日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー

<   2007年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2007年2月18日から2月27日まで連載しました「電気街を作った男たち 二宮無線電機商会創業者二宮荘吉氏」の続編をお届けします。


◆創業者の二宮荘吉は、昭和46(1971)年、自動車事故で66歳で亡くなっている。出社前に保養所物件を下見に伊勢へ向かう途中の出来事だった。店舗は本店のほか「枚岡(出張所)」「えびす」「京都・寺町」「枚方」「高槻」「布施」「庄内」「香里園」の9店舗に増えていた。
 当時27歳だった松島秀夫(現63歳)は、地方担当社員として徳島の得意先へ出張中だった。事故を知って急きょ出張を中断し、大阪へ戻ったという。
 入社当初から荘吉の薫陶を受けていただけに、大阪へ帰る船中ではいろんな思い出が蘇ってきた。(敬称略)


◆松島は商業高校を卒業後すぐ、昭和37年に二宮無線電機商会に入社している。
 1ヶ月は店の雑用係りだったが、その後外商を担当している。商業高校出身ということもあって、直流交流はもちろん電気のことについてはまったくわからなかった。
 「それでも、1人で外へ出されました」

 外商社員の松島の仕事は得意先の会社を昼休みに訪問して電化製品の展示販売をすることだった。東洋ゴムやヤンマーディーゼルなど一流企業もたくさんあった。軽三輪車に扇風機や炊飯器、ラジオなどの電化製品ををいっぱい積んで、毎日会社訪問の繰り返しだったという。

 「午前11時20分ぐらいに現地に着いて、長い台をふたつかみっつ並べて、そこへ商品を置いて売るんです。購入者は給料から天引きで、労働組合からお金が入ってきていました」

 まだ家電品は普及していない頃だった。携帯ラジオが何十台って売れたし、軽三輪車いっぱいに積んだ30cm幅の扇風機が全部売れたこともあった。扇風機1台1万円程度だったという。松島は給料8400円で入社している。
 売ったら自分で配達していた。売れるのは楽しいが、売れるほど仕事が増えた。

◆その頃の社長の思い出を松島は話している。

 「労働組合の強い会社は外商部門でよく買ってくれていました。そんな会社を年に1、2回、食事に招待することがありました。そんな席に社長は入社したての若造にもかかわらず、その席にも連れて行ってもらいました」
 若くても外商担当者として認められたということに松島は喜んだ。これが仕事の奮起につながったことは言うまでもない。

 「展示会が終わって夜遅く店に帰ってくると、社長は必ず検品のために店の上にあった自宅から降りてくるんです。店を出る前に持っていく商品を記した商品伝票と、持ち帰った商品との照合をします。社員が不正をするのを防ぐためでもあったのですが、そうした細かなところまで厳しかったですね」

 やはり店の上にあった寮の部屋に戻っていると社長から声がかかった。
 「晩御飯を食べろと言って家に呼んでくれるんです。社長の家にはその頃すでに電子レンジがあり、それで酒を燗して出してくれました」

◆外商担当者はは6、7人いた。それ以外に地方担当者がいた。
 「地方担当は特別な存在で、キャリアがあって販売実績がある人たちが担当していました」 
 松島も「外商を経験して早く地方担当になるのが夢でした」と話している。

 地方部門が販売するのは部品とオーディオ機器などが主力だった。60Hz地域をエリアに出張の連続で、得意先の中には山間部にあるところもあり、それは大変な仕事だったという。
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-15 13:36 | 電気街を作った男たち
◆大阪・日本橋に本格的なビジネスホテル「ホテルヒラリーズ」が、6月にオープンします。
 場所は、かつてヤマギワ大阪店(今は大阪市中央区南久宝寺町3の御堂筋沿いに、照明とインテリアの店舗を構えています)があった跡地の浪速区日本橋3丁目交差点角です。
a0029278_1034976.jpg
ホテルヒラリーズの客室(同社のパンフレットから)

 部屋数は149室(シングルルーム70、リラックスシングルルーム66、ツインルーム13)で、全室に利用者の要求に応じて見たい映像を配信するビデオオンデマンド(VOD)や大容量の高速LANなどの設備が導入されます。
 また館内にはパソコンブースやシャワーブースを設けたレディースフロアも用意するそうです。

 1階部分にはコンビニとカフェ&バー「プロント」をオープンするなど、日本橋に買い物にやって来た人たちにとっては、くつろぎの場として利用できそうです。

[ホテルヒラリーズ]
http://www.hillarys.jp/
でもこのホームページはユーザー名とパスワードを入れるように指示が出る。
パンフレットには「予約は4月から受付予定」として上記のURLが書いてありますが、準備が遅れているのでしょうかアクセスできません。
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-14 10:07 | 店舗/会社紹介
「Webでんでんタウン」に「メルマガでんでんタウン」の申し込み窓口を作ってもらいました。
 先日、Sさんから「窓口を作ったから」と教えられて、びっくり。
 これって、でんでんタウンの公式メルマガに出世したということなのでしょうか?

 メルマガは、ブログニュース「日本橋経済新聞」の1週間分のニュースをまとめてお届けするスタイルでスタートしました。
 きのう(4月12日)に第2号を配信しています。
 内容はブログと同じですが、写真を見たいなぁ、なんていう人があればブログへ行ってみてください。
 でもメルマガオリジナル記事も書いていきたいですね。

◆「日本橋」って大阪の中でも最も強力なコンテンツじゃないでしょうか。
 一般的に大阪を代表するものといえば吉本、たこ焼き、お好み焼き、大阪城--等々、と思われがちです。
 でも日本橋は日本を代表するものになったことがあったでしょうか。
 地元の思いとは別にナンバー2に甘んじてきたのではないでしょうか。
 西日本一の電気街と言われていますが、これは全日本じゃない。
 日本橋は秋葉原の二番煎じだと断言している評論家もいるほどです。

 しかし今の日本橋は全日本を代表する最強のコンテンツであるように思います。
 もちろん吉本、たこ焼き、お好み焼き、大阪城にも負けない。

◆「メルマガでんでんタウン」&「日本橋経済新聞」は、それを全国へ発信する”最強”のメディアなのです。

◆さてその最強のコンテンツを”料理”しているブログもたくさん誕生しています。

 たとえば日本橋における開店・閉店情報を定点観測している「Nippon-bashi Shop HEADLINE」や、日本橋でお店をやりたいって思ったブロガーが運営している「おまけ的」)などは、その一例でしょうね。

 日本橋経済新聞と違った観点で日本橋の今を伝えています。
 今までになかった動きです。
 新しい日本橋文化が生まれてきているような気がしています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-13 08:57 | コラム
◆本格的なホームシアターの体験ができるシマムセンの「ホームシアターデザインショップ CYMA(シーマ)」は、これからホームシアターを設置したいと考えている人たちが、プランニングから施工までを相談できる場所として評判です。
a0029278_19414898.jpg

 シマムセンは、6年ほど前からハイエンドホームシアターの専門店を目指して、1件150万円から200万円の本格的なシステムを、住宅のリフォームや新築時に併せて導入を働きかけてきました。
 設置した時のイメージを判ってもらいやすいようにと、3年前に大阪・日本橋4丁目のホリノビル2階に作ったのが、この「CYMA」でした。

 大阪でも初めての本格的なホームシアター体験コーナーということもあって、たくさんの人たちがやって来くるそうです。
 家を新築するからと言って図面を持って設計士を伴ってやって来るお客もあります。家は大きな買物です。その家に設置するのですから品選びも自然と慎重になります。
a0029278_1943232.jpg

 だから「成約して工事にかかるまでには早くて3ヶ月かかります。半年というケースも少なくありません」と、社長の堀野裕一郎さん。

◆ところで「CYMA」とはお洒落なネーミングですね。日産自動車の高級車やスイスのブランド腕時計にも、同じ名前が付けられています。
 ところがシマムセンのCYMAは、昭和30(1955)年から同店の子会社、堀野電気産業が製造・販売した白黒テレビ受像機の商品名として使われていたんです。
a0029278_19441185.jpg

昭和30年代に販売していた堀野電気産業製の8石トランジスターラジオにもCYMAのブランドが見られます

 CYMAの書体もほとんど当時のままです。
 それじゃ何故、シーマなのでしょう。
 シマムセンの創業者で堀野社長の祖父である堀野嘉一さん(故人)は広島の出身で、戦後、同社長の父親で先代社長の庄次郎さん(故人)と共に満州から引き上げてきて大阪でラジオパーツの卸販売を始めたのですが、その時の商号が島無線電機商会だったんです。
 島は出身地の広島から採ったそうです。

 もうお分かりでしょう、シーマは広島の「島」であり、シマムセンの「島」でもあるのです。
 堀野社長はホームシアターの専門店をオープンする時、「ここは物販じゃなく空間を売る場所。だから昔使っていたCYMAという名称を思い出して、店名にしました」と話しています。

 だからCYMAは、由緒があって古くて、しかも新しい感覚のブランドなんです。

[ホームシアターデザインショップ CYMA]
http://www.shimamusen.co.jp/cyma/top.htm
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-11 19:47 | 店舗/会社紹介
◆日本橋ストリートフェスタ運営委員会と日本橋筋商店街振興組合、でんでんタウン協栄会が、4月9日、大阪・日本橋4丁目のホリノビルで、3月21日に実施した「第3回日本橋ストリートフェスタ」の打上げ会を開きました。
a0029278_851847.jpg

 打上げ会には第3回日本橋ストリートフェスタの開催を支えた大阪市関係者、広告代理店、振興組合と協栄会の理事、運営委員会員などが参加しました。
a0029278_8515271.jpg

 運営委員長の野村正則さんは「約17万人の人たちが集まってくれただけでなく、当日配布したお買い物券は3700枚を数え、その券を持って買い物にやって来た人からの回収枚数も1200枚になるなど、直接の商売にも結びつくものでした」と、フェスタが大成功だったことを報告しました。


 会場ではフェスタ当日のスナップ写真が回覧されたり、ビデオが放映されるなど、集まった人たちは大変だったイベント当日を懐かしんでいました。
 スタッフからは早くも来年の第4回日本橋ストリートフェスタを実施させようといった声も聞かれました。
a0029278_8522145.jpg

◆でんでんタウン協栄会は13日に理事会を開催することになっていますが、ここでも来年も継続して実施することが決められるものとみられています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-10 08:52 | イベント
◆でんでんタウン協栄会が主催している「電子工作教室」で、5、6月とラジオ工作が予定されています。 

 6月1日の「電波の日」を記念したイベントです。

 ラジオは今、数千円も出すと買える身近なものです。だからわざわざ自作して使おうという人たちもいませんが、電子工作の世界では今なお、電子工作の基本を学べる必須のコースになっています。

◆5月20日の電子工作教室では、AMオリジナルラジオを作ります。続いて 6月24日には、今度はFMラジオに挑戦します。これはハンダレスで、外箱は自由デザインなので、思い思いのラジオを作れそうです。

[電波の日]
電波の日をはさんで5月15日~6月15日は「情報通信月間」で、いろんな関連行事が予定されています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-08 11:46 | 電子工作教室/ロボット教室
◆お知らせ◆

 ブログニュース「日本橋(NIPPONBASHI)経済新聞」のメルマガ版、「メルマガでんでんタウン」を発行しました。
 ブログの1週間のニュースをまとめてメールでお届けするものです。

 「まぐまぐ」を通じて配信しています。
 申し込みは下記でできます。
 http://www.mag2.com/m/0000231170.html

 お申し込み下さい。
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-08 09:09 | 社告

充実する日本橋の地図

◆日本橋には英語版、中国版など地図がたくさん用意されています。でも日本人の自分には最も身近に感じられるのは日本語版の地図です。
 日々、新しいお店がオープンしたり閉店しているめまぐるしく変化している日本橋では、最新の地図なくして街歩きができません。

 それに一役買っているのが「Webでんでんタウン」にアップされている<日本橋MAP>です。PDF版ですが、全店舗の位置がわかるほか一方通行などの道路情報や駐車場の収容台数まで細かく書かれているなど、車でやって来る人たちにも親切な地図になっています。

 日本橋筋商店街振興組合のホームページには<店舗マップ>があります。これらはhtml版で、堺筋に面した同組合加盟店の位置が書かれています。
 店舗の位置情報だけの簡易版なので、見やすいのが特徴です。

 プリントしなくてもどちらもPDAでも見られるので便利ですね。

<日本橋MAP>
http://www.denden-town.or.jp/map/map_main.html

<店舗マップ>
http://nipponbashi-suji.com/shoplist.php
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-07 12:21 | でんでんタウン
 モバイル通信の世界で新旧の入れ替わりが見られます。イー・モバイル(東京都港区)が13年ぶりに携帯電話市場に新規参入すると、NTTドコモは1968年7月にサービスを始めた「ポケットベル(現クイックキャスト)」を3月31日にサービスを終えています。また1994年、新規事業者の1社としてサービスを開始したツーカー(現KDDIの事業部門)も2008年3月31日にサービスを終えることになっています。すでに旧ボーダフォン・ジャパンに代わってソフトバンクがサービスを継承するなど、モバイル通信は新時代を迎えています。


◆NTTドコモがクイックキャストのサービスを終了した3月31日、イー・モバイルは東京・秋葉原と有楽町で開業セレモニーが開きました。携帯電話市場で13年ぶりの新規参入となるもので、約1ヶ月前から展開していた事前予約の数は「予想以上の1万7000件に達した」といいます。

 同社のサービスは、受信時最大毎秒3・6メガビットの高速データ通信を月額5980円の定額で提供するという「3・5世代」と呼ばれる高速通信で、来年3月には音声通話も始めます。
 基本ソフトに「ウィンドウズモバイル5・0」搭載の多機能端末や、パソコンに差し込んで使う通信カードを発売しています。

 初年度は30万件の契約を、3年後には約250万件の獲得を目標にしています。

 ただ今のところサービスエリアが東名阪といった限定したものであり、地下での利用ができないなど、すでな充実したネットワークを持っている既存の携帯電話事業者やPHS事業者の一角を崩していくには、課題が多いのも事実です。

◆一方、この日に40年近く続いたポケットベルの歴史に幕を下ろしたNTTドコモは、すでに2004年3月末で新規受け付けを停止しており、利用者はピーク時の96年には契約者数は1061万件だったが、今年2月末で13万6000件になっていました。
 ポケットベルサービスは官公庁や医療機関の緊急連絡手段として利用がスタートし、金融機関をはじめ企業の営業社員などへと普及していきました。当時の事業運営は電電公社が行っていました。

 契約者を急激に増やしたのが、96年をピークとする女子高生などによる「ポケベルブーム」。
 それまで9割を占めていた仕事での利用者が、個人ユーザーが7割を占めるといった状態にまでなりました。当時は女性の新規契約者のうち64%が10代だったといいます。
 その後、携帯電話の売り切り制や価格の低下、さらにはPHSの登場によって、ポケットベルの利用者は減少していきました。

 サービス開始時から利用者が多かった医療機関では、携帯電話と病院内では出力の小さい無線LANの両方が使えるサービスへの切り替えを推進しているといいます。
 ドコモは契約者数がPHSサービス(加入者数約50万件)も07年末までに終了し、携帯電話事業に経営資源を集中するとしています。

◆また来年3月31日には、KDDIがツーカー携帯電話のサービスを終了します。
 ツーカーセルラー東京、ツーカーセルラー東海、ツーカーホン関西のツーカーグループ3社が、1・5GHz帯の周波数で第2世代の携帯電話のサービスを開始したのは1994年でした。
 01年6月のピーク時には3社合計で加入者数は404万(うちプリペイド契約は約59万件)に達していました。

 98年10月にはツーカーホン関西によって国内で初めてプリペイド方式の携帯電話サービスを始めるなど、ツーカーはたえず他社に先駆けた端末、サービスの開発を手がけてきました。

 ところが各社が参入を表明した第3世代携帯電話サービスへは投資がかさむことから不参入を決定し、主力株主であった日産自動車も経営不振を理由に経営からを離脱するなど、徐々に特徴あった通信事業者としての勢いを失っていきました。

 07年2月末時点での契約数は105万3200件、累計シェアは約1・1%に落ちています。最近は毎月15~20万の純減が続いているなど、かつての全盛時の勢いは見る影もなくなっています。
 サービスの新規加入の受付は06年6月30日で終了しており、同年12月31日には機種変更用端末の販売も終っています。

 KDDIは、ツーカーからauへ同一電話番号で契約変更するユーザーに対して、4月10日から特定のau携帯電話への無料交換に応じるとしています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-06 12:29 | 商品動向
◆プラスゲイン(岐阜県高山市)が、永久保証で防水加工を施したSDメモリーカード「VOLX MicroSDカード1GB」「VOLX SDカード1GB」「VOLX SDカード2GB」を、全国のパソコンショップや家電量販店、インターネット販売サイト、オンラインショッピングサイト「プラスダイレクト」で発売しています。
a0029278_16473093.jpg
 VOLX SD、VOLX microSDともに、水面下1mで30分間浸水させる防水テストをクリアしているほか、品質上の問題による破損、故障の場合は交換、修理の永久保証をしています。

 また、VOLX SDのデータ転送速度は66倍速で、VOLX MicroSDはデータ転送速度60倍速のいずれも大容量、高速性能を実現。

 各カードには、SDメモリカードとしても利用できるアダプタを添付しています。
a0029278_16481413.jpg
 売価は「VOLX MicroSD 1GB」が1490円(税込)、「VOLX SD 1GB」が890円(税込)、「VOLX SD 2GB」が1780円(税込)。

[プラスダイレクト]
http://www.rakuten.co.jp/plus-d/
http://www.plusgain.co.jp/
http://volx.jp/
[PR]
by sozakiweb | 2007-04-04 16:49 | 新製品