日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:上新電機( 16 )

◆上新電機が、10月30日、兵庫県西脇市小坂町142にレギュラー店舗「西脇店」(富永充康店舗)をオープンします。
 これによって同社のレギュラー店の店舗数は137店舗になります。

上新電機西脇店の位置

 売場面積は2318㎡で、扱い商品は家電、季節、AV機器、情報機器と玩具などのキッズランド部門。
 駐車場は145台を収容可能。
 社員数は15人で、初年度年商は16億円を見込んでいます。

 10月30日にプレオープンして、翌31日にグランドオープンします。
 オープンセールは30日から11月20日まで行います。


[AD]
iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 570 57006
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-27 14:29 | 上新電機
◆上新電機が、リニューアル工事を経て新しく生まれ変わった阪神甲子園球場で、2009年11月21日に3年ぶりに行われる「阪神タイガースファン感謝デー2009」に特別協賛し、イベントへの賞品提供などを行います。

 これに併せて、2009年10月10日から10月19日に、近畿2府4県のJoshinグループ各店(マザーピア各店、ガンダムズ、Joshinweb、オープン・クローズセール開催中の店舗は除く)で、1回の購入金額が5万円以上のJoshinポイントカード会員と対象店舗合計先着ペア2000組4000人を、ファン感謝デーに招待します。

 ファン感謝デーでは、阪神タイガースと北京オリンピック出場女子チームによるソフトボール本気対決のほか、スペシャル抽選会、記念式典などのファン交流イベントが予定されています。

 イベントには、阪神タイガースの真弓監督をはじめコーチ、全選手、マスコットのトラッキー&ラッキーが出場します。


[阪神タイガース関連本]
なぜ阪神は勝てないのか? ――タイガース再建への提言 (角川oneテーマ21 A 106)

もうひとつの阪神タイガース
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-06 04:38 | 上新電機
◆上新電機が、2009年も08年に引き続き、阪神タイガース主催ゲームでヘルメットと選手ユニフォームの阪神タイガース選手広告スポンサー契約を継続します。

 1軍選手のヘルメットと1軍監督、コーチ、選手のユニフォーム右袖に上新電機ロゴマーク「Joshin」を使用します。

a0029278_11141071.jpg

a0029278_11142848.jpg


 ロゴマークを使用するのは、2009年年シーズン中のセントラル・リーグ公式戦 (60試合)とパシフィック・リーグとの交流戦 (12試合)。さらにオープン戦 (10試合)、クライマックスシリーズ・セ (セ・リーグ優勝及び2位の場合)、クライマックスシリーズ・セ優勝の場合の日本シリーズにおいて。

 上新電機は、02年に阪神甲子園球場の阪神タイガース主催公式戦9試合で、プロ野球界初の「ヘルメット広告」スポンサーになり、03年にシーズンを通して、阪神タイガース主催公式戦の「ヘルメット広告」スポンサー契約を結びました。

http://www.joshin.co.jp/
[PR]
by sozakiweb | 2009-02-02 11:14 | 上新電機
◆上新電機が、1月22日、オリジナルブランド商品「concept(コンセプト)」を発売すると発表しました。

 シングルライフ向けの家電品で、その数は68アイテムにもなります。
 毎年春はシングル需要期とされていますが、この商品は年間を通じての販売を計画されており、Joshinグループ全店とインターネットショップ「Joshin web」で拡販します。

 発売する「concept(コンセプト)」は、上新電機が国内家電メーカー14社とコラボレートして開発した、シングルライフに必要な冷蔵庫、洗濯機、クリーナー、調理家電、テレビ、電波時計などです。

a0029278_10452420.jpg

a0029278_10453684.jpg

a0029278_10455031.jpg
オリジナルブランド商品「concept(コンセプト)」

 1人暮らしの人たちが安心して使えるようにと、省エネ性や環境に配慮した基本性能と、使いやすいシンプルな操作が可能にしています。
 さらに幅広いシングル層とライフスタイルの多様化に対応して、個性的なデザインコンセプトと品揃えをしています。

 商品は、和み(なごみ)をデザインコンセプトにしたスタイリッシュな「smart(スマート)」と、弾み(はずみ)をコンセプトにする「impact(インパクト)」の2つのデザインコンセプトで統一。

 スマートは、ホワイト、シルバーを基調としたモノトーンで、インテリアの一部として馴染みやすいデザイン。シンプルでしかもハイセンスなのが特徴です。

 一方、インパクトは、レッド、イエロー、ブルー、ブラックと大胆な色遣いで、スイッチを入れる度に気持ちが弾むデザインで、部屋に遊び心を演出するとしています。
 それぞれ、赤を基調にしたRedパック、黒を基調にしたBlaackパック、白を基調にしたWhiteパックが用意されています。

◆早期購入特典で需要喚起

 conceptシリーズの最需要期と見られる春に拡販するために「早期ご購入5大特典」セールを実施しています。
 そのひとつが、Redパック2種、Blackパック2種、Whiteパック2種の全6パックのいずれかの購入者を対象に、購入金額が6万円以上のポイントカード会員に5000ポイントプレゼントするそうです。

 このほかにも、全店先着1万人に「収納マルチBOX」プレゼント(6万円以上購入uなどの条件付き)、大型家電(冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン)配送料無料、指定日・指定時間帯 配送OK、引っ越しのサカイの基本料金20%OFF(ジョーシンポイントカード会員限定)といった特典も用意しています。
[PR]
by sozakiweb | 2009-01-23 10:47 | 上新電機
◆上新電機は、2009年のイメージキャラクターに阪神タイガースの藤川球児、新井貴浩、鳥谷敬の3選手を起用します。

 藤川選手は08年から2年連続”登板”。
 新たに新井、鳥谷の阪神球団の中心選手を加えることで「唯一-関西資本の家電量販店」を強力にアピールするとともに、イメージアップと販促効果を高めます。

a0029278_17171496.jpg
新井(左)藤川(中央)鳥谷(右)の新イメージキャラクター

 新キャラクターの3選手がデビューするのは、09年1月1日から。
 テレビCMや折込みチラシなどに登場することになっています。

 1月から放送されるテレビCMは、3選手が「今年もJoshin」「急げ、Joshinへ!」の掛け声で、初売りの三本締めを行う「新春 初売り編」と、即時無料発行してすぐ使えるJoshinポイントカードEXを訴求する「これは即戦力編」の2種類。
[PR]
by sozakiweb | 2008-12-25 17:19 | 上新電機
◆上新電機が、大阪・日本橋で昭和23年に創業して、今年で60年を迎えている。節目の年である今、社内外に打ち出しているのが6つの「いつもきちんと」だ。
 中でも「安心のサービス」と「家電品アドバイザー制度」による接客は、全国トップクラスとさえ言われている。
 そうした取組みが評価されたのか、このほど経済産業省主催の「平成20年度製品安全対策優良企業経済産業省大臣表彰」の大企業・小売販売事業者部門で金賞を受賞している。

a0029278_1093294.jpg◆上新電機は全国の家電量販店の中でもトップクラスの自社サービス体制を敷いているという。
 それはエンジニアや有資格者の数でわかる。
 たとえば同社のサービスを担当する関連会社、ジョーシンサービスの全社員451人中、家電製品エンジニア(AV・情報家電担当)と呼ばれる人たちの数は125人もいる。

 以下、数は一部重複するが生活家電を担当する家電エンジニアは127人、文部科学省認定ラジオ音響技能検定(オーディオ担当)は233人、総務省認定の工事担任者(電話配線工事担当)は185人、そして都道府県知事認定の電気工事士(一般配線工事担当)は130人といった具合だ。

 彼らの目印は「白い手袋」だという。
 これをはいて配達から設置、そして修理と家庭をを訪問する。

◆さらに商品の購入する際、どのよう商品を選べはいいのかわからない、たくさんある商品の中でそれぞれの違いは-など、消費者は購入代金を支払うまで悩みに悩む。
 そんな時に相談に乗ってくれるのが同社の家電品アドバイザーである。
 その数は約2000人。内訳はAV・情報家電担当のアドバイザーが1018人、生活家電担当が966人。

 最近はともすれば顧客の方が知識が豊富といったこともある。それだけに完全な商品情報で親切丁寧に対応することが、販売へとつながることになる。

◆こうした安心の提供が国から評価された。
 製品安全対策優良企業経済産業省大臣表彰は、安全力と回復力、対話力、人材力、持続可能力、消費者からの満足度などを総合的に判断するものだ。
 今回、その金賞を受賞した。

 同社が評価された点は「アフターサービス体制の構築整備」と「安全な製品の仕入れ、販売」「店舗販売員による製品安全情報の提供」といった3点であったという。

 アフターサービス体制の構築整備では、長年蓄積された購入履歴情報をもとにメーカーにおける回収が思うように進まない場合に対応方法を提示するなど、製品不具合時の対応ノウハウが優れていることが評価された。

 また、安全な製品の仕入れと販売では、安全に疑いがある製品は扱わないほか、メーカーなどと製品の安全性に関する覚書を交わしているなどの徹底ぶりが認められた。
 さらに製品安全情報の提供は、販売員が情報端末を使って、製品の不良情報を接客時に提供することを努めていることが、幅広く支持されているとされた。

◆同社は今後も創業時と変わらない「いつもきちんと」を徹底するという。
[PR]
by sozakiweb | 2008-11-20 10:10 | 上新電機