日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:でんでんタウン( 151 )

◆でんでんタウン協栄会(会長・土井栄次上新電機社長)が、3月13日、大阪市中央区のスイスホテル南海大阪で、2009(平成21)年度定時総会を開き、商店街のアーケード下の日除け枠を日本橋ストリートギャラリーとして公開し、一般公募した絵や写真などの作品を発表して1年単位で優秀賞を選出するほか、不法駐輪の改善、防犯パトロールなどの継続実施などの事業計画を発表しました。

 でんでんタウン協栄会の加盟社・店数は、70社87店舗(3月13日現在)で、総務、渉外、経営厚生、環境整備、宣伝販促、21プロジェクトの6つの専門委員会に分かれて活動を展開しています。

 総会で各委員会から発表された2009(平成21)年度の事業計画は、現状を打破して活気ある街を作っていこうという思いを込めた内容が見て取れました。

 経営厚生委員会(井寄勝委員長=副会長)が計画する「日本橋ストリートギャラリー」は、アーケードを絵画や写真などの展示場所として開放して、たくさんの人たちに街への関心を持ってもらおうというものです。
 一般公募した絵や写真などの作品を、かつて日除けに利用していたアーケード下の枠を有効利用します。

 同じアーケードに関連してはは、環境整備委員会(小池富男委員長=副会長)が、最近目立って増加している不法駐輪をなくす活動を、行政と一緒になって進めます。
 また心地よい環境での買物ができるように、と大阪市が推進するクリーンアップキャンペーンの一斉清掃や、7月と12月の夜間防犯パトロールを実施するとしています。

 また渉外委員会(澤田沢治委員長=副会長)では、日本橋3丁目南交差点の歩道橋が今年末に撤去されることが決まったことに伴い、撤去後の買い物客の動線計画を練るとしています。
 さらには、堺筋歩道の拡幅と電柱地中化についても、検討を進めるとしています。

◆20日に開催される日本橋ストリートフェスタに関しては、昨年の16.6万人の来場を上回る18万人を見込んでおり、21プロジェクト委員会の福島久史委員長=理事=が「従来のパレード中心から、路上における7つのステージでのイベントを設けるなど、バラエティに富んだ内容にしました」として、商店へ足を運んでもらえる工夫を凝らしたことを説明しました。

 フェスタではまた、専門学校「エール学園」の生徒たちのボランティアによる日、英、韓の通訳サービスも、初めて盛り込んでいるます。

◆総会では、土井会長が厳しい経済環境を指摘しながら「家電販売界は有り難い業界だ。消費者が求める商品はいくらでもある。どこで買ってもらうかが問題である。日本橋で心心地よく支出してもらえるようにしていかなければいけない」と、買い物しやすい街への改善を呼びかけました。

 また土井会長は、2008年8月22日に死去された照明専門店「正電社」の会長で元日本橋筋商店街振興組合理事長であった伊東雅男さんが、平成15年に「でんでんの賑わいを取り戻すときは今。浪速の根性逆風に立つ」と記した色紙を取り出し、「この歌の気概を心に秘め、手を携え元気に取り組んでいこう」と、あいさつしました。

◆第2部の懇親会の席上、小池富男副会長(小池電気専務)が「今の環境では、次の世代に店を譲ることに抵抗があります。だからこそディスカッションをもっとして、希望が持て、次の商売に結び付けられるようにしていきたい」と、提案しました。

 
[PR]
by sozakiweb | 2009-03-17 12:16 | でんでんタウン
a0029278_18114985.jpg◆日本橋筋商店街振興組合(蘇建源理事長)とでんでんタウン協栄会(土井栄次会長)が、2009年新春版の「日本橋でんでんタウンMAP」=写真 1=を作成し、加盟店の店頭などで配布しています。

 新春版は第9版。今回は3万5000部を印刷した。街へやって来た人たちに役立ててもらうほか、来街促進などにも利用する。

 地図には加盟店全店が掲載されており、業種別に色分けされています。
 また、でんでんタウンの契約駐車場の場所や、車でのアクセス方法など便利情報も収録されています。










◆また、共立電子産業は年末恒例の同社の2009年版卓上カレンダー=写真 2=を、日本橋の店舗で希望者に配布しています。
 当月ページには前月と翌月が一緒に掲載されているなど「使い勝手いい」と、毎年好評だといいます。

a0029278_1865466.jpg
写真2 共立電子産業の卓上カレンダー
[PR]
by sozakiweb | 2008-12-25 18:16 | でんでんタウン
◆オタクの街とも言われてきた大阪・日本橋電気街におけるオタク市場に変化が生じている。
 今までの”オタク・バブル”が崩壊して、街にやって来るユーザーが減少し、関連商品は売れ行きが落ち込んでいるのだ。
 メイドカフェも今後は客足が途絶えていくのでは、といった予測も出ている。

 大阪・日本橋が電気街でなくなってきたのは周知の事実。
 日本橋総合案内所にやって来る買い物客の中にも「電器店はどこにあるのですか」と、尋ねる人もいるほどだ。
 そのような中でオタク市場は、最近の日本橋をけん引してきたことには違いない。

◆しかし、それが変わりつつあるのだ。
 オタク市場の詳しいでんでんでんタウン協栄会の会員の1人は、「日本橋にはメイド喫茶店が約30店舗あるが、多くの店で客が減少している。新規に出店しても、最初の2週間は満員になるが、以降は閑散としている。来春には閉店するところも出てくるのではないか」と推測する。

 また今まで市場の中心を占めていたフィギュア、ガレージキット、アニメといった商品の需要も頭打ちだという。

 ただフィギュアではとりわけマニア向けというわれる商品、たとえば「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターをデザインした物などは依然として人気が高い。
 またカードゲームも、劣勢が目立つオタク市場でかろうじて売れ続けている商品だともいわれている。

 代わって勢いを増してきたのがポップアートと呼ばれるもので、これらを集めたイベントも模様されてきているという。

◆さらに大きな問題はロボットとその関連商品の販売の低迷だ。
 大阪・日本橋で最初にオープンしたロボット専門店「ロボットファクトリー」では、2足歩行ロボットをはじめロボット関連商品の売れ行きが減少しているという。

 ユーザーが一巡したことと、メーカーからのパーツの供給も潤沢でないなどユーザーは購入したロボットの改造もままならないのも、客足を遠のけている一因のようだ。

 ロボットによる格闘技イベントでも、参加するユーザーが減少したり、新規ユーザーが増えていないともいわれている。

◆これでは「ロボットによる街づくり」を標榜していた大阪・日本橋にとっては、大きな誤算になりかねない。
 一部では「方針を方向修正をしたほうがいいのではないか。
 このままでは3年後のでんでんタウンは、今以上に疲弊してしまう可能性がある」といった声も聞かれるほどだ。

 大阪・日本橋には子供たちに大人気の電子工作教室がある。
 これを核にアニメ、それに現在のロボットも含めてなどすべてのクリエイティブな要素を盛り込んだ“物づくりの街“へと変換していくべきたとといった指摘も出ている。
[PR]
by sozakiweb | 2008-12-10 10:18 | でんでんタウン
◆でんでんタウン協栄会(会長・土井栄次上新電機社長)が、2008年11月7日、日本橋筋などの電気街をきれいに掃除する「でんでんタウンクリーンアップ」を行い、同協栄会会員40人、シャープエレクトロマーケティングの社員100人の計140人が参加しました。

a0029278_1995334.jpg
出発式であいさつする小池委員長

 同協栄会環境整備委員会(委員長・小池富雄小池電気専務)が定期的に実施しているものですが、今回は大阪市が呼びかけた市内一斉清掃「クリーンおおさか2008」へ協力する形で行われました。

◆午前10時、日本橋3丁目の高島屋東別館前に、ほうきやチリ取り、チリばさみ、ガム取りなどの掃除用具を持って集まりました。

a0029278_19115279.jpg
歩道に捨てられたガムを取るのは大変

 堺筋に面した3丁目から5丁目までとなんさん通りの道などで、捨てられたペットボトルを拾ったり、歩道に張り付いているガムを取り除くなど、約1時間をかけて掃除をしました。

a0029278_19105985.jpg
40袋ものゴミが集まりました

◆ビニール袋40個にもなったごみは、同4丁目のダイセン電子工業前に集められて、大阪市環境局中部環境事業センターによって回収されました。
[PR]
by sozakiweb | 2008-11-13 19:12 | でんでんタウン
◆照明専門店「正電社」の伊東雅男会長が2008年8月22日に死去されました。
 同24日に行われた告別式にはたくさんの人が訪れ、別れを惜しみました。

a0029278_19195233.jpg
故・伊東雅男会長

 伊東会長は、1996(平成8)年5月から2004(同16)年5月まで日本橋筋商店街振興組合の理事長を務めました。
 その間、アーケードの建替えなどに尽力し、現在の日本橋筋の基礎を作り上げるなど、常に日本橋の発展を考え続けた人でした。

 そのアーケードは2000(同12)年に着工し、翌2001(同13)年に完成しました。
 02年3月には記念式典も開いています。

a0029278_1939127.jpg
伊東会長発案の日本橋初の公式地図

◆日本橋商店街と電気街の振興のために、そのほかにも多くの事業を手がけています。
 理事長就任1年前の振興組合30周年には、それを記念して日本橋初の公式地図「日本橋筋界隈マップ」の制作を発案をしています。

a0029278_19373448.jpg これは現在、日本語をはじめ英語、中国語、韓国語など多国語の地図へと発展し、ロボットマップなど専門地図を生み出すきっかけを作りました。
 こうした来街者へのサービスを考えたこれだけの地図の充実ぶりは、他の商店街では例を見ないほどです。

 また「街を発展させるには専門会社による事業展開が必要」と提案し、03年5月の日本橋街づくり振興会社設立を働きかけ、先を見る力は老いてもなお健在でした。

伊東会長が書いた電子工作教室の案内文字

◆伊東会長が日本橋5丁目で部品店「共和商会」を開業したのは、まだ焼け跡が残る1946(昭和21)年でした。

 これが現在の照明専門店「正電社」の前身です。
 最初は軍隊が放出した旧日本軍の通信機などを売っていましたが、しばらくするとその頃良く売れていた「停電灯」という商品に使用するバッテリーも販売するようになったそうです。

 照明器具の販売に主力を移すようになったのは、家電ブームがやって来る昭和30年になってからでした。
 店舗も日本橋3丁目に移し、現在に至っています。
[PR]
by sozakiweb | 2008-09-12 19:18 | でんでんタウン
◆大阪・日本橋の電気街を担当する家電メーカー・販売会社10社で作る「双葉会」が、2008年10月に解散することがわかりました。

 解散の理由は「コンプライアンス(法令遵守)が求められる今、旧態の業界団体を存続させていることは時代にそぐわない」としています。

 しかし、日本橋電気街の電器店などで作る「でんでんタウン協栄会」の会員からは、「本音は日本橋電気街は支援するのに値しなくなった、といったところにあるのではないか」といった、日本橋切捨てを指摘する声も聞かれます。

◆双葉会のメンバーは、同協栄会の賛助会員でもあり、ピーク時では年間1億円もの賛助金を納付していたと言われています。

 協栄会では「解散は時の流れで仕方のないこと」として、引き続き協栄会活動への協力を要請するとしていますが、今後の同協栄会の活動に与える影響は大きいものと思われます。
[PR]
by sozakiweb | 2008-09-12 17:31 | でんでんタウン
◆京阪神の政令4都市(京都市、大阪市、神戸市、堺市)の商業担当課長会議が、このほど大阪・日本橋で開かれました。昨年から商業振興の一環として、街の魅力作りに役立てようと取り組んでいるといいます。
 昨年は京都市で開催されましたが、今回は日本橋筋商店街、でんでんタウン協栄会、日本橋まちづくり会社などが中心となって街の賑わい作りに取り組んでいる日本橋地区が会場に選ばれました。

a0029278_9325989.jpg
 共立電子産業本社のセミナールームには、日本有数の電気街の街づくり振興の秘訣を聞こうと、4都市から男女11人の職員がやって来ました。
 日本橋からは蘇建源、妹尾昌彦、伊東雅博、小池富雄、蝉正敏、塩田浩司、澤田沢治の7氏が出席し、街づくりへの取り組みの概況を説明しました。

 4都市の商業担当職員たちは、その後、街へ出て、電子工作教室や上新電機・ロボット専科、日本橋総合案内所、シアター、オタロードなど、最新の日本橋を体験して歩きました。

 日本橋筋商店街振興組合会議室で開かれている電子工作教室を訪れた一行は、紙コップですもうロボット作りに熱心に取り組む子供たちの姿に目を細めていました。
 またダイセン電子工業のロボット教室では、そのディープさに驚いていました。

a0029278_9333322.jpg
日本橋総合案内所で日本橋発のロボット犬を見学

 ロボット専門店のロボット専科では、ロボットとともに工作機械が販売されているのに感心していましたし、シアターでは劇団員の練習風景を見学しました。

 それに先立って日本橋筋商店街振興組合の蘇理事長は、でんでんタウンの概況を説明しました。

 この中で、毎年3月に実施している日本橋ストリートフェスタについてふれ「コスプレを目当てに若い人たちがたくさん電気街にやって来ている。コスプレは文化の一つで健全なものである」と、オタク文化が集客のための日本橋の新しい力になっていることを強調しました。

 また売れるロボット作りや関連部品の販売などロボットビジネスを盛り上げたり、将来の街を支えるお客や人材を育てる電子工作教室への取り組みが定着しつつあることも説明しました。

 4市の職員からの「これからの日本橋電気街はどういった方向へ向かって進んでいくのか」といった質問には、「家電店の街としての復活は考えられない。若い人をターゲットにした様々な種類の専門店が集まる街へと変貌していくことだろう」と、従来の概念の電気街から変化すると回答していました。

 またオタクの街への変化については、同振興組合の塩田理事が「日本橋は元来マニアの街で、電気、コンピューター、ソフトウェアへと移り、そして今度はアニメ、コスプレへと映りつつある」といった街の変遷について説明し、時代の流れに応じて街は変化していくことを話しました。
[PR]
by sozakiweb | 2008-09-05 09:36 | でんでんタウン
◆ジャングルが、日本橋にある約1000店舗の検索ができる「日本橋店舗検索システム」が完成させました。サイトは、日本橋でんでんでんタウンなどのホームページに掲載されています。

 店舗情報のほかイベントや求人、不動産関連の情報も掲載しており、日本橋を総合的に検索できるサイト構成になっています。

a0029278_1129187.jpg

 検索サイトでは家電・電器、コンテンツ、ホビー・ゲーム、飲食店、エンターテイメント、メイド、その他といった大分類。
 さらに家電・電器では、映像家電、家事・生活家電、調理・台所機器、空調・季節家電、情報・通信家電、美容健康器具 パソコン関連、携帯電話 照明器具、電子部品・電材・ネジ・ロボットパーツ 無線機器、防犯カメラ・盗聴発見器 免税店などといった具合に、詳細に検索できるように分類されています。

 店舗位置は地図で確認もできます。

[日本橋店舗検索システム]
http://areamap.jp/
[PR]
by sozakiweb | 2008-08-01 11:31 | でんでんタウン
◆大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻の奥俊信教授と鈴木毅准教授など8人が、2008年6月18日、街づくりの現状を学ぶために日本橋電気街・でんでんタウンにやって来ました。日本橋筋商店街振興組合の蘇建源会長の案内で、オタロードやパーツロード、五階百貨店など日本橋の新旧さまざまな場所を見て歩きました。

 訪れたメンバーは、いずれも大阪大学大学院工学研究科で街づくりについて研究している人たちです。奥教授は建築工学、鈴木准教授は建築・都市デザインがそれぞれ専門です。

 一行は、五階百貨店(インスタントラーメン専門店、中古テレビ店など)、オタロード、JT関西支社跡地に建つ駐車場、高島屋別館、日本橋3丁目の歩道橋、PA専門店、パーツロード、旧ニノミヤ本店跡の空き地、上新電機ロボット専科などを見学しました。

◆ロボットをキーワードに新しい街づくりを進める手法を聞いたり、「ロボット専科」ではどのようにロボットを販売しているのか、などといった質問が出ていました。
 新しいものと古いものが混在する電気街には、とりわけ関心を示していました。中でも日本橋ストリートフェスタなどのイベントには興味を持ち、「地域住民にも喜ばれるイベントへの工夫は」といった問いかけもありました。

 また大阪と和歌山をつないだ街道、紀州街道が日本橋の中を通っていたり、その通りに面して、落ち着きある和風旅館の「かめや」があることに注目。
 その旅館は、街道が盛んに利用された当時を偲ばせるなど、日本橋の中にはそうした建物が残っており、歴史ある街であることを指摘していました。

 そうした中にあって、電気街の中では数少ない建築デザイナー設計による店舗ビルにも目をやっていました。


ホームページ「街道歩き」 には、その日本橋界隈をも通っていた紀州街道について、次のように書かれています。

「かつて日本橋筋は長町と呼ばれ旅籠が軒を連ねる宿場町であった。東海道中膝栗毛の弥次さん喜多さんも物語の中で長町7丁目の分銅河内屋に宿泊している。
 寛政4(1792)年に長町1丁目から5丁目が日本橋筋と改称され、明治5年、長町6丁目から9丁目も日本橋筋となり、長町の名は消えた。長町7丁目は現在の日本橋筋4丁目から5丁目あたり」

編集長=注=旅館かめやが建っている場所も、旧長町7丁目界隈に当たります。
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-24 10:04 | でんでんタウン
◆8日、東京・秋葉原で起こった通り魔事件は多くの死傷者を出しました。
 通り魔事件は今年で5件目だとか。

 異常としか思えない最近の日本です。
 もう日本中どこにいても果たして安全なのだろうか、安心して街を歩くことが出来るのだろうか、と考えさせられてしまいます。
 もちろん家に潜んでいても決して安全とはいえません。

 そこで誰もが考えるのは、西日本一の電気街、日本橋・でんでんタウンは安全か、です。

◆案の定、9日、NHKが日本橋・でんでんタウンに取材にやって来たようです。
 「日本橋の安全対策は大丈夫ですか」といったお決まりの取材で、夕方6時10分からニュース番組で放映されました。
 街の防犯対策としてアーケードの放送網を有効利用する-といった内容になっていたそうです。
[PR]
by sozakiweb | 2008-06-11 09:05 | でんでんタウン