日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

◆中高年の健康増進や障害者の機能回復の訓練などを目的に昨年7月に、日本橋電気街でんでんタウンの一角にオープンした元気創造センターが、4月から理学療法士を毎日常駐する体制を整えるほか、運動機能向上をねらった通所型のデイサービス「でんでん」を始めます。
a0029278_1134211.jpg

 元気創造センターは会員制で現在67人の会員がいます。大阪府内や京都市内などからの人たちが多く、年齢も30歳代後半から50歳代が最も多く、企業の経営者層の利用が目立っているそうです。

 その7割は、肩こりや腰痛、パソコン操作からくる偏頭痛、目のかすみなどの予防、障害予防をするための機能向上運動を目的としています。

 これらの運動はトレーニングとリラクゼーションを重ね合わせたプログラムです。とりわけ障害者の機能回復訓練では理学療法士がトレーナーと一緒にサービスを提供しています。
a0029278_11355122.jpg

◆理学療法士が毎日常駐する民間施設は少なく、同センターの植松光俊所長によると「大阪では初めての試みで、4月からは平日は1人、土曜日曜日には3、4人が対応できるようになります」と話しています。
a0029278_1137072.jpg

 デイサービス「でんでん」は、運動機能を向上させるためのプログラムを中心に盛り込んでいるのが特徴です。大阪市内と一部東大阪市、八尾市をサービス対象にしており、午前9時から午後1時頃まで個別の機能訓練や談話、リラクゼーションなどをメニューをこなします。
 すでに20数人の登録があるなど人々の関心の高さを見せています。

◆同センターには、日本初という3Dバランストレーニング機器をはじめ有酸素運動機器など最新の設備機器がたくさん揃っています。
a0029278_11344714.jpg

 でんでんタウン協栄会では会員の福利厚生を目的に、同センターの利用を斡旋しています。

[元気創造センター]
http://www.edy-coco.com/
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-31 11:38 | 店舗/会社紹介
◆電子部品商社の岡本無線電機(本社・大阪市浪速区日本橋4)が、このほど本社1階にショールームと談話室、会議室を開設しました。
a0029278_15166.jpg

 一昨年12月までは店舗として利用していましたが、店舗販売を止めた去年からはシャッターを下ろしていました。
 ところがこのままでは日本橋電気街・でんでんタウンの一員として、街の活性化を損なうとして、活性化の一助になればということからショールームに生まれ変わることになりました。
a0029278_1514420.jpg

 外部から十分に採光できる大きな窓を設けていることもあって、室内は明るくなっています。ここでは同社のオリジナル商品などのメイン商品を展示したり、会社の経営方針や歴史などをパネルで見せています。
a0029278_1502717.jpg

 会議室には20席を用意しています。社内の会議を催したり、同社の岡本弘社長が理事長を務める近畿電子部品卸商組合(KEP)の理事会に用いるなどを計画しています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-30 15:02 | でんでんタウン
◆水曜日と木曜日は日本橋・でんでタウンにはお休みのお店がたくさんあります。
 だから自転車や人にぶつかることもなく、安心安全に歩道を歩くことができます。
 きょうはそんなでんでんタウンでの”新発見”を紹介しましょう。
 ※記者にとっての新発見であり、こんなこと当たり前や-という人もたくさんいると思いますので、アシカラズ。

 ■ウソです!■
 人通りが少ないでんでんタウンの通りに、黒山とまではいかないまでも人だかりができている場所がありました。
 PCや関連商品が安いことで知られたイオシスの店頭でした。
 休みなのに人だかり?
 シャッターに何かが貼ってある。
 見るとこんなことが書いてある
 「同じ社名のIOSYSさんと仲良くなりに行くためお休みします 」
a0029278_16501527.jpg

◆エッ?
 足を止めている人の多くが首を傾げています。
 貼り紙の下のほうに薄い文字で「ウソです」と書いてある。

 同社に詳しい人に聞くと「このお店はよくこうしたギャグをするんですよ」と、さらりと流していました。

 ■マニアック■
 地下鉄恵美須町の駅上のビル7階にあるモバイル商品の専門店「モバイル専科」。
 モバイラーには欠かせない周辺機器などが揃っています。懐かしい雑誌もあったりして面白いですね。
a0029278_1722277.jpg常連客のKさんがここでザウルス用のミニキーボードを買ったと聞いて覗いてみました。
 エレベーターが7階に着き、降りるとそこはもう売り場になっていました。
 「いらっしゃい」と声がするが姿は見えない。
 奥のほうで黙々とパソコンをさわっているようです。

 店内を一回りして声をかけてみました。
 オッ!マニアックな風貌だッ!
 流れるような話からも、ここがモバイルの超専門店であることがわかります。
 話の内容もかなり詳しそう。
 

売り出しの案内をしたチラシもいっぱい貼ってあった 
a0029278_1793763.jpg
 きょうは下見だけで終わったけれども、メディアをはじめモバイルに必要な小道具はとりあえずは揃いそうな感じです。
 ザウルスなど端末も販売しているようです。
 改造もしてくれるようです。
 

 
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-29 17:13 | でんでんタウン
◆「日本橋ストリートフェスタ」は回を重ねるごとに、でんでんタウンの新勢力のパワーが増しているようです。

 既存勢力は正統派らしく、つつましやかに沿道の店舗で電子工作教室やCGアニメ教室、オーディオ試聴会などを行っていましたが、若いサブカルチャー一派は会場となった堺筋のあちらこちらでパフォーマンスを見せていました。

 なにやら大人と子どもが入り混じってのお祭りといった感じでありました。
 それでも、これが日本橋に活気を呼び戻し、新たな客がやって来ることにつながれば言うことなし。

◆サブカル族のスナップを集めてみました。
a0029278_18322770.jpg
沿道のおにいさんたちは、メイドさんの名前をさかんに呼んでいました

a0029278_18351891.jpg
メイドさんたちによるよさこいダンス。 迫力ありました
a0029278_183733.jpg
a0029278_18372453.jpg

a0029278_18403381.jpg
アニメのコスプレ。 おじさんには単なる仮装行列に見えるのですが
a0029278_18435491.jpg
黙って座っているだけのパフォーマンス。 ちょっと不気味でした 近寄るのが怖そうです
a0029278_18461243.jpg
ちょっとお兄さんたちのコスプレ
a0029278_18475584.jpg
ちいさな子どもたちにも人気があるようです。 遊び相手になるなどなかなかのサービスぶり
a0029278_18501481.jpg
結構みなさん高級カメラ持っているんだよね。 でもどうしてみんな遠巻きにしか撮影しないんだろう

a0029278_1854543.jpg
これはサブカルではありません
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-23 18:42 | イベント
◆大阪・日本橋電気街「でんでんタウン」がある堺筋の日本橋3丁目南交差点から日本橋5丁目阪神高速道路恵美須交差点までを歩行者天国にした「第3回日本橋ストリートフェスタ」は、3月21日、過去最高の16万8千人を集めました。
a0029278_13583063.jpg
約17万人がでんでんタウンに集まった
a0029278_132064.jpg
まるで真田幸村の軍勢のように赤揃えのでんでんタウンの人たち

 赤いのぼりを持ったでんでんタウンの商店主たちによるパレードは街の元気ぶりをアピールしていました。
 アニメなどのコスプレをする若者やメイドカフェのメイドたちを写真に収める人たちも多く見られるなど、日本橋がサブカルチャーの街へと変身している様子を感じさせていました。
 沿道の店舗では電子工作教室やCGアニメ教室、オーディオ試聴会が行われていました。
a0029278_1393455.jpg
日本橋名物のメイドカフェのメイドさんたち


◆午後1時、大阪市の柏木孝志助役が「大阪・ミナミと大阪市全体の経済活性化につながる」と開会宣言、今年で解散が決まっている大阪市消防隊の演奏パレードを先頭に、今宮えびすの宝恵駕、でんでんタウンの商店主によるパレードなどが続きました。
a0029278_1312588.jpg
開会宣言する大阪市柏木助役
a0029278_13162829.jpg
最後の勇姿となる大阪市消防隊
a0029278_13184130.jpg
今宮えびすの宝恵駕で景気づけ
a0029278_1326485.jpg
通天閣の歌姫、叶麗子が「めおと道」を披露した
a0029278_13403869.jpg
メイドさんやコスプレ姿を撮影するファンがいっぱい
a0029278_13551678.jpg
路上パフォーマンスを見せる若者も

 サブカルチャーとともに集まった多くの人たちに印象付けたのが、でんでんタウンがロボットの街であるということでした。
 2回に分けて行われた高専ロボットパフォーマンスでは、鳥羽商船高等専門学校と大阪府立工業専門学校の学生たちが、自作のロボットによる実演を披露していました。

 大阪府立工業専門学校はロボットが宙に飛び上がって縄跳びをするところを見せ、実際にジャンプすると周りの人たちからはオッと驚きの声が上がっていました。
a0029278_13205650.jpg
縄跳びロボットを調整する学生たち


縄跳びをするロボットの実演動画

 上新電機スーパーキッズランド日本橋店の6階では電子工作教室が行われていました。
 子供から大人までがでんでんタウンオリジナルのデジタルカードリーダーを作ろうというもので、リーダーのLEDがうまく点滅すると「OSAKA ddeca(おおさか でっかカード)」がプレゼントされました。
 このカードを10枚集めると豪華景品がプレゼントされます。
a0029278_1322582.jpg
子供に混じって大人も挑戦していた電子工作教室
a0029278_13375090.jpg
専用ソフトでCGアニメ制作に挑戦

 また上新電機ディスクピア日本橋6階のイベントスペースでは、CGアニメの体験制作会が催されていました。
 でんでんタウンが発売するCGアニメ制作ソフト「とてもかんたんCGアニメ」を使ってオリジナルキャラクターなどを約1時間で仕上げるというもの。

 CGアニメのショートムービーの上映会も行われていました。

◆オーディオ関連のイベントも満席の賑わいでした。
 共電社ではDENONの機器を使った「高級オーディオいい音体験会」が行われていました。シマムセンではホームシアターの楽しみを伝える体験会や展示即売会も実施していました。
a0029278_13305920.jpg
オーディオ店では高級オーディオの試聴会も行われた
a0029278_13443392.jpg
不正商品を売ったり買うのは違法です-とアピール

◆朝から晴天だったこともあって、街にはパレードが始まる前から多くの人たちが集まっていました。
 ほとんどが”祭り”を楽しむだけでしたが、沿道の店舗では同時に共同売り出し「日本橋フェスタ」を行っていたこともあって、購入した商品を下げて歩く人たちの姿も見られました。
a0029278_13251176.jpg
沿道の店舗では買い物をする人たちも多かった
a0029278_13474424.jpg
本部前はいつもたくさんの人だかり
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-22 13:33 | イベント
◆でんでんタウン協栄会が、オリジナルICカード「大阪デジタルでんでんカード」を読み取る装置「おおさかデッカリーダー」を開発し、21日に開かれる第3回日本橋ストリートフェスタで行われる電子工作教室の教材として提供します。
a0029278_23485120.jpg

 単3乾電池2本で稼動し、スタートボタンを押すとLEDが点滅します。
 大阪デジタルでんでんカードを差し込んでスライドさせると、ゲームをスタートできる仕組みです。

 同協栄会では、このおおさかデッカリーダーとカードを電子工作の教材として販売していく考えです。
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-17 23:49 | 新製品
◆上新電機が、春休みの家族連れや鉄道模型ファン向けのイベント「第5回神戸・鉄道模型ショー」を、3月23、24、25の3日間、ジョーシン三宮1ばん館(神戸市中央区八幡通3-2-16)で行います。入場料は小学生以上1人100円(開催期間中は何度でも入場可能)。
a0029278_9575316.jpg
昨年の第4回神戸・鉄道模型ショー

 大型の鉄道模型の風景ジオラマや人気の運転体験コーナーのほか、鉄道グッズや記念切符・鉄道写真などの展示即売会が開かれます。

 9階イベントホールでは、本物そっくりの大迫力の大型レイアウトコーナーや運転体験コーナー、新製品展示コーナーが設けられるほか、鉄道模型キット組立実演・ジオラマ製作実演も行われます。

 5階鉄道道模型コーナーでは各種鉄道グッズや記念切符・乗車券、鉄道写真の即売会が行われます。
 また地下1階のディスクピアでは、鉄道DVDソフトコーナーが設けられることになっています。

 イベント会場開催時間は午前10時から午後7時まで(最終日は午後5時まで)。
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-16 09:59 | イベント
◆でんでんタウン協栄会(会長・土井栄次上新電機社長)は、2002(平成14)年から毎月続けてきた共同販促「赤札市」を終了し、ラジオ大阪(OBC)のラジオ番組や新聞とインターネットをリンクさせる新たな販促に変更することになりました。

 赤札市は需要が低迷する日本橋の活性化を目的に始められましたが、今回、より効果的な販促を目的に見直すことになったものです。

 4月以降、OBCが制作するラジオ番組で日本橋でんでんタウンや商品を紹介し、でんでんタウンのホームページではラジオ番組の紹介とともにラジオで取り上げた商品説明などを詳しく取り上げ、販売を促進させます。

 同様に新聞には、従来のような大型広告ではなく、商品紹介などの小さな広告を数多く掲載していきます。これもでんでんタウンのホームページと相互リンクさせることで、躍動している電気街をイメージ付けして、来街者の増加と売上げ拡大に結び付けます。

 また今年も3月17日から3月25日まで行われる「春のわくわく赤札市」のように、春と冬の年2回の大規模な赤札市(売り出し)は、継続して実施することになっています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-14 10:38 | でんでんタウン
◆でんでんタウン協栄会会長の土井栄次上新電機社長が、13日に行われたでんでんタウン平成19年度定時総会の席上、日本橋でんでんタウンについて「現在75社、96店舗、従業員1000人超の一大電気街であります。
 各方面の協力を得て、繁栄させ、存続させていくことが我々の使命であります」と、出席者全員に力強く呼びかけました。
a0029278_1105036.jpg
日本橋への出店意欲を見せた土井上新電機社長

 また上新電機については「日本橋が発祥の地であり、間口の広い物件さえあれば日本橋筋に家電・情報機器の総合店舗を出店するつもりでいます」と、日本橋への出店意欲を示しました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-14 10:07 | でんでんタウン
◆でんでんタウン協栄会(会長・土井栄次上新電機社長)が、13日、大阪市中央区のスイスホテル南海大阪で平成19年度の定時総会を開き、第3回目が今月21日に行われる「日本橋ストリートフェスタ」「日本橋フェスタ」の継続実施を検討するほか、先進的な電気の街として「電子工作教室」「ロボット」「CGアニメ」の3本柱を街づくりのテーマとしていくことなど、今年度の運営方針や事業計画を決めました。
a0029278_10565557.jpg

 日本橋ストリートフェスタと日本橋フェスタの継続実施は、街の恒例行事として日本橋の経済的な活性化をはかるのが目的。
 そのために街の魅力作りに取り組み、来街者を増やす方策として同協栄会と日本橋筋商店街振興組合、地元地域住民が連携をはかりながら、イベントを継続できる具体策を考えていくとしています。

 電子工作教室、ロボット、CGアニメによる街づくりは、テーマのいずれもが先端技術をキーワードにしていることから「日本橋でんでんタウンが持つ先進的商業エリアであることを広く周知させる」(野村正則21プロジェクト委員会委員長)とともに、日本橋が「楽しい、面白い街であることを呼びかける」(井寄勝経営厚生委員会委員長)としています。

 また4月19日に完成を向かえるなんばパークスの2期工事は、難波から日本橋への客の誘導にも役立つとして、今まで以上に難波-日本橋の回遊性を向上させ、観光客なども誘致できるような施策を展開していくことになりました。

 さらに堺筋東西の買い物客の流れを活発にするために、日本橋3丁目南交差点の歩道橋撤去を大阪市などへ積極的に働きかけることも決定しました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-03-14 09:57 | でんでんタウン