日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

◆でんでんタウン協栄会が進める「でんでんタウン電子工作教室」には、電気街を子どもたちが集まる街にしようというねらいもあります。昔、小中学生をターゲットにした専門店を出店する構想を提案していた人もいました。しかし今の日本橋には、子どもたちが集まる街にするには、解決すべき課題がたくさん存在していのも事実です。

 昭和50年代、電気街にはまだ子どもたちの姿もたくさん見られました。わずかな小遣いを持って遠方から自転車に乗ってやって来ている子どもたちも少なくなかったようです。
 電気街にやって来る子どもたちの何割かは必ず大人になっても日本橋へやって来るユーザーになるし、自分の子どもにも日本橋をすすめてくれる。
 今、それを支援しているのが電子工作教室なのです。

a0029278_9221610.jpg
でんでんタウン電子工作教室スタッフの吉谷さん(右)と大野一廣さん

◆外資系投資会社と銀行に食いつぶされた形の家電量販店ニノミヤがまだ隆盛だった頃、その社内で「小学館」と「中学館」という何やら出版社と間違えるような名前の店舗を作ろうという提案をしていた社員がいました。
 今、電子工作教室のスタッフのひとりである吉谷達嗣さんです。

 全盛期のニノミヤは日本橋だけで12店舗を構え、オーディオ、パソコン、電話機など商品別の専門店を展開していた。そうした新業態店舗のひとつが、その奇妙な名前の2つの専門店だったのです。
 いずれも従来の商品別専門店とは違い、年齢で専門店化しようという計画でした。

 たとえば小学館では小学生向きのゲームやプラモデル、文具など、電気製品にとどまらずに子どもたちがほしがるような商品を何でも扱おうというものでした。

◆小さなお客がわくわくと胸を躍らせるような商品を集めると彼らは店にやって来る。そして長じてからも日本橋に必ず買い物に来てくれる-といった、今の電子工作教室にも似た発想です。
 残念ながらこの計画は採用されませんでしたが、提案した吉谷さんには成功するといった確信はありました。

 それはNECのパソコンが絶対的な人気を誇っている時、吉谷さんはあまり人気のなかった富士通パソコンの専門店を任されていた。ところがその店でNECのパソコンがどんどんと売れたのです。
 理由は、かつてミニ四駆を扱っていた店舗にいた時のお客であった子どもたちが、親を伴って買いにきたからでした。

 「自分が子どもだった頃、大人たちが作っていた模型飛行機にわくわくしたのと同じように、時代が変わっても子どものわくわくは一緒のはずだ」と、吉谷さんは考えていたのです。

 子どもたちが集まってくる街こそ、電気街復活の大事な要素かもしれません。
 しかし今、日本橋には小中学生の子どもたちには見せることができないフィギアや本を売る販売店が氾濫しています。
 さらには自転車を置く場所の確保の問題など、子どもが安心して歩ける街づくりは今、大きな課題となっています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-31 09:24 | 電子工作教室/ロボット教室
◆「でんでんタウン電子工作教室」は、7月29日、兵庫県三田市にある「兵庫県立人と自然の博物館」で、事前に申し込みのあった親子約50人と課外授業を行いました。

a0029278_14153313.jpg
a0029278_14163390.jpg


 同博物館では6月に発見されたばかりのティタノザウルスの頭骨の一部などを見学しました。そこで恐竜のイメージをつかんだ参加者は、今度は8月5日、大阪・日本橋4丁目のホリノビルにある教室で恐竜ロボットの製作に挑戦します。
 市販のメカキリンロボットに牛乳パックなどでボディを付けて、ノッシノッシと歩くティタノザウルスに変身させます。

a0029278_1417389.jpg
a0029278_1418672.jpg
a0029278_14183581.jpg


◆ 出来上がった恐竜ロボットは、 「草を敷いたお菓子の箱のふたなどに乗せ、バックに火山の噴火などの絵を付け、約35分の1の自分の全身の写真をそばに置けば恐竜の大きさが実感できるジオラマが出来上がります」と、指導役の吉谷達嗣さん。

a0029278_14191656.jpg


 これに恐竜年鑑やいろんな資料をつければ自由研究の宿題になります。
 まさにでんでんタウン電子工作教室は”なんでも子ども相談室”のようですね。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-30 14:19 | 電子工作教室/ロボット教室
◆八代亜紀が7月20日、通天閣のお膝元で立ち呑み屋の女将に扮して、18日に発売されたばかりの新曲「立ち呑み”小春”」を唄いました。集まった地元のおっちゃんやおばちゃんたち約1000人から熱い声援を受けていました。

a0029278_1937465.jpg
 いつもは「居酒屋こぎく」として営業している立ち呑み屋を臨時に”小春”に早変わり。
 曲は辛い思いを抱く若者を応援する人情の街・通天閣界隈の人たちとの交わりを歌っています。
 作詞もず唱平、作曲円広志といった初の大阪コンビが手がけています。

◆通天閣を見るのは初めてという八代にとっては、前作「鰻谷」に次いでの大阪もの。

a0029278_19371774.jpg
 居酒屋を舞台に歌う八代の曲には「舟歌」があるが、ひとり静かに呑むそれとは違って、小春は雀のお宿のように賑やかな店。
 「どちらの店も好きだ」という八代の女将姿は、なかなかのものでした。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-20 19:38 | イベント
◆「パーツランド株式会社」(大阪市浪速区日本橋5-12-6、寺本昇二郎社長)が7月25日に電子部品の専門店「パーツランド日本橋本店」をオープンします。

a0029278_9145529.jpg
a0029278_91496.jpg

 店長は、旧ニノミヤ社員の森脇伴蔵氏。
 店舗はアイデアルヒータービルの1階。
 店のシンボルカラーはニノミヤ時代のレッドをそのまま踏襲しており、店舗のシャッター、名刺にも採用しています。
 こんなところにもニノミヤのDNAを受け継いでいることを示しています。

 今は商品搬入中など開店へ向けての準備が進んでいます。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-20 09:16 | 店舗/会社紹介
◆ニノミヤの電子部品販売部門の元社員が新会社「パーツランド株式会社」(大阪市浪速区日本橋5-12-6)をこのほど設立、パソコンパーツなどを販売する専門店を7月末にオープンします。

 新会社のメンバーは元ニノミヤの社員3、4人で、社長には寺本昇二郎氏が就任しています。店舗は日本橋5丁目の堺筋西側に開店します。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-18 10:18 | でんでんタウン
◆日本橋でんでんタウンの人たちが日々集う店として知られた「季節料理 縁」(大阪市中央区難波千日前6-20)が、7月14日で1周年を迎えるそうです。それを記念して7月14日午後5時半から9時半まで、店舗向いにある駐車場で1周年祭「1周年だよ !! 全員集合! 縁で縁日なのです !!」が開催されます。

 当日は屋台で名物のライスドッグやたこ焼き、たこせん、かき氷、生ビールなどが販売されるほか、ダーツやパターゴルフ、キャラクターすくいなどゲームも予定されています。

[1周年だよ !! 全員集合! 縁で縁日なのです !!]
http://www.link-corporation.net/index.php
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-11 02:54 | イベント
◆大阪市が、市立幼稚園60園中、園児の定員割れが続く26園のうち、日東幼稚園(浪速区日本橋東3-2-9)と日本橋小付属幼稚園(浪速区日本橋3-2-27)など7園を、早ければ来年度から新規募集を停止します。

 さらに市は地元住民と協議のうえ、合意が得られれば7園を廃園します。
 7園は、定員に占める園児の割合が過去5年平均で70%を割り込んでおり、早期の廃園対象になったといいます。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-11 00:14
◆日本橋オーディオ店会(NASA)が、加盟店7社における2007年6月の人気商品のランキングを発表しました。


AVアンプ
"順位"メーカー品名
1 ONKYO    TX-SA604
2 DENON    AVC-2920
3 YAMAHAD  SP-AX459
4 ONKYO    TA-SA803
5 DENON    AVC-1630


CDプレーヤー(SACD含む)
"順位"メーカー品名
1 ENON    DCD-755AE
2 DENON    DCD-1650AE
3 YAMAHA   CDX-497
4 ONKYO    C-1VL
5 MARANTZ  SA8001

スピーカー
"順位"メーカー品名
1 DENON    SC-T33XG
2 ONKYO    D-77MRX
3 YAMAHA   NS-M325F
4 ONKYO    D-D1E
5 YAMAHA   SOAVO-1

ピュアアンプ
"順位"メーカー品名
1 DENON   PMA-390AE
2 DENON   PAM-2000AE
3 ONKYO   A933
4 MARANZ  PM-4001
5 PIONEER  A-D1

DVDプレーヤー
"順位"メーカー品名
1 DENON  DVD-1930
2 PIONEER DV-393
3 PIONEER DV-300
4 DENON  DVD-2930
5 ONKYO  DV-SP504

CD-R/MDデッキ
"順位"メーカー品名
1 YAMAHA  CDR-HD1500
2 DENON   CDRW1500
3 PIONEER  PDR-D50
4 MARANTZ CM6001
5 TASCAM  CD-RW900

セットステレオ
"順位"メーカー品名
1 ONKYO  X-N7X
2 DENON  D-F102
3 PANASONIC   SC-PM770SD
4 ONKYO  INTEC155
5 DENON  RCD-M33

DVDレコーダー
"順位"メーカー品名
1 PANASONIC  DMR-XW31
2 PIONEER     DVR-RT900D
3 TOSHIBA     RD-S300
4 SONY       RDZ-D700
5 PIONEER     DVR-DT75

薄型TV(30型以上)
"順位"メーカー品名
1 SHARP        LC-32D10
2 PANASONIC    TH-32PX70
3 SHARP        LC-32GH1
4 TOSHIBA      37Z2000
5 HITACHI      W37P-H90

プロジェクター
"順位"メーカー品名
1 SANYO       LP-Z5
2 MITUBISHILVP-HC5000
3 EPSON       EMP-TW700
4 HITACHI      PJ-TX200J
5 EPSON       EMP-TW1000
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-10 17:03 | 日本橋オーディオ店会
◆日本橋筋商店街から不正商品を排除するキャンペーン「売るな!買うな!海賊版・偽ブランド ほんと?ホント!フェアin大阪」が、2007年7月7、8日に行われ、お笑いコンビの「ますだおかだ」さんが「海賊版・偽ブランド撲滅キャンペーン隊長」として、日本橋筋商店街の視察やクイズ大会に出演しました。

a0029278_8491727.jpg
撲滅キャンペーン隊長に任命された「ますだおかだ」

 主催者から任命書を受け取ったますだおかだの2人は日本橋筋商店街振興組合の澤田沢治さんからたすきをかけてもらい、海賊版・偽ブランド商品を売ることや買うことが制作者の権利を損なうことを、笑いを交えた話で訴えかけていました。

 アメリカからやって来たゴジラも登場して日本橋筋の違法露天商排除の雄たけびを上げていました。

a0029278_848460.jpg
ゴジラも応援に駆けつけた

 任命書を手渡した不正商品対策協議会の後藤健郎事務局長は「デジタルネットワークの時代になって作品の権利を守ることが難しくなっていますが、三位一体の力をさらにパワーアップするために今年はますだおかださんを隊長に迎えた」と、取締りの強化の姿勢を示していました。

a0029278_8514443.jpg
海賊版撲滅に気勢

◆キャンペーンは、日本橋筋商店街と著作権や商品化権などの権利者団体、警察機関が三位一体となって毎年実施している。
 日本橋では3回目の開催で、日頃、権利者や警察との共同で行う取り締まりが功を奏して、警察では今までに58人を検挙するなど違法露天商は「ほぼ一掃できた」と言われています。

 しかし陰には暴力団が介在しているとも言われ、浪速警察署の稲田光宏署長は「取締りの手を緩めることなく粘り強く活動していく」と話していました。
 警察庁の古谷洋一知的財産権保護対策官も「買わない売らせないが海賊版撲滅には大事です」と話していました。

a0029278_8462569.jpg
安心して買い物ができる街に-と話す澤田さん

 日本橋筋商店街の澤田さんは「街のアーケードに設置した102基のLED表示機で啓蒙活動を続けています。歩きやすく買い物しやすい街にしていきたい」とし、でんでんタウン協栄会の小池富雄さんも「常に安心安全を頭に入れて商売しています。ルールを守って商売してもらいたい」と呼びかけていました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-09 08:53 | でんでんタウン
a0029278_9263288.jpg◆WOWOWの和崎信哉社長は6日、同社の主力コンテンツである映画、音楽、スポーツに次ぐ第4の柱としてアニメ番組の制作を強化していくことを明らかにしました。

 同社は年間2、3作品を制作しており、19日からはオリジナルアニメ「シグルイ」を放送する予定です。
 また4年前には本編では準主役だった花形満を主役に立てた「巨人の星」を制作するなど、ここ数年の間に独自なアニメ作品の放映を強化しています。

 放送は2011年にアナログ放送からデジタルへ全面移行します。それにあわせる形で同社は、CS放送など他の競合メディアと差別化できるコンテンツの開発が課題としています。
 アニメはテレビ放映以外にも2次利用への発展が考えられるほか、海外への輸出市場も拡大しているなど収益源としての期待度が高まっています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-07-07 09:27 | CGアニメ