は12月27日にも実施するそうです。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃「作る・造る・創る」を拡げる「ロボットの素・プチロボシリーズ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アイデアが湧いたら両面テープでペタペタ組立てるお気軽キット「プチロボ改」
ものづくり+プログラミング教材として高校での採用実績多数「プチロボMS5」
本格二足歩行ロボットをベースにタチコマ改造でも大盛り上がり「プチロボX」
更に18軸制御にまで対応した新ソフト「WondeRoid MotionMaker」も配布開始!
雑誌記事、YouTube動画他、各メディアで情報発信中! >> http://keic.jp/wr/


西日本最大の電気街              PR↓↓↓↓↓
→→→→→ 大阪・日本橋でんでんタウン  http://www.denden-town.or.jp/
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-16 16:55 | 電子工作教室/ロボット教室
◆共立電子産業のシリコンハウスが、12月12、13の両日、中古計測器のバーゲンセールを行っています。

 通常価格の10%OFF(一部商品を除く)で販売しているそうです。

http://www.siliconhouse.jp/kyohritsuosc.pdf
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-12 13:55 | イベント
◆日本橋でんでんタウンの発明ロボット塾が、12月13日、浪速区日本橋4丁目の日本橋筋商店街振興組合の会議室で自作センサーロボット作りの実習を行います。

 今回は、自分で作るセンサーロボットを理解するのが目的です。
 部品がそれぞれ、どのような働きをするのかを自分で考えます。
 実習では、ロボットを動かすためのプログラミングを学び、それをインストールしたセンサー基板とセンサーを6足歩行ロボットに見込み、ロボットを組み立てます。

 
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-12 13:11 | 電子工作教室/ロボット教室
◆上新電機が2009年12月10日、大阪府枚方市高田一丁目1510番外に「ジョーシン枚方高田店」(仮称)を2010年夏に出店する計画を発表しました。

a0029278_803977.jpg
ジョーシン枚方高田店(仮称)の完成予想図


 計画では、敷地敷地面積6651㎡に、鉄骨造り店舗を建て、施設の延床面積は3617㎡。建物屋上を駐車場として130台を収容する予定です。店舗面積は2699㎡です。

 扱い商品は家電全般としています。
 場所は、JR片町線星田駅近くで、周囲にはショッピングセンターや郊外型専門店が位置しています。
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-11 08:06 | 上新電機
a0029278_17481790.jpg◆新世界にそびえ立つ通天閣がロボットになる-。
 通天閣を経営する通天閣観光(大阪市浪速区恵比須東1、西上雅章社長)が、今、通天閣の60分の1の規模の2足歩行ロボット「通天閣ロボ」の開発を、お隣の日本橋でんでんタウンのパーツショップやロボットメーカーなどの団体である日本橋でんでんタウンロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)と共同で進めています。完成は2010年3月の予定です。製作費は1000万円強だといいます。

 通天閣がある新世界と日本橋はお隣さんどうし。そんなこともあって最近では、通天閣では、日本橋のメイド喫茶店などと共同でコスプレイベントなどを開催してきました。
 さらに通天閣からの展望以外に、新たな名物になる売り物を作ろうと、会社では通天閣のロボット化を決めました。
 そんな話しを聞きつけた日本橋のロボット連絡会は「ぜひ当会で、それを製作させて欲しい」と申し入れたところ、このほど話がまとまったというわけです。

 ロボットのデザインは大阪市内のグラフィックデザイン会社が担当しました。通天閣をほぼ忠実に再現し、展望台の下あたりから両腕が伸び、現物の通天閣は4本足ですがロボットは2本足で立ち、手足ともに動くことを目指します。

 今流行のゆるキャラのようなロボットではなく、鉄骨のゴツゴツ感を出すといいます。と言うのも59歳の西上通天閣観光社長は、横山光輝の鉄人28号を読んで育った世代なのです。ですから「ロボットはこうでなくては」といった強い思いいれがあるようです。
 そして鉄人同様に、これも無線で操縦して動かすのですが、その役はなんと通天閣の守り神であるビリケンさんが行うという設定です。

 通天閣の高さは103.3mありますが、ロボットの体長は約171cmを考えているといいます。成人男性程度の大きさです。重さは、まだ分らないそうです。
 4、5階の展望台の窓が目になります。2、3階部分には日本橋キャラクターの音々ちゃんのイラストをあしらうことも計画されています。
 頭上には実物同じように天気サインを付ける予定です。

◆出来上がったロボットは、通天閣と同じ設計者である内藤多仲の手による東京タワーや名古屋のテレビ搭を訪ねる一人旅をするといった、ロボットを擬人化するストーリーも考えられています。

 ロボット化の企画を進める通天閣観光の澤田伸営業部主任は「ロボットによって新世界と日本橋の人の流れを作っていきたい。製作中の通天閣ロボ1号に続いて2号、3号も作りたいです」と話していました。
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-10 17:49 | ロボット連絡会
a0029278_1252669.jpg◆2010年版の「味まっぷ」は、ひと味ももふた味も違う。ポケットやバッグに忍ばせて、でんでんタウンを歩きたくなるような、そんな楽しい気持ちにしてくれる地図なのだ。

 「味まっぷ2010」は、12月5日から共立電子産業の各店舗で配布されています。
 今回、制作を担当したイラストレーターは、4代目の中西らつ子さんです。国立文楽劇場のポスターやパフレットなどでお馴染みです。

 地図に登場してるキャラクターたちは、心なごませるタッチで、人情の街OSAKAにふさわしい絵柄です。
 「ボクは大好きだなぁ」
 少年ジャンプ以降の、やたらととんがった今流行の画風とは違って、丸みのある線が見る者に楽しさと温かさを感じさせてくれるのです。




 99.9%が手描きだというのも、地図に温かみを与えている理由でしょう。
 味まっぷは食べ物屋さんを案内するのだから、やはり温かいのが一番です。
 掲載されているお店の情報はすべて吹き出しを付けて、これも「オドロキの超大盛」とか「絵本に囲まれたカフェ」などが手書きしてあります。

a0029278_1273158.jpg

a0029278_1275929.jpg

a0029278_1283944.jpg

 吹き出しはたくさんあるけれど、全部読んでみたくなる。
 これって地図ですが、まさにでんでんタウンのタウン紙ですね。
 とにかく共立電子産業の店舗で手にとってみてほしい。

a0029278_12102287.jpg
通天閣もちゃんと載っている

◆今回の味まっぷには、もうひとつ隠し味があります。
 それは発行者の共立電子産業の蘇建源会長のイラストが、地図の中に忍ばされているのです。
 果たしてどこにあるのでしょう。これは筆者の中西さんのヒッチコックの映画を思わせる遊びですね。

a0029278_129796.jpg
蘇会長が初出演している

 「味まっぷ」は、1998年発行の第9版からカラー化されています。当初は手描きでしたが、04年からコンピューター制作化されましたが、10年版は再び手描きに戻っています。
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-08 12:12 | でんでんタウン
◆第6回日本橋ストリートフェスタ実行委員会が、ホームページを開設しました。
 来年3月21日の開催へ向けて、さまざまな情報を発信していくようです。

 今はフェスタ開催のための募金への協力を呼び掛けたり、イベントガイドブックへの広告出稿を働きかけています。
 12月13日に開催されるジャズコンサートなどチャリティイベントの案内も見られます。

http://nippombashi.jp/festa/2010/index.html
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-07 06:26