日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

◆えっ~? それはもぐりやなぁ!
 取材中のボクに、Sさんは目を丸くして、信じられない様子でした。
 日本橋電気街名物の五階百貨店・日本橋商店会の中に、今年2月にオープンしたという袋物のインスタントラーメンを食べさせる専門店「ラーメンさくら日本橋店」のことです。
 ボクは、Sさんに聞くまでまったく、その存在を知らなかった。

a0029278_18502677.jpg
 中島みゆきのように時代遅れのボクを伴ってSさんは、雨ふる街角を歩いて店に案内してくれました。
 そこには袋物ラーメンの現物でディプレイされた店舗がありました。
 これはもうまぎれもなくインスタントラーメンの専門店です。
 なんと200種類も揃っているという。
 北海道・旭川の旭山動物園限定の白熊ラーメンは、一番のオススメだそうです。

 ラーメンばかりではない。
 最近始めたという焼きそばも並んでいる。
 好きなものを取って店内に差し出すと、それを食べさせてくれるのだそうです。

a0029278_18555722.jpga0029278_18561916.jpg 1袋190円という数字が見えた。
 赤字で420円とも書いてあります。
 調理すると、この値段になるそうだ。
 思わずボクは「インスタントラーメンの分際で高すぎる」と言ってしまった。
 横にいた女性の店員さんは「ちゃんとトッピングして調理しますから」と、この値段に自信たっぷりの様子です。

 ここまで挑戦的なラーメンならば、これはもう食べないで帰るわけには行かない。
 ボクはSさんに勧められた「さくらラーメン(醤油味)」を手にとって、女性に手渡しました。
 勧められるままにSさんと2階へ上がる。
 
 誰もいない。

 学生の下宿部屋といった感じです。
 壁には桜田淳子やアグネスチャン、ピンクレディなど70年代のアイドルのポスターやレコードジャケットが貼ってある。
 インスタントラーメンを食べるにはもってこいの環境設定です。
 願わくば赤塚不二夫の小池さんの絵もほしかった。

a0029278_18582911.jpga0029278_18593038.jpg しばらく待つとさくらラーメンが出来上がってきた。
 叉焼が2枚、シナチク、海苔2枚、きざみねぎが乗っている。
 まず麺を口に。
 家で食べる貧相なインスタントラーメンとは違う味がした。
 これがインスタントだと知らなければ、立派に行列が出来るなんとかラーメンで通るでしょう。
 スープもまずまず。
 これなら420円は高くない。
 サイドメニューや具の追加トッピングは100円のようです。

 カレーライスもある。
 最近はラーメン店でカレーを出す店が増えており、ラーメンとカレーをセットメニューとしているケースは少なくない。
 ここでもちゃんと用意してある。

 気がつくと狭い室内はいつの間にか、オタロードからやって来た感じの若者でいっぱいになっていました。
 すっかり定着しているようです。

◆食べ終わって階段を下りると、店長さんの男性と先ほどの女性店員さんが、愛想良く「ビールもありますし、焼きそばも始めてますよ。またお越しください」と言うので、ボクはついその気になって、リピーターになってもいいかなぁと一瞬思った。

a0029278_1953765.jpg
 聞くと、ラーメンさくらの本店は東京・中野らしい。全国に9店舗あるが、大阪は日本橋だけという。
 以前、大阪・天六の汚い居酒屋が袋ラーメンを食べさせる、というので食べに行ったことがあったが、味はそれよりもはるかに良かった。

a0029278_1913555.jpg
 ジャンキーな食べ物も、食べ方を変化させると、こうも違うものかと感心した。
 日本橋電気街の新しい名所として客を集めることは疑いのないところでしょう。
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-25 19:06 | グルメ
◆大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻の奥俊信教授と鈴木毅准教授など8人が、2008年6月18日、街づくりの現状を学ぶために日本橋電気街・でんでんタウンにやって来ました。日本橋筋商店街振興組合の蘇建源会長の案内で、オタロードやパーツロード、五階百貨店など日本橋の新旧さまざまな場所を見て歩きました。

 訪れたメンバーは、いずれも大阪大学大学院工学研究科で街づくりについて研究している人たちです。奥教授は建築工学、鈴木准教授は建築・都市デザインがそれぞれ専門です。

 一行は、五階百貨店(インスタントラーメン専門店、中古テレビ店など)、オタロード、JT関西支社跡地に建つ駐車場、高島屋別館、日本橋3丁目の歩道橋、PA専門店、パーツロード、旧ニノミヤ本店跡の空き地、上新電機ロボット専科などを見学しました。

◆ロボットをキーワードに新しい街づくりを進める手法を聞いたり、「ロボット専科」ではどのようにロボットを販売しているのか、などといった質問が出ていました。
 新しいものと古いものが混在する電気街には、とりわけ関心を示していました。中でも日本橋ストリートフェスタなどのイベントには興味を持ち、「地域住民にも喜ばれるイベントへの工夫は」といった問いかけもありました。

 また大阪と和歌山をつないだ街道、紀州街道が日本橋の中を通っていたり、その通りに面して、落ち着きある和風旅館の「かめや」があることに注目。
 その旅館は、街道が盛んに利用された当時を偲ばせるなど、日本橋の中にはそうした建物が残っており、歴史ある街であることを指摘していました。

 そうした中にあって、電気街の中では数少ない建築デザイナー設計による店舗ビルにも目をやっていました。


ホームページ「街道歩き」 には、その日本橋界隈をも通っていた紀州街道について、次のように書かれています。

「かつて日本橋筋は長町と呼ばれ旅籠が軒を連ねる宿場町であった。東海道中膝栗毛の弥次さん喜多さんも物語の中で長町7丁目の分銅河内屋に宿泊している。
 寛政4(1792)年に長町1丁目から5丁目が日本橋筋と改称され、明治5年、長町6丁目から9丁目も日本橋筋となり、長町の名は消えた。長町7丁目は現在の日本橋筋4丁目から5丁目あたり」

編集長=注=旅館かめやが建っている場所も、旧長町7丁目界隈に当たります。
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-24 10:04 | でんでんタウン
◆大阪市立科学館(大阪市北区中之島4)は、7月18日に展示場をリニューアルしてオープンしますが、それに先立って19日、新たに収集した展示資料などを報道関係者に公開しました。

 同館が新たに企業や個人から収集したのは667点(205点は購入し、残りは寄贈を受けています)。
 公開したのは電気製品や岐阜県の企業から寄贈を受けた宇宙服、手で持ち上げられるほど軽量なハイブリッド車のボンネット、世界遺産に指定されているポーランドの塩鉱山から産出された重さ約2トンの円柱形まの岩塩など、代表的なものばかり。

 電気製品は、1階の新展示場「家電製品の歴史」コーナーに展示されます。20世紀前半から現代までの家電製品の実物資料約60点をはじめ、人類のエネルギー利用の歴史的変化を表したグラフ、19世紀からの電気利用の歴史年表などが展示されることになっています。

◆19日に公開された代表的な懐かしい家電製品。

電気ミキサー 東芝MX-6型 1950年代
電気扇風機 日立製作所製 1950年代 4枚の金属羽が特徴
a0029278_10443570.jpg

電気アイロン 松下電器産業製 ナショナル2号アイロン 1950年代
a0029278_10453736.jpg

電気洗濯機 東芝製 東芝P型 1953(昭和28)年
a0029278_10455595.jpg

白黒テレビ 富士製作所製 スター7インチ 1954(昭和29)年
a0029278_10465497.jpg

白黒テレビ 八欧電気製 17T-6型 1954年(昭和29)年 ビデオを再生していました。
a0029278_10471236.jpg

トランジスタテレビ ソニー製 TV8-301 1960(昭和35)年
a0029278_10472710.jpg

電気ポット シャープ製 1960年代
a0029278_10474398.jpg

オープントースター 松下電器産業製 NT-6014型 1970年代
a0029278_1048239.jpg

電気スタンド 松下電器産業製 PS-529型 1960年頃
a0029278_10481738.jpg

真空管式ラジオ 三菱電機製 5P-270型 1960年頃
a0029278_1048362.jpg

ラジオカセット 松下電器産業製 1970年代後半
a0029278_10485391.jpg

音声翻訳機 カシオ計算機 VT-100型 1981(昭和56)年
a0029278_1049815.jpg

パーソナルコンピューター シャープ製 MZ80B 1981(昭和56)年
a0029278_10492738.jpg


◆収集された家電品の多くは、新品同様の状態です。
 多くはコレクターから有料で収集したものや、電子メールで商品を探していることを呼びかけたりして集めたといいます。

 今回の収集品の基本は、使われていた当時と同じように動くことでした。
 白黒テレビでもちゃんと映ります。
 公開当日は室内の受信状態が良くないために、ビデオの再生でしたが、画面には放送番組が白黒画像で映し出されるそうです。

a0029278_1114587.jpg

テレビを調整しているスタッフ。ビデオ画像が見えます。

a0029278_11153157.jpg

 これは白黒テレビ 富士製作所製 スター7インチの内部です。
 真空管などが見えます。
 ブラウン管が丸型なのが、かすかにわかります。
 今のテレビと比べると単純な仕組みなのがわかる。

 このテレビは、横浜の修理業者から譲り受けたものですが、きわめてきれいな状態で保存されていたようです。

[宇宙服の写真はこちら]
http://robomedia2006.blog.so-net.ne.jp/2008-06-20
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-20 10:51 | 商品動向
◆共立電子産業(大阪市浪速区日本橋西2-5-1)が、2008年6月28と29の2日間、本社1階のセミナールームで、オーディオキットの組み立てを体験する催しを行います。

 当日購入したキットを実際に組み立てるという内容。
 同社の社員が技術指導し、製作に必要な設備と工具は提供することになっています。
 開催時間は両日とも、午前11時から午後5時まで。
 途中昼食休憩があります。

 同社によると、「キットの組立には興味があるが工具選びやその使用方法が分らないといった人や、完成まで自信がない初心者でも大丈夫」ということです。
 参加者全員には、オリジナル基板がプレゼントされます。

http://digit.kyohritsu.com/EVENT/080628.html
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-18 10:21 | イベント
◆大阪市浪速区役所などで作る「なにわの日」実行委員会は、7月26、27の両日、浪速区の魅力を再発見してもらおうと、区内各所でイベントを実施しますが、日本橋・でんでんタウンでもストリートライブや電子工作教室など、楽しいイベントを予定しています。

◆日本橋・でんでんタウンでは26日、27日の土曜、日曜日に、でんでんタウン協栄会と日本橋筋商店街振興組合、五階百貨店合同企画のイベントが行われます。

 26日の土曜日には「電子工作教室」と「アマチュア無線公開運営」のふたつが予定されています。

 常設の電子工作教室は、この日に合わせて午後2時から、ソニーショップ「AVIC」前の屋外で特別授業を行い、牛乳パックでロボットを作ります。
 優勝すると豪華景品が用意されている牛乳パックロボットの競争会も予定されています。
 また同時に、楽しい科学実験も行われます。
 電子工作教室は参加費300円(教材費)が必要ですが、科学実験は無料。

 アマチュア無線公開運営は、初めてでんでんタウンで開催されます。
 こちらは午後1時から5時まで。
 でんでんタウンのアマチュア無線クラブ「JL3YIC」が、堺筋で公開運用を行います。
 ハムショップ日本橋店会とJARL関西支部が協力します。

◆27日の日曜日は、ストリートライブが予定されています。
 出演するのはマメッピーニョとジャズの大竹亜矢子トリオの2組。
 AVIC前の屋外特別ステージで、午後1時から4時まで行われます。

◆また両日にわたって、日本橋名所のひとでユニークな店舗がいっぱいある五階百貨店を”探検”すると日本橋マップをもらえる、といった企画も用意されています。

◆それにしても浪速区のホームページのトップページには「なにわの日」について何も触れられていません。

 目立たないところにある「お知らせ」という小さな項目のリンクをたどると、申し訳程度に「7月28日は『なにわの日』です」と出てきました。
 しかし、これもまたリンク。
 そして出てきた情報は、果たしてこれで浪速区の魅力を再発見してもらえるの、と首を傾げたくなるような内容。

 このイベントの主催は区役所じゃないようだけれど、中心的存在に変わりはない。
 これじゃ、ちょっとサービス不足ですね。


http://www.denden-town.or.jp/naniwa.htm

http://www.city.osaka.jp/oshirase/naniwa/html/info13001108512121531.html
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-17 10:33 | イベント
◆8日、東京・秋葉原で起こった通り魔事件は多くの死傷者を出しました。
 通り魔事件は今年で5件目だとか。

 異常としか思えない最近の日本です。
 もう日本中どこにいても果たして安全なのだろうか、安心して街を歩くことが出来るのだろうか、と考えさせられてしまいます。
 もちろん家に潜んでいても決して安全とはいえません。

 そこで誰もが考えるのは、西日本一の電気街、日本橋・でんでんタウンは安全か、です。

◆案の定、9日、NHKが日本橋・でんでんタウンに取材にやって来たようです。
 「日本橋の安全対策は大丈夫ですか」といったお決まりの取材で、夕方6時10分からニュース番組で放映されました。
 街の防犯対策としてアーケードの放送網を有効利用する-といった内容になっていたそうです。
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-11 09:05 | でんでんタウン
◆ソフトバンクモバイルが、2008年6月10日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪に、関西の販売店から約1000人を集めて、6月下旬から順次発売する夏向け新機種女性向け8機種など計12機種の店頭導入へ向けた新商品説明会を開きました。

a0029278_17241921.jpg

 夏の新モデル12機種(ディズニー・モバイル含む)は、女性をターゲットにした「防水ワンセグ携帯」(2機種)「フルスライドPANTONE携帯」(1機種)など8機種と、男性向け端末2機種、最上位端末のVIERA携帯第2弾と第5世代AQUOS携帯の計2機種。

 大内満営業第3本部副本部長は「13ヶ月連続の純増数1位は店の営業努力のほか、特別割賦販売制度のスーパーボーナスが市場から支持されたと思う」とし、今後も純増ナンバーワンを維持し続けていく強い決意を見せていました。

a0029278_1725692.jpg 新商品については「過去に見られないスキのないラインアップになった」(大内副本部長)といい、1つの携帯で2つの電話番号とメールアドレスが使える「ダブルナンバー」や、着信をテキストと画像・動画、音楽で知らせる「着デコ」といった新サービスなどで、利便性を高めていることをアピールしていました。

 また絵文字と「Yahoo!ケータイ」をリニューアルすることで、より使い勝手を良くしたといいます。

a0029278_17274896.jpg ◆KDDI・auが6月10日から新たに割賦販売を開始したことなど、ライバル社も攻勢をかけていますが、大内副本部長は「割賦販売が市場に浸透するには時間がかかるだろう。ダブルナンバーは使いやすさで他社に勝る」など、サービスの優位性を強調していました。

 集まった販売店に対しては、「他社との差別化のためにもPOPやディスプレイなど店頭に賑わいが大切」と、新商品の導入に合わせて店頭整備の実施を要請しました。
 店頭整備が売れ行きに影響した好例として、ディズニーモバイルが発売した2号機が、1号機の売れ行きを上昇させたケースを挙げていました。

◆記者会見の席で大内副本部長は、9日に発表した3G対応の「iPhone 3G」(米アップル製)の発売について「市場の盛り上げを期待したい」と語るにとどまり、販売量や価格、市場の見通しなど詳細については発言を控えました。

a0029278_17353110.jpg 3キャリアの中で最もスマートフォンの販売に積極的な同社ですが、今後については「絶対的な顧客ニーズがある端末であり、継続して積極展開していく」としました。

 また、問題視されている子供の携帯電話所持については「根こそぎ所有を禁じることはどうかと思う。ホワイト学割で若年層需要を開拓してきた実績と自負はある」とするものの、フィルタリングなどについては「有害サイトへ確実に届かなくする努力は続ける」など、安全な社会を実現するためには避けて通れないことを指摘していました。



[夏の新モデル12機種]
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080603_06/index.html

[iPhone 3Gを7月11日より日本で発売]
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080610_01/index.html
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-10 17:29 | 新製品
NASA(日本橋オーディオ店会)が、2008年6月8日、08年5月の商品別人気ランキングを発表しました。

AVアンプ
メーカー 品名
1ONKYO  TX-SA606X
2DENONAVC-2808
3DENONAVC-3808
4SONY TA-DA5300ES
5ONKYOTX-SA605


CDプレーヤー(SACD含む)
メーカー 品名
1DENON DCD-1500AE
2SONY  NAC-HD1
3ONKYO C-1VL
4DENON DCD-1650AE
5ONKYO C-705FX


スピーカー
メーカー 品名
1ONKYO D-112ELTD
2PIONEER S-A4SPT-VP
3ONKYO D-308E
4BOSE  101MM
5DENON SC-T55SG


ピュアアンプ
メーカー 品名
1DENON PMA-1500AE
2ONKYO A-1VL
3DENON PMA-2000AE
4MARANZ PM6001
5DENON PMA-390AE


DVDプレーヤー
メーカー   品名
1PIONEER  DV-300
2PIONEER  DV-800AV
3SONY    DVP-NS53P
4PIONEER  DV-600AV
5DENON   DVD-3800BD


シアターシステム
メーカー  品名
1ONKYO  HTX-11
2PIONEER HTP-S313
3DENON  DHT-M380
4PIONEER HTP-S717
5DENON DHT-FS1


セットステレオ
メーカー品名
1ONKYOX-N7TX
2ONKYOX-T1
3SONYNAS-M75HD
4PanasonicSC-PM670SD
5VICTOREX-AK1


DVDレコーダー
メーカー      品名
1PANASONICDMR-XW120
2SONY       BDZ-X90
3PANASONICDMR-XP12
4SHARP      DV-AC82
5TOSHIBA      RD-S601


薄型TV(30型以上)
メーカー 品名
1SONY  KDL-40F1
2SHARP  LC-37DS3
3SHARP  LC-32D30
4TOSHIBA 37Z3500
5HITACHI  L37-XR01


プロジェクター
メーカー     品名
1MITSUBISHILVP-HC1100
2EPSON     EMP-DM1S
3SONY      VPL-VW60
4SANYO      LP-Z2000
5VICTOR     DLA-HD100
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-08 18:04 | 日本橋オーディオ店会
◆編集長はきょう、電子オルガン奏者の演奏会へ行ってきました。
 奏者はプロの橘ゆりさん。
 プロだから上手いのは当たり前ですが、驚いたのは電子オルガン1台で、あたかもフルバンドの演奏会の場にいるかのような音が出てくるのです。

 ローランドの電子オルガンの新製品、ミュージックアトリエの最上位機種のAT900と下位機種のAT100を使って、「TAKE FIVE」「風のささやき」「シャルメーヌ」「コキリコ節」「ユーモレスク」など8曲が披露されました。

a0029278_1840235.jpg
演奏会の奏者、橘ゆりさん

 ローランドと言えば、今はローランド芸術文化振興財団の理事長をしている梯郁太郎さんが創業した会社で、世界的に知られるまでになっています。

 今回、演奏に使われた2機種は、1台でフルバンドの中で演奏しているようであったり、またライブハウスで1人で演奏するかのように、いろんな演出が出来るだけでなく、「ライブ演奏の音色を目指している」(梯さん)という優れものなのです。

 美空ひばりの「りんご追分」の演奏では、三味線の音も出てきたのです。

a0029278_18434936.jpg
日本橋のモノ作り魂は健在の梯さん

◆そんな立派な商品を作っている人ですが、元はといえば街の電器屋さんでした。そこから電子楽器を製造するようになるのですが、日本橋ともかかわりは深く、使用する電子パーツは日本橋で購入していたとか。

 当時の梯さんを知る人は日本橋にも少なくなってきました。でも、演奏会の会場で自ら演奏の模様をビデオ撮影する姿などを見ていると、やっぱり日本橋のモノ作り魂が生き続けている電気屋さんだなぁ、なんて思ったのでした。



a0029278_18465327.gif

[PR]
by sozakiweb | 2008-06-03 18:48 | イベント
◆日本橋筋商店街振興組合の新理事長に蘇健源共立電子産業社長が選ばれました。
 新理事長は就任のあいさつで「でんでんタウン協栄会の土井栄次会長(上新電機社長)と歩調を合わせて、心の通う街作りを進める」と抱負を述べており、街からは電気街再生への期待が寄せられています。

 蘇氏を理事長に決めた総会では、来年の第5回日本橋ストリートフェスタの実施や日本橋3丁目の歩道橋撤去など、いくつか新たな街づくりの取り組みとなる事案が報告されていましたが、街を電気の街として活性化させるには課題も多く見られます。

 そのような中で新理事長にまず求めたいのは、街の活性化へ向けての設計図作りです。
 来年で5回目になる日本橋ストリートフェスタは、日本橋への来街者を増やす取り組みとして、少なからず成果を収めてきたように見えます。

 しかし、このイベントを実施することによって、何にを目指しているのかが、今ひとつ見えてこないのです。
 確かに来街促進といった目的はあり、約16万もの人たちは集まっています。
 ただ、期間中にやって来る多くは残念にも電気の客ではありません。

 多額の費用と労力をかけたイベントを費用対効果を見た場合、本当に電気の街日本橋の復活につながっているであろうか、といった疑問も出てきます。 
 同じ費用を使うならば、小規模でも毎月イベントを実施したほうが来街につながる-といった声も聞かれるほどです。
 それも半日のイベントだけで終わってしまい、目指すところが明確でないからではないでしょうか。

 また歩道橋撤去も同様です。
 歩道橋を取り払うことで、どのように買い物客を誘導しようとしているのか-など、撤去後の街作りの青写真が見えてきません。

 子供たちの電子工作でも設計図を頼りにロボットを組み立てているのに、日本橋の街作りには今までに、そうした設計図があったのでしょうか。

 堺筋に面した日本橋筋では、空き店舗が増え、後にはワンルームマンションなど電気とは無縁な建物が建ち並んできました。
 通称・オタロードの賑わいに反して、衰退の空気が色濃い。

 ニノミヤ本店後も、マンション建設は中断したかのようですが、更地のままで放置されています。
 商店街のど真ん中にある広い土地だけに、街の沈滞イメージを強めています。

 これからは、街への店舗誘致も、振興組合や協栄会の重要な仕事になるでしょう。
 電気街として活性化にふさわしい店舗や売り場を誘致してほしいところです。



a0029278_1955071.gif

[PR]
by sozakiweb | 2008-06-02 19:04 | でんでんタウン