日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー

<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

日本橋の仕組み

◆最近ではアニメやフィギア、そして萌えといった具合にサブカルチャーの街としても知られている電気の街・日本橋には、街を構成するさまざまな組織があります。
 それらを簡単に紹介してみましょう。

◎日本橋筋商店街振興組合
 北は日本橋3丁目の交差点から南は日本橋5丁目の吉野家あたりの堺筋に面した南北約1キロにわたり150店舗を抱えている商店街を組織する組合。
 大阪府商店街振興組合連合会に属しています。

◎でんでんタウン協栄会
 昭和23年に日本橋地区などにあった電器店40店が集まって発足した親睦組織「南大阪電友会」が前身です。

 堺筋を中心に日本橋の約100ヘクタールを対象エリアに、ここにある電器店をはじめいろんな業種の店舗が会員になっています。
 ピーク時には年間予算約2億円で事業を展開していましたが、今は約1億円規模へと縮小されているようです。

◎日本橋オーディオ店会(NASA)
 オーディオ専門店7店でつくる団体。秋にはオーディオセッションなどの販促行事を実施しています。

◎21プロジェクト
 日本橋筋商店街振興組合とでんでんタウン協栄会の下部組織として、1985年に来るべき21世紀へ向けて街づくりのプロジェクトを立ち上げようと作られた組織。
 2005年3月からは年1回、「日本橋ストリートフェスタ」を実施。日本橋3丁目の交差点から日本橋5丁目までの堺筋を歩行者天国したり、パレードや各種イベントも行っています。

◎日本橋まちづくり振興株式会社
 より俊敏な街づくり活動を展開するためにでんでんタウン協栄会と日本橋筋商店街振興組合のメンバーのうち19人が、2003年5月、1人100万円ずつを出資して資本金1900万円で設立した会社。

 運営などを21プロジェクトが監督しています。
 事業としてロボット専門店「ロボットファクトリー」の立ち上げ、日本橋の各種マップ制作、NTT代理店業などを展開。最近では日本橋CGアニメ村を開設しています。

◎日本橋CGアニメ村
 関西に置けるデジタルコンテンツビジネスの発展、新人クリエイターの育成をになう施設として2006年4月に開設されました。
 10月8日、9日に日本橋で開催する「日本橋映画祭」を主催。

◎日本橋連合町会、日東連合町会
 日本橋地区の住民の会です。各地域の町内会を集めた団体です。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-30 08:55 | でんでんタウン
◆ロボットの街、日本橋のイメージを広く普及させるとともに、ロボット市場の創生と情報交換などを目的に、28日、ロボットメーカーとロボット販売店で作る日本初の「日本橋でんでんタウンロボット連絡会」が発足しました。

a0029278_9413396.jpg 全国で初めてロボット専門店をオープンさせるなど、ロボットを電気街の新しい街の顔にしようと取り組んでいる大阪・日本橋電気街(でんでんタウン)の10社で構成しています。

 具体的な事業は今後、決定していきますが、ロボットユーザーの集客促進や加盟会社間でのジョイントビジネスの展開、商品・技術情報の交換などを進めていきます。
 またロボットフェア、ロボカップや日本橋ストリートフェスタへの協力も打ち出しています。
 月1回の割りで連絡会を開くことになっています。

 代表幹事には蘇建源共立電子産業会長= 写真 =が選出され、副幹事に蝉正敏ダイセン電子工業社長、塩田浩司ロボットファクトリー社長らが決まりました。

 加盟会社は次の通りです。
 ダイセン電子工業、ウェストパワー(ロボットファクトリー)、共立電子産業九十九電機
ニノミヤ
上新電機ボークス三協電子部品マルツ電波エルエルパレス


[関連記事]
http://webpress.air-nifty.com/digital/
http://blog.so-net.ne.jp/robomedia2006/
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-29 09:42 | ロボット
◆今月30日の土曜日に大阪・日本橋の「ロボットマップ」が発行されるという。
 ロボットショップや日本橋案内所などで配布される予定です。

 ロボットを作りたいけれどどこへ相談に行けばいいのか解らない。
 誰か作り方を教えてくれないかな?
 必要な部品はどこで売っているの?

 ロボットの街として世間に打ち出しているけれども、まだまだ知らない人たちはたくさんいます。
 そんな人たちに利用してもらえるとうれしい-と日本橋のロボットショップの人たちが作ったのです。

 日本橋にはいろんなマップがあるけれども、ロボットマップは初めて。
 将来はロボット自らが手を引いてお店まで案内してくれる時代がやって来るかもしれませんね。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-28 12:51 | でんでんタウン
◆大阪オーディオフェア実行委員会主催のAV商品イベント「第16回オーディオセッション in OSAKA 2006」(協賛:日本橋オーディオ店会=NASA、でんでんタウン協栄会など)が、11月11、12の両日、大阪市中央区のハートンホテル南船場とハートンホテル心斎橋別館で行われます。入場料は無料です。

a0029278_628694.jpg
前回のオーディオセッション

 オンキョー、デノン、ヤマハ、日本ビクター、松下電器産業、ソニー、シャープ、パイオニア、ケンウッド、ティアックなどが出展します。
 セミナーや視聴会のほか高音質音楽CD/LPの販売ブースも設けられるそうです。

 1等2万円のNASA加盟店での買物券やメーカーグッズが当たるスタンプラリーも用意されています。
 2会場と日本橋電気街を結ぶシャトルバスも運行されます。時刻表や乗り場は未発表です。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-27 06:29 | イベント
◆日本橋電気街は秋葉原電気街同様に、萌えだとか、アニメとか総称してサブカルチャーと呼ばれるジャンルの店が多くなってきました。
 日本橋では最近、サブカルチャーのフリーペーパーが創刊したほどです。
 岡田斗司夫じゃないけれども”おたく”の街へと変貌しています。

 もっとも「おたく=マニア」といった解釈もできるわけで、それならば昔から日本橋はマニア(おたく)の街だったと言えます。

 まっ、街は時代に合わせて変貌するわけで、そんな流れに逆らってみたって仕方がないことです。
 でもなぜか「落ち着かない」という人たちもいることは確かです。

◆地下鉄日本橋駅あたりを日本橋一丁目と言います。
 地元の人たちは、これを略して日本一(にっぽんいち)と言います。
 大阪人は何かと略すのが大好きです。

 そこから南方面へ向かうと、実質電気街の入り口になる日本橋三丁目(略して日本三)に行き当たります。
 「なんさん通り」と履物の街「はきはきタウン」が堺筋と交差するところです。
 昔、なんさん通りには日三家具という家具屋さんがありました。
 これは日本三をさらに略したんでしょうね。

 この何の変哲もない日本一から日本三の通りを歩いているとなぜか落ち着くんです。
 カメラ屋さんがあって中古の掘り出し物を売っていたり、古本屋さんや骨董屋さんもある。

a0029278_1740087.jpg


 今はこの通りには電気屋さんはありませんが、一筋西へ入ると「パールデンキ」という中古のワープロを販売している店があります。
 いつ通っても展示品は同じなので、売れているとは思われません。
 実際の商売は何か別のものなのでしょうね。

a0029278_1740266.jpg


 きょう9月26日は日本ではじめてワープロが発売された日だそうです。
 記者もワープロには大変お世話になりました。
 パールデンキの店頭には、懐かしさがいっぱい漂っていました。
 街が変わると同じようにワープロはパソコンへと姿を変えてしまいました。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-26 17:41 | でんでんタウン
◆日本橋オーディオ店会(NASA)が8月の売れ筋ランキング(下図)を発表しています。
 NASAは大阪・日本橋のオーディオ専門店7店で作る団体です。

a0029278_5284976.jpg


 AVアンプ部門で1位になったTX-SA503(オンキョー)は、今年5月に発売されたもので、希望小売価格は5万400円。

a0029278_5355560.jpg


 この商品は電源ライン・信号ラインを抜本的に短縮しているほか、新型のシャーシ構造で剛性を大幅強化しています。
 また特許技術VLSC回路の採用、独自のWRAT=広帯域再生7chアンプ搭載といった特徴を持っています。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-26 05:44 | 商品動向
◆ニノミヤパーツランドが旧ニノミヤ日本橋本店の地下1階でオープンしました。
 名前の通りパーツ専門店で、日本橋でも有数の品揃え。

a0029278_192417100.jpg
a0029278_192445100.jpg


 旧えびす店のパーツ売り場が閉鎖して不便に感じていた人たちもいたのか、初日から客足は途切れなかったようです。
 レジコーナーも忙しそうでした。
 やはりニノミヤのパーツは定評があります。

a0029278_19264272.jpg
a0029278_1927856.jpg


 同売り場には10月6日にロボットコーナーが開設される予定です。
 今は売り場になる場所にはショーケースなどが置かれていました。


a0029278_19274697.jpg

[PR]
by sozakiweb | 2006-09-25 19:28 | でんでんタウン
◆日曜日、日本橋を歩いた。
 ジョーシンテクノランドでモバイルPC用マウスとSDメモリーカード(1G)を買った。
 台湾製だろうか、かなり安かった。

 目立ったニュースはないが、ジョーシンテクノランドは沢山の買い物客で賑わっていた。
 台湾からの一行だろうか、グループで買い物をしていた。
 休日の人出はかなりのものだ。

◆きょうはニノミヤパーツランドのオープンだ。
 ロボットコーナーは来月にかるが、同社再生の第一歩になるのだろうか。
 創業時の精神に戻るというが、差別化できて収益が望めるのはパーツしかなかったのだろう。
 オープンは午前10時からだという。

◆地下鉄日本橋駅まで歩き、梅田へ出た。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-25 05:21 | でんでんタウン
◆きのう紹介したけれどシャープが10月から順次発売するファクシミリ複合機「見楽る(ミラクル)」に注目しています。
 なにしろ今、自宅で使っているファクシミリは購入してもう10以上経過しており、今となっては何の先進性も感じられない骨董品なのです。

 最も興味を持ったのは指定したEメールアドレスに受信した文書を自動転送してくれる機能があるからです。
 外出先でパソコンを開けてFAXをチェックできます。長期にわたって留守にしている時などにも便利でしょうね。

 ただしこの転送は画像データのフォーマット「TIFF」データで行われるため、PDAだとこれを読めるビューワーが必要になります。


[発表会の動画]
http://webpress.air-nifty.com/digital/2006/09/post_4f1f.html


◆さらにこの商品は、パソコンで作成した文書をプリントアウトせずにFAX送信できるほか、スキャンした文書をパソコンに接続しなくてもデータを外部メモリーにPDF形式などで保存できるというから、文書整理にも重宝しそうです。

 携帯電話との連携も可能で、携帯電話で撮った写真を高速赤外線通信「irsimple」でミラクル転送でき、プリントができます。
 300万画素の写真データならば約2秒でワイヤレス転送できるといいます。

 10月20日に発売されるカラー液晶、子機1台のタイプ「UX-MF50CL」が、市場想定価格が43000円というから、量販店ではさしづめ39800円といったところでしょうか。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-22 20:07 | 新製品
◆日本橋にもホームシアターシステムを提案する販売店が少なくありませんが、このところ急速にホームシアターが手軽に楽しめるようになってきています。
 映画館の雰囲気を味わえるものとして、最近ではホームシアター用液晶プロジェクターが注目されています。リビングでの大画面シアターの選択肢もかなり広がりが出てきています。

a0029278_18502668.jpg
松下電器産業調べ

 松下電器産業と三洋電機は10月、明るいリビングでも見ることができる液晶プロジェクターを発売します。また三菱電機はフルハイビジョン対応の液晶プロジェクターを50万円を切る価格で、やはり10月から発売します。これからの秋の夜長、本格的なホームシアターシステムで映画を楽しむのも良さそうです。


 液晶プロジェクターによるホームシアター市場は今年、昨年比約130%の伸長が見込まれ、2007年度には10万台の販売が予想されています。
 こうした背景には、地上デジタル放送やBSデジタル放送でハイビジョン映画が充実してきたことがあります。
 ホームシアターの映像ソースは、デジタルハイビジョン放送のほかにも、HD-DVDやブルーレイディスクなどのパッケージメディアも注目されます。

 10月20日にホームユースプロジェクター・Zシリーズの第5弾「LP-Z5」(希望小売価格29万4000円)を発売する三洋電機は、ホーム市場における液晶プロジェクターの市場規模の推移を次のように見ています。
 04年度6万8000台、05年度7万3000台、06年度9万2000台、07年度12万3000台、そして08年度には14万5000台になるといいます。

 三洋電機のLP-Z5は、リビングの明るさでも、映画館の画質を楽しめる“ブリリアントシネマ”モードを搭載しているのが特徴のひとつです。

a0029278_18385882.jpg
三洋電機のLP-Z5

 また松下電器はホームシアター用液晶プロジェクター「TH-AX100」(オープン価格=市場想定価格は22万円前後)を10月10日からり発売します。

 この製品は業界最高輝度1万2000ルーメンとハイコントラスト6000対1を実現させるとともに、新開発の「ライトハーモナイザ」で、リビングなど明るい場所でも鮮やかでハイコントラストな高画質映像が楽しめるのが特徴です。

a0029278_18372444.jpg
松下電器の「TH-AX100」

 三菱電機が10月12日から発売する「LVP-HC5000」(オープン価格=市場想定価格は50万円以下)は、新世代液晶パネルC2FINEを採用することでリアルなハイビジョン映像の再現を可能にしています。

 また新光学エンジンを搭載し、独自のファンノイズ低減で静粛性を実現しています。

 同社は「フルハイビジョンプロジェクターは、大画面であるほど真価を発揮するため、大画面ファンからの需要が多く見込まれるだろう」と、予測しています。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-20 19:00 | 商品動向