日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー

<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ニノミヤ(吉川奈緒美社長)が、6月30日付けで廃業をします。
 今朝、社員を集めて通知したほか、日本橋の店舗に貼り紙で告知しています。

 同社はホームページで、事業廃止のお知らせとして、「16日をもってホビックスの販売を終了し、平成19年6月10日をもって電子部品(パーツ)の販売を終了させていただく運びとなりました」と書いています。

[ニノミヤ]
http://www.ninomiya.co.jp/news.htm
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-17 12:47 | でんでんタウン
◆昔のテレビ番組風に-。
 新聞(読売新聞)によりますと、15日午後8時10分ごろ、大阪市内で71歳の女性が運転する自転車と14歳の市立中学2年の男子生徒の自転車が衝突して、転倒した女性が頭を強く打ち、約10時間後に死亡しました。いずれも無灯火だったといいます。

 こうなると自転車は軽快な乗り物とだけは言えず、もう凶器になっているのです。上記の大阪での事故は自転車同士ですが、自転車と歩行者の衝突事故も頻発しており、全国では1年に2500件も起きているそうです。 http://d.hatena.ne.jp/yuzumuge/20070220 (ゆーずー無碍たる日記)

◆昨日のブログ「デジタリアンの散歩道」 に「日本橋でんでんタウンでも同様で、狭い歩道を歩行者をかきわけるように自転車を乗り回す人たちがたくさんいます。ここは若者だけに限らず、老若男女誰もがそうなのであります」と書いたところ、下記のようなコメントを頂きました。

 >自転車台数や人口、駐輪場数、地下鉄料金などで変わってくるので、一概に遵法精神
 >とは言えないのでは?交通法自体知らない人も多いでしょうが。
 >他の商店街のように軽車両禁止侵入禁止にすべきだと思いますが、駐輪場が殆どない。 >歩道ではなく車道を走れと言われても、堺筋はパーキングエリアがあって走り難い。
 >まず日本橋ではアナウンスすらされていないのが問題では?狭い歩道は、店舗の商品
 >陳列が歩道に出ているから狭いのように思います。
 >決まりごとも守れない日本橋と日本橋経済新聞に書いて問題提議して欲しいです。

 また日本橋経済新聞の2007年05月16日付けの記事「日本橋筋商店街振興組合の第43期通常総会」 http://webpress.exblog.jp/m2007-05-01/#5594502 には、次のようなコメントも寄せられています。

 >環境整備関連事業で自転車の話が出ないのがどうも…。街の美化は歩道に清掃員より
 >は、歩道を寝床にさせないことでは。

◆自転車問題について皆さんの関心の高さがうかがえます。
 にもかかわらず日本橋筋商店街振興組合の第43期通常総会では、車の話題は出ましたが確かに自転車は問題視されませんでした。

 買い物をする立場から言えば、楽しく心地よく品選びができることが一番です。安心、安全は言うに及ばずです。
 日本橋でんでんタウンはそれに適う街でしょうか。
 少なくとも危険で横暴な自転車を見ていると、必ずしもそうだとは言えません。
 「これが大阪の街だ」
 と言えばおしまいですが、今のユーザーニーズには合っていないような気がします。
 それが来街客の減少につながっていったのでしょう。

◆振興組合の総会ではコピー商品を販売する露店は「DVDを販売する店はゼロになっている」といった報告もあり、少しは改善されている部分もあるようです。
 しかし上記のコメントでも一部指摘されていますが、①駐輪場の確保②商店街(アーケード街)への自転車乗り入れ禁止③店舗のはみ出し展示の禁止-は最低限必要だと思われます。

 はみ出し展示については「歩道のタイル1枚分は認める」ことになっているようですが、他都市の商店街のように買い物客のことを考えると、1枚も認めるべきではないでしょう。歩道は文字通り人が歩く道であって、売り場でも物置でもないのですから。

◆自転車にとどまらず、日本橋でんでんタウンが抱える問題は数多いようです。
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-17 06:29 | コラム
◆日本橋筋商店街振興組合(榎本悦治理事長)の第43期通常総会が、15日、大阪市中央区のスイスホテル南海大阪で開かれ、来年3月20日に開かれる予定の「ストリートフェスタ2008」に協力していくことを決めたほか、日本橋3丁目南交差点の歩道橋撤去要望に関しては大阪市からは交差点へのスクランブル歩道橋の設置する方向で進行しているなどが報告されました。

 開会の挨拶で榎本理事長は「商売人に大事なのは心です。商品に心をつけて売ることがお客に満足を持って帰ってもらえることにつながる」と、無機質になりがちな最近の商売を戒めました。

a0029278_17385940.jpg
心のある商売をと呼びかける榎本理事長

 今年17万人近くを集めた日本橋ストリートフェスタは、でんでんタウン協栄会(土井栄次会長)が14日の理事会で来年は3月20日に実施する方向で決定している。
 総会では同振興組合も今年度、これに協調していくことを決めました。

 アーケード関連事業では、アーケード支柱への広告掲出は現在の50件を拡大していく計画のほか、設置されている防犯カメラの録画映像11件を浪速警察署、西警察署へ提供したことで3件の検挙につながったといった報告がありました。

◆環境整備関連事業では、大阪市の協力を得て歩道橋撤去が順調に進んでいるほか、いくつか出されている代替施設としてスクランブル交差点が有力であるといったことが明らかにされました。

 駐車場問題は去年6月から稼動している民間駐車監視員によって「日本橋筋の路上駐車は実施前と比べて約4割減少している」(環境整備特別委員会)ものの、「路上駐車が出来なくなると商売にも影響が出る」といった声も出ていました。
 また車道に設けられている車道パーキングの廃止を働きかけているといった報告もありました。

 街の美化に関して「歩道などの清掃員を採用できないか」などといった質問も出ていました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-16 17:40 | 日本橋筋商店街振興組合
◆上新電機が5月15日に発表した2007年3月期決算によると、売上高は前期比5.9%増の3157億2900万円で、経常利益は同22.8%増の54億7500億円、当期純利益は同8.2%増の27億6400万円どなり、4期連続の増収増益でした。

 本社と本店を置く日本橋地区の売上げの構成比は総売上の約6%の約190億円で、ピーク時の21%からは大幅に減少していることが明らかになりました。
 ただ構成比の減少は郊外店舗の数が増えたほか、全体の売上額が拡大していることも原因しているようです。

 商品別では、薄型大型テレビや任天堂の据置型ゲーム機「Wii(ウィー)」が好調なゲーム・玩具などの伸びが目立っていました。
 一方でパソコンやDVDは単価ダウンが激しく、とりわけパソコンの売上げは前期比14.7%減でした。

◆また買収防衛策の導入を6月22日開催予定の株主総会に諮ることを決めています。これによって同社が「唯一の関西資本の上場企業」を維持し、独自路線を歩む方針を示したことになります。

◆ただ同日にはヤマダ電機が、マツヤデンキ(大阪市)、星電社(神戸市)、サトームセン(東京都)を傘下に持つ持ち株会社「ぷれっそホールディングス(HD)」(東京都)の全株を取得し、子会社化すると発表しており、家電流通業界は超大型会社の時代に入ってきています。

 それだけに業績が好調な上新電機も独自路線をいつまで保てるかは、きわめて不透明な部分が多いのではないでしょうか。
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-16 06:01 | 決算
◆自主制作によるCGアニメ作品の優秀作品を表彰する「第19回CGアニメコンテスト入選作品上映会」(主催:PROJECT TEAM DoGA)が、5月19日午後12時30分から、大阪市中央区北浜東のエル・おおさか(大阪府立労働センター) 2階 エル・シアターで開催されます。入場無料。

 コンテストで入選したCGアニメ作品20~30本の上映と表彰式のほか、受賞者を交えての座談会も予定されています。
 会場ではまた、入選作品集ビデオやCGアニメ作家のオリジナルグッズの販売も行われます。

a0029278_12294673.jpg
作品賞の「49」(岩野 一郎)

 CGアニメコンテストは自主制作のCGアニメ作品の発表の場として19年前から実施され、日本では最も伝統があります。アニメ作家にとっては作品を広く一般にPRする機会として定着しています。

 毎年400本の作品が集まる国内最大規模のコンテストで、日本のデジタルコンテンツ文化を代表するクリエイタを数多く輩出しています。

 問い合わせ:日本橋CGアニメ村3F DoGA内 コンテスト係
 E-mail: contest@doga.jp
 URL: http://doga.jp/contest/

[会場・エル・おおさか]
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-12 12:19 | CGアニメ
◆「FUJITECK(フジテック)」ブランドでフラッシュメモリーを輸入販売するMDS企画(大阪市西成区、藤井徹也代表) が、シリーズ最高転送速度のコンパクトフラッシュの新製品2種類を発売しました。

a0029278_1649316.jpga0029278_1650926.jpg








 超高速333倍速シリーズ、8GB(CF8GB333SS)と4GB(CF4GB333SS)タイプ。店頭予想価格は2万円、1万円で、他社の同容量の製品と比べて半額程度だといいいます。
 8GB、4GBタイプともに転送速度は実測値で読込(45MB/s)、書込(35MB/s)。いずれもペンティアム4 2・4GB、Windows XP SP2、IDEカードリーダよる測定値。

◆デジタル一眼カメラやノートパソコンなどでの利用に適しています。ノートパソコンではハードディスク装置の代わりに使うこともでき、ハードディスクのクラッシュの悩みからも開放されます。

 8GBタイプにはハードディスク装置の代わりに使用する場合のアダプターも同梱しています。
 同シリーズはいずれも三星電子製のチップを使用しており、製造は台湾。

◆日本橋でんでんタウンでは、イオシスPCワンズなどで販売しています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-11 16:51 | 新製品
◆日本橋・でんでんタウンのホームページ「Webでんでんタウン」に韓国語版がお目見えして話題になっています。

 トップページのほか、リンクページも一部ですが韓国語で読めるようになっています。
 韓国の方、韓国語を勉強している方、一度見てみるといかがでしょう。

a0029278_194268.jpg



[韓国語版Webでんでんタウン]
http://j2k.naver.com/j2k.php/korean/www.denden-town.or.jp/
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-10 19:08 | でんでんタウン
◆日本橋でんでんタウン・ロボット連絡会が、加盟店の情報を伝える情報紙「ロボット壁新聞」の第2号を発行しています。

 今回はゴールデンウイークに開催された「ロボカップジャパンオープン2007」の模様や、電子工作教室のスタッフがラジオ大阪の番組「Webでんでん」に出演した内容を盛り込んでいます。

 詳しくは同連絡会の加盟店でご覧ください。

a0029278_1874732.jpg

[PR]
by sozakiweb | 2007-05-10 09:09 | ロボット
◆大阪市が小中学生を対象に進めているロボット製作を通じてモノ作りや企業の創業に興味を持ってもらおうという取り組み「ロボット人材育成プロジェクト」に、日本橋の「でんでんタウン電子工作教室」(佐々木義之校長)が協力し、今年8月から始まるロボット工作教室を実施します。

 ロボット工作教室が行われるのは「未来のロボット技術者・育成プログラム」のコースです。大阪市内の小学4年生から中学3年生を対象に、教育用ロボットを使った工作でモノづくりに興味を持ってもらおうというものです。

 8月に大阪市内6回と京都府のけいはんな学研都市内で2回の延べ1300人程度の受講を見込んでいるといいます。

 使用されるロボットはパソコンを使わずにロボットのみでプログラムでき、ロボカップジュニアなどロボット競技大会に発展できるものと条件がありますが、まだ具体的な機種は選定されていません。

◆このロボット工作教室に、でんでんタウンの電子工作教室が出前をすることになったのです。
 でんでんタウンにとどまらず西日本各地の小学校などへ出前電子工作教室を展開している実績を持っているだけに、未来の技術者を育てるプロジェクトには打ってつけ。
 子供たちと一緒にロボットづくりを楽しみたいと、スタッフたちは今から心待ちにしています。

◆一方、創業に関心を持ってもらう「未来の創業者・育成プログラム」も大阪市内の小学4年生から中学3年生が対象です。こちらは大阪市内のみで開催され、6回延べ1200人程度の参加が見込まれています。

 工場や展示施設を見学したり大阪産業創造館での講義、さらには実際に企業を訪問して商品の生産過程を見るなどして、モノづくり産業への興味を深めてもらうというものです。

◆きょうまでインテックス大阪で開催中の「ロボカップジャパンオープン2007」の会場では、同プロジェクトのブースを出展し、でんでんタウン電子工作教室と一緒になってロボット工作の楽しみ方などを教えています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-05 09:32 | 電子工作教室/ロボット教室
◆財団法人大阪市都市工学情報センター(大阪市の外郭団体)が発行する月刊誌「大阪人」6月号がサブカルの街になった”日本橋”を特集しています。
 特集のタイトルは~日本橋の逆襲~

a0029278_6273764.jpg
「大阪人」6月号

 60ページにも及ぶ大特集で日本橋の今を伝える内容になっています。3月21日の日本橋ストリートフェスタを写真いっぱいにドキュメントリポートしたり、日本橋発の特撮ヒーロー映画やアニメも紹介しています。

 日本橋の歴史や街歩きの楽しさがわかる「夢を手作りする創造商店街」といった記事も見られますし、イラストを盛り込んだ「日本橋探検MAP}も掲載されています。

 家電店「ナニワ電業」とオーディオ専門店「共電社」の日本橋の老舗である2店舗、それに新しいロボット専門店「ロボットファクトリー」を紹介する読み物もあり、街を歩くだけでは解らない日本橋の電器店の真髄を知ることができます。
 デジタルトキワ荘を目指す日本橋CGアニメ村や上新電機「GUNDAM'S」も紹介されています。

◆しかし、なんと言っても特集の多くを占めているのはメイドカフェやコスプレなどのオタク文化の紹介です。
 60ページの特集のうち多くをこれらで割いており、日本橋が確実に電気からオタクの街に変化していることを現しているようです。

 さて、この特集にはたくさんの日本橋の人たちが登場しています。
 たとえば、こんな有名人の名前が見られます。

 澤田沢冶サワダデンキ社長・日本橋街づくり振興社長、佐々木義之朝日山洋服店社長・でんでんタウン電子工作教室校長・日本橋CGアニメ村村長、井寄勝ナニワ電業社長、邨田雄二共電社社長、実盛博祥共電社第一営業部長、塩田浩司ジャングル社長、鎌田優ドーガ社長、向井義智ロボットファクトリー店長。

 ほかにもメイドさんなども登場していますが、ここでは割愛しました。 

◆参考までに「大阪人」6月号は書店で販売されています。1冊580円ですから編集長でも買えました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-05-03 06:30 | でんでんタウン