日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー

<   2007年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

◆上新電機が、AV・情報機器専門店「ジョーシンテクノランド」(大阪・日本橋5)に12月1日、日本橋最大のロボット売り場を開設します。

 4階売り場の一部を変更するもので、売り場面積は約100平方㍍と日本橋電気街では最大級の広さになります。
 2足歩行ロボットなどを扱うなど、本格的なロボットショップを目指します。

 同社はすでにキッズランドで玩具系ロボットの販売を始めていますが、テクノランドではさらに高度な商品を扱っていきます。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-21 07:03 | ロボット
◆上新電機がこのほど発表した2008年度3月中間決算によると、独自の営業・販売戦略が功を奏して、増収増益の好業績を収めています。

 業界関係者の話によりますと、売上げ増伸に貢献しているひとつが、会員顧客などへDMなどで案内するお買い得商品など、低価格で提供する商品の販売で、これが来店を増やしているといいます。
 これによって全体の売上げアップにも寄与している模様です。

 同社の売上げの75%は関西地区で稼いでいます。関西での占有率も約24%と言われており、関西家電量販店のキングの座は依然として死守しているようです。
 ただ日本橋における同社の売上げ構成比は年々減少しており、ある業界紙記者は「今、日本橋での売上げは、全社の5%程度じゃないでしょうか」と話しています。

 日本橋地区での大型店舗の出店計画も頓挫している今、同社の日本橋での売上げはさらに減少していくように思われます。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-19 18:09 | 決算
◆大阪・日本橋電気街のロボットメーカーやロボットショップなどで作るロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)が、2007年11月20日(火曜日)18時から、日本橋筋商店街振興組合会議室で11月定例会を開催します。

 当日は、来年3月に開催される日本橋ストリートフェスタの運営委員会報告が行われるほか、先に兵庫県高砂市で開催された高専ロボコンの模様や同連絡会が製作した選挙公報ロボット「センキョン君」の活躍ぶりなどが報告されます。

 また、タカラトミーから発売されたロボットの紹介や創造アイデアロボットコンテスト中学生大会など、最新のロボット情報が伝えられる予定です。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-19 13:01 | ロボット連絡会
◆日本橋でんでんタウンロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)が製作した選挙広報ロボット「センキョン君」=写真=が、18日に投票が終わった大阪市長選挙の広報活動で活躍しました。

a0029278_172798.jpg

 ロボット連絡会がある大阪市浪速区の浪速区役所ロビーで、18日に行われた市長選挙への投票と期日前・不在者投票を呼びかけたものです。
 発話機能を持たせて、来庁者へ話しかけていました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-19 12:56 | ロボット連絡会
◆日本橋筋商店街振興組合(榎本悦治理事長)とでんでんタウン協栄会(土井栄次会長)、日東連合振興町会(荒川正義会長)、日本橋連合振興町会(寺下信男会長)、日本橋北振興町会(宇野正也会長)は、11月6日、大阪・日本橋の旧ニノミヤ日本橋本店跡に建設が予定されているワンルームマンションの反対決議文を、大阪市と浪速警察署、建築主の東昌リアライズ(大阪市淀川区豊新5-11-3、梅本敏治社長)に提出しました。

 決議文では、ワンルームマンションが出来ることによって商店街を分断し、街の反映に障害が生じるほか、環境悪化にもつながる-としています。

 日本橋筋商店街振興組合などによると、建設反対要望に対して東昌リアライズは、ワンルームマンションではなくホテルを計画しており、1階部分はホテル内ショップにするといった回答を得ていたといいます。

 しかし、その後明らかになったところでは建設されるのはワンルームマンションであることが判明し、同振興組合などは、再度、反対の態度を明確し建築主などに示すべきといった声が上がっています。

◆また、先日の読売新聞の記事「日本橋筋の電器店舗跡地、”ワンルーム”続々」 で、大阪市経済局(商業振興担当)が、「商店街には、イベントやアーケード建設の費用などに支援をしているが、街並みにまで口を挟む立場にない」とコメントしていることに対して、街の発展を阻害する発言であるとして、発言の内容の一部取り消しを求めたいといった意見も出ているようです。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-14 13:59 | でんでんタウン
◆八代亜紀が、12日、日本橋と隣接した大阪浪速区の通天閣劇場で、地元の人たちを招いてフリーライブを開きました。

a0029278_19241347.jpg
地元が舞台の「立ち呑み小春」などを歌う八代

 大阪ゆかりの「立ち呑み小春」や「鰻谷」など、9月に発売したオリジナルアルバム「彩月~いろどりづき~」の収録曲を全曲歌いました。
 中には河島英五の作詞・作曲の「鰻谷」や、松山千春の作詞・作曲という「宗谷岬」のように、新しい八代演歌を感じさせる楽曲もありました。

a0029278_19244296.jpg
新世界商店会の人たちも招待されました

 八代と通天閣とのかかわりは、今年7月にシングル「立ち呑み小春」のキャンペーンで訪れたのがきっかけでした。
 当日は地元の新世界商店会の人たち約170人と、ABC朝日放送ラジオの聴取者を合わせた計250人が無料招待されました。

 こんな近くで大歌手の歌が聴けるなんて最高~っ、と皆さん幸せそうでした。日本橋でもこんなイベントがあったらいいのに。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-13 19:26 | イベント
◆大阪オーディオフェア実行委員会(日本橋オーディオ店会=NASA、オーディオメーカーで構成)による「オーディオセッション in OSAKA 2007」(後援・社団法人日本オーディオ協会)が、2007年11月10、11の両日、大阪・心斎橋のハートンホテル南船場とハートンホテル心斎橋別館の2会場で開かれました。

a0029278_9182689.jpg
a0029278_9204372.jpg


 会場を訪れていたのは、いずれも熱心なオーディオファンたち。出展各社の実演コーナーでは、真剣に耳を傾けたり、メーカーの係員に機器の説明を求めるなどしていた。
 200インチの大画面でDVDを再生するコーナーでは、まるで映画館のような音響と映像にに客席の全員が耳と目を集中していました。

a0029278_91928.jpg


◆高画質、大画面、高音質をうたうシステムが多く、各社が自慢の機器やシステムを提案していました。
 即売コーナーでは高音質音楽CDやLPなども販売されていました。

a0029278_9193755.jpg
a0029278_9201026.jpg


◆実演コーナーで聞く音楽はどれも素晴らしい音と映像で、こんなシステムが自宅にあればいいなぁ、なんて何にでも心引かれる記者も思ったのですが、それはあくまでも夢のような気もするのが寂しい。そんな思いで会場を後にしたのでした。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-12 09:21
◆日本橋電気街「でんでんタウン」がマンション街に変わろうとしています。こんな記事が先日の読売新聞に掲載されました。
 日本橋の人たちは「また載っているなぁ」といった感覚だったのでしょうか。あまり話題にもなっている様子はないのですが、巷では日本橋の衰退振りがかなり衝撃的に映ったようです。

a0029278_18304154.jpg
地上15階建ての「ルネ日本橋マンション」(仮称)建設予定地

 その原因となっているのが、電器店が閉店した跡地を利用してマンションを建てようといった業者が続出しているということです。
 街によると、現在建設中やすでに完成しているものを合わせるとメイン通りの堺筋に面したマンションは9棟あるらしいです。

 問題なのはいずれも1階部分が、店舗ではなくマンションのエントランスになっているということ。こうなると商店街としての体裁が整わなくなってしまうのです。
 しかもその多くがワンルームマンションだといいます。

 旧ニノミヤ日本橋本店跡にもマンションの建設計画がありますが、ここも1階部分はエントランスになるといいます。
 そこで街では「1階部分には店舗を」と、行政をはじめ関係機関を通じて建築主へ要望しているといいます。

 ただ総合地所(東京都港区)が2009年2月完成予定で日本橋5丁目のジョーシン8番館跡に建設している「ルネ日本橋マンション」(仮称、地上15階、地下1階)は、1、2階部分は店舗(業種不明)にする計画だといいます。

 このように施主に協力を得られればいいのですが、そうでなければ将来は「1階部分を店舗にしなければ建設できない」といった条例の制定を目指して働きかける必要もある、といった声も出ています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-09 18:32 | でんでんタウン
◆「バカロボ 2007」(主催・吉本興業)の決勝大会が先頃、東京・新宿のルミネtheよしもとで行われ、初代グランプリに筋力鍛錬チャイルドロボ「キントレーZ」が選ばれました。
 残念ながらエルエルパレス(大阪市浪速区恵美須西、岩気裕司社長)のホビーロボット部門のロボットフォースが製作したなにわ王道アホの継承者ロボット「プッシュくん」=写真=はグランプリを逃してしまいました。

a0029278_1059468.jpg

 バカロボ 2007には、キントレーZとプッシュくんのほかに、エクスタシー生命体ロボ「勃具」、ケニア生まれの鋼鉄獣ロボ「イナ☆ザウラー」、女子高生へなちょこロボ「カキールX JUNKO2007」、妊婦さんコーラスロボ「ラマーズ4」、ハイテク萌え系メイドロボ「美影」、リアル四コマ漫画ロボ「ロボブッチョ」が出場しました。

a0029278_1101298.jpg
初代グランプリを獲得した「キントレーZ」

◆当日の模様は、ブログ「散財心理学実習講義200X」のバカロボ2007観戦記 に詳しく書かれており、それによると、プッシュくんはトップバッターとして登場しました。
 同ブログをもとに現場を再現してみると。


 「ごみ箱+食い倒れ人形」といったコンセプトが岩気社長から挨拶がありました。
 そうするとプッシュくんは4つの足で歩きはじめ、「まいどー」と挨拶したといいます。
 さすがに浪花のロボットです。大阪弁で挨拶したようです。

 しばらくしてプッシュくん頭のフタが空くと、岩気社長がゴミを入れようとしますが、フタは閉まってしまいます。
 岩気社長は「機嫌を損ねるといつもこんなです」と照れ隠し。
 そうするとプッシュくんはカマキリのように前脚を持ち上げて岩気社長を威嚇して、4つ足でその場をぐるぐる旋回しはじめました。

 ゴミ拾いの機能も優れていたようで、落ちているゴミを検知して、2本の脚でゴミを挟んで掴み、体内に突っ込みました。ところが中から”奥の手”が出てきて、ゴミを放り出してしまいました。

◆バカなロボットと岩気社長が繰り広げるまるで掛け合い漫才のような演技に、ブログ「散財心理学実習講義200X」さんは、「単体としてのロボットの性能は、もうプッシュくんが抜群に優れていた」と、最高の評価をしています。

 大阪を代表して出場した日本橋のプッシュくんは大健闘したようです。次回のがんばりを期待したいものです。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-09 11:02 | ロボット
◆シャープが、AQUOSファミリンクに対応した「インターネットAQUOS」3タイプ5モデルを11月下旬から順次発売します。

 発売するのは「PC-AX120V」(12月中旬発売)、「PC-AX80V-W」(11月下旬発売)、「PC-AX80V-B」(12月中旬発売)、「PC-AX80V-R」(12月中旬発売)、「PC-AX30V-W」(11月下旬発売)。価格はオープンですが、店頭予想価格はAX30Vが11万円前後、AX80Vが17万円前後、AX120Vが23万円前後。

a0029278_1352728.jpg

a0029278_139823.jpg

 AQUOSファミリンク対応の液晶テレビAQUOSと接続させてパソコン機能を活用できるほか、付属のタッチパッドリモコンでテレビ、パソコン、ハイビジョンレコーダーを操作して、たとえばインターネットAQUOSで録画した番組をAQUOSブルーレイに移動させることができます。
 また、ネット動画や商品を検索したり、写真やホームページなどのコンテンツをタッチパッドリモコンで操作できる「PCメニュー」も搭載しています。

a0029278_1365618.jpg
タッチパッドリモコン

AQUOSファミリンクは、シャープが2007年8月に発表した、液晶テレビの操作やレコーダーなど対応周辺機器を1つのリモコンで操作できるシステムのことです。
 同社情報通信事業本部の大畠昌巳本部長は「AQUOSブルーレイやハイビジョン液晶テレビとも連携して、デジタルAV機器の周辺機器のように楽しめます」と話し、テレビの新しい視聴スタイルを作り出してくれそうです。

家庭用ノートパソコンは継続していく

◆インターネットAQUOSはテレビ接続型パソコンで、「同タイプの商品ではシェアは60%を得ている」(大畠本部長)といいます。

 また、電子情報技術産業協会(JEITA)会長の町田勝彦シャープ会長は、07年10月26日のJEITA定例会見で、「パソコン単体だけをスタンドアロンで事業展開していく事業形態は、成り立ちにくくなってきているのではないか。今後もパソコン事業継続するには情報システムやAV機器など関連事業と組み合わせた商品設計や提案力が必要になる」といった発言をしていました。

 同社のパソコン事業もインターネットAQUOSへ集約されるのか、と思われますが、それについて大畠本部長は「インターネットAQUOSとAV機器の連携にはさらに力を入れていきたいが、家庭用ノートパソコンの事業はこれからも続けていきます」と、話していました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-07 13:09 | 新製品