日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ロボット連絡会( 8 )

◆大阪工業大学は2010年4月にロボット学科の開設するが、同大学でものづくり人材育成を進めているものづくりセンター「MONOLAB」の池田隆治副センター長が、2009年12月22日、ダイセン電子工業で開かれた日本橋でんでんタウン・ロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業)の12月例会で、MONOLABの活動内容などを説明しました。また開設準備中のロボット学科については「順調に応募が集まっている」と、高校生の間でロボットへの関心が高いことを感じさせていました。

a0029278_1385268.jpg

 毎月1回例会を開催し、発足3年目を迎えているロボット連絡会には、毎回ゲストを招いてロボットの今を知る勉強会を開いています。
 2009年を締めくくる12月例会には、昨年4月にリニューアルオープンした大阪工業大学ものづくりセンター「MONOLAB」から池田隆治副センター長が参加して、薄型テレビに映し出されたパワーポイントの資料をもとに、ロボットやソーラーカーなど学外の競技大会にも出場しているMONOLAB内のプロジェクトなどの活動ぶりを紹介しました。

 このところ薄らいでいたという大工大の伝統であるリアルな”ものづくり精神”を再度復活させようと具体化させたのがMONOLABです。池田副センター長は「3年間で大工大にMONOLABありと言われるまでに持っていきたい」といい、目標の最終年度を迎える来年へ向けて、さまざまな活動を計画しています。

 自律型歩行ロボット製作するなど学内向けのものづくり授業を実施はもちろん、学外の人たちへの開放も行っています。
 キッズものづくり道場では、近隣の小学生たちが参加しての同大の学生がアドバイスしてものづくりを体験してもらっているといいます。子供たちだけでなく、お母さんなど大人向けのものづくり講習会も人気のようです。

 テクノフォーラムでは、浅田稔大阪大学大学院工学研究科教授などを招いた講演会を開いています。「開発者などに直接に話を聴くことで、学生にどのような勉強したかなどを学んでいます」と池田副センター長。

 学外で開かれるロボコンへの参加もMONOLABのプロジェクトのひとつです。
 12月12日にはロボット競技会「第6回ロボプロステーションチャレンジカップ」に、同プロジェクトの14人と電子工学研究部4人、機械工学研究部3人が出場して、入賞したそうです。

◆来年4月、工学部に開設されるロボット学科は、2月に一般入試が行われますか、応募は順調に増えており「100人近くの学科でスタートすることになりそう」だといいます。
 ロボ連のメンバーからは「開設後は学外の施設などと連携して活動することは可能か」などといった質問が寄せられていました。

[大阪工業大学ものづくりセンター「MONOLAB」]
http://www.oit.ac.jp/japanese/monolab/
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-25 13:09 | ロボット連絡会
a0029278_17481790.jpg◆新世界にそびえ立つ通天閣がロボットになる-。
 通天閣を経営する通天閣観光(大阪市浪速区恵比須東1、西上雅章社長)が、今、通天閣の60分の1の規模の2足歩行ロボット「通天閣ロボ」の開発を、お隣の日本橋でんでんタウンのパーツショップやロボットメーカーなどの団体である日本橋でんでんタウンロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)と共同で進めています。完成は2010年3月の予定です。製作費は1000万円強だといいます。

 通天閣がある新世界と日本橋はお隣さんどうし。そんなこともあって最近では、通天閣では、日本橋のメイド喫茶店などと共同でコスプレイベントなどを開催してきました。
 さらに通天閣からの展望以外に、新たな名物になる売り物を作ろうと、会社では通天閣のロボット化を決めました。
 そんな話しを聞きつけた日本橋のロボット連絡会は「ぜひ当会で、それを製作させて欲しい」と申し入れたところ、このほど話がまとまったというわけです。

 ロボットのデザインは大阪市内のグラフィックデザイン会社が担当しました。通天閣をほぼ忠実に再現し、展望台の下あたりから両腕が伸び、現物の通天閣は4本足ですがロボットは2本足で立ち、手足ともに動くことを目指します。

 今流行のゆるキャラのようなロボットではなく、鉄骨のゴツゴツ感を出すといいます。と言うのも59歳の西上通天閣観光社長は、横山光輝の鉄人28号を読んで育った世代なのです。ですから「ロボットはこうでなくては」といった強い思いいれがあるようです。
 そして鉄人同様に、これも無線で操縦して動かすのですが、その役はなんと通天閣の守り神であるビリケンさんが行うという設定です。

 通天閣の高さは103.3mありますが、ロボットの体長は約171cmを考えているといいます。成人男性程度の大きさです。重さは、まだ分らないそうです。
 4、5階の展望台の窓が目になります。2、3階部分には日本橋キャラクターの音々ちゃんのイラストをあしらうことも計画されています。
 頭上には実物同じように天気サインを付ける予定です。

◆出来上がったロボットは、通天閣と同じ設計者である内藤多仲の手による東京タワーや名古屋のテレビ搭を訪ねる一人旅をするといった、ロボットを擬人化するストーリーも考えられています。

 ロボット化の企画を進める通天閣観光の澤田伸営業部主任は「ロボットによって新世界と日本橋の人の流れを作っていきたい。製作中の通天閣ロボ1号に続いて2号、3号も作りたいです」と話していました。
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-10 17:49 | ロボット連絡会
◆変形ロボットやパックマン似のロボットまでが出席した「日本橋でんでんタウンロボット連絡会」の4月例会が、4月21日、日本橋筋商店街振興組合会議室で開かれました。

 2009年度最初の例会では、3月20日に開催され18万6千人がでんでんタウンに訪れた第5回日本橋ストリートフェスタにおけるロボット関連のイベントが映像で紹介されました。

 同フェスタでは、初めて小学ロボコンが開催されたほか、毎回お馴染となった大阪府立高専と鳥羽高専のロボット実演、それにロボ連から誕生したダイセン電子工業の犬ロボット「ロボワン」が演技披露などを行っています。

 5月8、9、10日に、大阪市西区の京セラドーム大阪で開かれるロボカップジャパンオープンには、ロボット連絡会のメンバーも応援参加します。
 その内容の説明がありました。
 ジュニアリーグには大阪から12チームが出場するそうです。

 またロボカップでは、今年の世界大会からルールの変更が行われる予定だといいます。
 たとえば、今までのグレーコートからグリーンコートになるほか、ロボットにもカメラの搭載なども義務付けられるといいます。
 そうなるとロボットの製作費も高くなることが心配されています。

 会場では、ロボット講習会を開くためのノウハウなどを伝授する講習会が予定されているほか、2足歩行ロボットの格闘技「ロボファイト9」も併催されます。

◆この日のゲストは京都コンピュータ学院総合情報システム部の久保田英司先生でした。
 去年創立45周年を迎えた学校の案内や、持ち込んでくれた変形ロボット「I-GZ」が動くところを見せてくれました。

 実はこのロボット、製作者は同学院の学生2人なのです。すでに1人は卒業して、この日出席予定だった残る1人も体調不良で欠席でした。

 そのため用意してもらったマニュアルを見ながら久保田先生が操作しました。
 しかし、どうしたことか、ロボットまでが体調不良を起こし、十分な動きをしません。
 次回に持ち越しとなりました。

 また、でんでんタウン発明ロボット塾の講師も担当する計測技研の早石直広さんは、開発中のロボット「チャティ」を披露してくれました。

 一見するとひとつ目のパックマンといったところ。
 口を動かしながら音声合成で言葉をしゃべります。
 受付ロボットにも使えるということで、日本橋のマスコットとしても有望なのかもしれません。

◆はんだこてメーカー、白光からは、佐々木康弘営業企画担当係長が出席して、はんだは電子工作やロボット作りには欠かせないことをアピールしました。

 同社の売上の多くは法人向けですが、パーソナル市場にも力を入れているといいます。
 そのため「各地の電子工作教室に協力して、はんだ付け講習も開いていく」と話してくれました。

 最近は温度調節機能付きや環境に配慮した鉛フリータイプのはんだこてが主流になりつつあるといった、最近の傾向について説明をしました。
[PR]
by sozakiweb | 2009-04-23 14:40 | ロボット連絡会
◆ロボットビジネスを創出し、街づくりに貢献しようと大阪・日本橋の電気街で2006年に発足し、活動を始めて3年目を向かえている「日本橋でんでんタウンロボット連絡会」(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長、18社・団体)が、11月18日、大手ハンダこてメーカの白光(大阪市浪速区塩草2、吉村加代子社長)の3人をゲストとして招き、ハンダ付けの重要性などを学んだ。

◆ロボット連絡会には大阪・日本橋のロボットメーカー、パーツ販売店のほかロボット関連企業などが加盟している。いずれもロボットが将来、ビジネスを牽引していく大きな商材になると期待を寄せている。この日の連絡会には15人が出席した。

 白光の製品は、工場などで使われるハンダこての約7割を占めているという。
 冒頭、同社大阪営業所の安藤知也所長が「たった1ヶ所のハンダ付け不良が人類を滅ぼす」といった重大事を引き起こしかねないなど、ハンダは重要であることを指摘し、ロボットの組立でも同様にハンダ付けの悪さが動作の不良につながることを話した。

 また環境面から主流になりつつある鉛フリータイプの製品や、ハンダ付認定証制度など、出席した会員にとって関心の高い話題がたくさん提供された。

◆同社は高性能ハンダこて「HAKKO FX-888」を2008年12月12日に発売するが、席上その製品を披露し、特徴などを説明した。

 これは、同社の従来品よりも設置面積を約50%削減した省スペースタイプの温調器を採用しているほか、熱伝導率を向上させたことによって、同じ作業でも作業時間を30%ほど短縮させているという。また立ち上がりも20秒ほど早く、作業時の温度降下も減少したとしている。

 安藤所長は「ロボット工作などホビー市場にもFX-888を普及させていきたい」と話していた。

 また蝉代表幹事は「ハンダこてメーカはロボットを始め、子供たちが使うことを前提とした商品を提供してほしい」と強く要望していた。

◆一方、この日参加した会員の1社であるナニワネジの子会社のナニワテックは、来年にも癒し・介護ロボットの販売、レンタルを行う専門店をオープンすることを明らかにした。

 同社は介護用品の販売・レンタルを行っているが、関連商品としてロボットにまで扱いを広げることによって、ユーザーを拡大したい意向のようだ。
[PR]
by sozakiweb | 2008-11-19 12:42 | ロボット連絡会
◆日本橋でんでんタウン・ロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)がこのほど、日本橋4丁目の日本橋筋商店街振興組合事務所で、超音波センターのプロアシスト(大阪市中央区高麗橋)から技術担当者などを招いて7月例会を開催しました。



 プロアシストはソフトやハードの開発を行っており、120人ほどの社員の大半がエンジニアという物づくりを得意とした関西の技術系企業です。

 同社は昨年、3次元超音波センサーユニットを商品化。そして今年4月からは2次元超音波センサーを発売しています。
 ロボットの障害物検知、モーションや位置の検出のほか、セキュリティの暗視監視、FA関連では物体検知といった用途に向けて提案しているといいます。

a0029278_133607.jpg


 ロボットのほかにも2次元超音波センサーはまた、部屋への入退出の人数を計測して自動消灯監視などに応用したり、自動で離席を監視して離席時にパソコンのディスプレイ電源を切断するなどといった用途も可能だといいます。

◆ロボ連のメンバーの関心も高く、当日は担当者への質問も相次ぐなど、同社は新たな販売ルートの開拓へ手がかりをつかんだようでした。

[プロアシスト]
http://www.proassist.co.jp/

◆また、ロボ連のメンバーである三協電子部品(大阪・日本橋5丁目)は、同社が定期的に開催している「ちびっ子電子工作」の内容などを説明しました。

 電子工作教室は、春休みや夏休みに小学1~3年生を対象に、市販のキットを使って簡単にできるものが大半。8月には9日と23日に予定しており、ペットボトルを使ったソーラーカーを作るそうです。
 今までには電子オルゴールキットを使った工作などを実施しているといいます。

 担当者は「参加している子供たちを見ていると、やって良かったと思える」と、満足そうでした。

[三協電子部品]
http://www.sankyo-d.co.jp/
[PR]
by sozakiweb | 2008-07-29 13:38 | ロボット連絡会
◆日本橋でんでんタウン・ロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)の12月例会が、18日、日本橋筋商店街振興組合会議室で開かれます。

 冒頭、日本橋ストリートフェスタ運営委員会からロボット関連イベントの報告が行われるほか、先頃オープンした上新電機・J&Pテクノランド「ロボット専科」について、売り場の特徴やオープン後の状況について話がされる予定です。

 今年最後の例会ということもあって、情報交換会終了後には同会場で懇親会が行われることになっています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-12-18 10:56 | ロボット連絡会
◆大阪・日本橋電気街のロボットメーカーやロボットショップなどで作るロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)が、2007年11月20日(火曜日)18時から、日本橋筋商店街振興組合会議室で11月定例会を開催します。

 当日は、来年3月に開催される日本橋ストリートフェスタの運営委員会報告が行われるほか、先に兵庫県高砂市で開催された高専ロボコンの模様や同連絡会が製作した選挙公報ロボット「センキョン君」の活躍ぶりなどが報告されます。

 また、タカラトミーから発売されたロボットの紹介や創造アイデアロボットコンテスト中学生大会など、最新のロボット情報が伝えられる予定です。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-19 13:01 | ロボット連絡会
◆日本橋でんでんタウンロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)が製作した選挙広報ロボット「センキョン君」=写真=が、18日に投票が終わった大阪市長選挙の広報活動で活躍しました。

a0029278_172798.jpg

 ロボット連絡会がある大阪市浪速区の浪速区役所ロビーで、18日に行われた市長選挙への投票と期日前・不在者投票を呼びかけたものです。
 発話機能を持たせて、来庁者へ話しかけていました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-19 12:56 | ロボット連絡会