日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:でんでんタウン( 151 )

a0029278_1252669.jpg◆2010年版の「味まっぷ」は、ひと味ももふた味も違う。ポケットやバッグに忍ばせて、でんでんタウンを歩きたくなるような、そんな楽しい気持ちにしてくれる地図なのだ。

 「味まっぷ2010」は、12月5日から共立電子産業の各店舗で配布されています。
 今回、制作を担当したイラストレーターは、4代目の中西らつ子さんです。国立文楽劇場のポスターやパフレットなどでお馴染みです。

 地図に登場してるキャラクターたちは、心なごませるタッチで、人情の街OSAKAにふさわしい絵柄です。
 「ボクは大好きだなぁ」
 少年ジャンプ以降の、やたらととんがった今流行の画風とは違って、丸みのある線が見る者に楽しさと温かさを感じさせてくれるのです。




 99.9%が手描きだというのも、地図に温かみを与えている理由でしょう。
 味まっぷは食べ物屋さんを案内するのだから、やはり温かいのが一番です。
 掲載されているお店の情報はすべて吹き出しを付けて、これも「オドロキの超大盛」とか「絵本に囲まれたカフェ」などが手書きしてあります。

a0029278_1273158.jpg

a0029278_1275929.jpg

a0029278_1283944.jpg

 吹き出しはたくさんあるけれど、全部読んでみたくなる。
 これって地図ですが、まさにでんでんタウンのタウン紙ですね。
 とにかく共立電子産業の店舗で手にとってみてほしい。

a0029278_12102287.jpg
通天閣もちゃんと載っている

◆今回の味まっぷには、もうひとつ隠し味があります。
 それは発行者の共立電子産業の蘇建源会長のイラストが、地図の中に忍ばされているのです。
 果たしてどこにあるのでしょう。これは筆者の中西さんのヒッチコックの映画を思わせる遊びですね。

a0029278_129796.jpg
蘇会長が初出演している

 「味まっぷ」は、1998年発行の第9版からカラー化されています。当初は手描きでしたが、04年からコンピューター制作化されましたが、10年版は再び手描きに戻っています。
[PR]
by sozakiweb | 2009-12-08 12:12 | でんでんタウン
◆ラジオ大阪(OBC)が、2009年11月16日放送したでんでんタウン協栄会提供の番組「ラジオでんでんタウン」に、でんでんタウン協栄会の吉谷達嗣事務局長と日本橋街づくり振興の高垣雅彦さんが出演して、28、29の両日に開かれる秋の売り出し「ザ・セール」と、「日本橋オールコンテンツ祭り<GORAKU>」の告知を行いました。

 来週、23日にも告知放送の続編が予定されているそうです。

ザ・セール
http://webpress.exblog.jp/9232773/

日本橋オールコンテンツ祭り<GORAKU>
http://webpress.exblog.jp/9205813/

 番組ではまた、11月21日公開の映画「曲がれ!スプーン」の宣伝マン必携の缶バッジ「幸せのスプーン缶バッジ」プレゼントの案内も行われました。

 11月23日に大阪城公園「太陽の広場」一帯で行われる「OBCラジオまつり 10万人のふれあい広場 2009」では、「ザ・セール」と、「日本橋オールコンテンツ祭り<GORAKU>」の予告イベントも行われるそうです。
[PR]
by sozakiweb | 2009-11-16 18:23 | でんでんタウン
◆日本橋街づくり振興が運営して、でんでんタウン内にある店舗の場所を教えてくれるなどのサービスを提供する「日本橋総合案内所」が、今年9月に日本橋5丁目に移転してから、案内件数が増えています。

 地下鉄恵美須町駅近く、コンビニ・ローソンとミスタードーナツの間に挟まれたNTT日本橋ビル1階に移転し、広さも従来の3倍程度に拡大したこともあって、来街者からに目立ちやすくなっています。
 そのため案内所を訪ねる人の数は急増、移転した9月には1534件の案内を行っています。
 前年9月の案内件数が1309件で、300件以上も増えています。

a0029278_101083.jpg
移転後、案内件数が増えている「日本橋総合案内所」

 10月には、さらに1577件(前年1356件)に増え、2006年10月に総合案内所が開設して以来、3番目の案内件数を記録しています。

◆案内所での問い合わせは、家電や電子部品などの取扱店などを尋ねる内容が最も多く、それらを含めた電気関連の案内は全体の50%近くを占めています。
 また、道路教示も結構あるようで、「最寄りの駅は」とか「難波まではどのように行けばいいのか」といったものもあるようです。

 またゲーム、玩具など電気以外の分野の問い合わせは10%台と低いのが特徴ですが、これは利用する大半が若者であり、事前にインターネットで調べているためと思われます。
[PR]
by sozakiweb | 2009-11-14 10:06 | でんでんタウン

ボヤだったのか?

◆日本橋でんでんタウンで、11月12日午後4時半ごろ、消防自動車がサイレンを鳴らして堺筋を走って、日本橋5丁目のビルの前で止まりまった。
 ビルからは火が出ている様子はありませんでした。
 消防車が駆け付けた理由も調べませんでしたが、ボヤだったのでしょうか?

a0029278_4442445.jpg

写真はiPhoneで撮影して、即座にTwitterにアップしました。http://twitter.com/robomedia/status/5643864957

http://twitpic.com/p7hvb
[PR]
by sozakiweb | 2009-11-13 04:46 | でんでんタウン
◆でんでんタウン協栄会が11月28、29の2日間で行うでんでんタウン秋の売り出し「ザ・セール」で、1万2千円の買い物が出来る「でんでん小判」を1万円で販売し、年末へ向けての商戦の盛り上げをはかります。

 でんでん小判は、ザ・セール初日の28日午前10時から、日本橋4丁目の永和信用金庫前で販売します。1000円の「プレミアム商品券」が12枚綴りで1冊になっています。
 販売は1日だけで、1000冊を予定。
 12月31日まで使用できます。

 ザ・セールではこのほか、協栄会加盟の販売店での買い物金額に応じて空くじなしの抽選券を渡します。

 抽選では、でんでん賞としてシャーププラズマクラスターイオン発生器が10人に当たるほか、でんでんタウンお買い物券や選べる3等賞として「でんでんタウンオリジナルマスク」「ウルトラジャンプ10周年記念グッズが当たる応募券」などが用意されています。
[PR]
by sozakiweb | 2009-11-12 07:25 | でんでんタウン
◆でんでんタウン協栄会(土井栄次会長)が、11月6日、シャープエレクトロニクスマーケティングと協力して、日本橋電気街の一斉清掃を行いました。
 同協栄会の会員とシャープの社員計200人が参加して、堺筋沿いの歩道やなんさん通りなどに落ちているゴミを拾い集めました。

a0029278_11563467.jpg
a0029278_11565489.jpg

 この一斉清掃は、大阪市が提唱する「クリーンおおさか2009」に協力する形で、毎年実施されており、今回で8回目になります。

 午前10時に日本橋3丁目の高島屋東別館前に集合して、同協栄会環境整備委員会の小池富雄委員長が「街の安全、美化が街の活性化につながります」とあいさつ。
 続いシャープエレクトロニクスマーケティングの木下和博取締役が「お客様に気持ち良く買い物をしてもらうためにも、街をきれいにしてください」と、呼びかけました。

a0029278_11572784.jpg
街の美化が活性化につながる、とあいさつする小池委員長
a0029278_1157428.jpg
気持ちのいい街にと呼びかける木下取締役(SEM)

 参加者は、チリばさみとビニール袋などを手に持って、約1時間をかけて街を掃除しました。空き缶や吸い殻、チラシなどに混じって、「注射器のような不審なゴミもあった」と報告する人もいました。
 ゴミは日本橋4丁目のダイセン電子工業前の特設収集場所に集められ、大阪市環境局によって回収されました。
[PR]
by sozakiweb | 2009-11-07 12:00 | でんでんタウン
◆でんでんタウン協栄会は、11月6日、大阪市の一斉清掃運動「クリーンおおさか2009」に協力して、堺筋東西側となんさん通りの電気街でんでんタウンの掃除を行います。

 当日は、同協栄会のメンバーたちが、ほうきやチリトリなどを持って、日本橋3丁目の高島屋東館前に集合し、捨てられた空き缶やごみを拾い、同時に歩道にこびりついているガムなどを取り除きます。

 収集したごみは同4丁目のダイセン電子工業前に集められ、大阪市環境局中部環境事業センターが回収します。

 
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-31 10:14 | でんでんタウン
◆日本橋小学校付属幼稚園の園児10人が、日本橋連合振興町会のお年寄り32人を慰問して、カップにモーター2個を付けて電池で走らせるロボットを作って、完成したロボットをおじいちゃんやおばあちぉゃんたちに自慢気に見せていました。

a0029278_1447284.jpg
作ったロボットを見せる幼稚園児

 子どもたちは、電池を自分で結線して走り始めると、歓声をあげて大はしゃぎでした。
 お年よりからも思わず笑顔が溢れ、「見てみて」とロボットを見せる子どもたちの表情に楽しそうに応えていました。

 また、2足歩行ロボットがボールを蹴ったりイナバウワーを披露する姿に、全員が感心していました。

 慰問を受けたお年寄りも「今までロボットなんて、関係ないと思ってたけれど、楽しかった。ありがとう」と大喜びでした。
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-21 14:49 | でんでんタウン
◆日本橋幼稚園児が、きょう(2009年10月20日)、日本橋西1丁目の日本橋連合会館で行われるお年寄りたちの食事会の会場を慰問します。

 園児たちは、ここでお年寄りたちと一緒に、紙コップロボット作りに挑戦します。

 詳報は、本日深夜にお伝えします。 


[PR]
ミシュランガイド京都・大阪 2010 日本語版 (MICHELIN GUIDE KYOTO OSAKA 2010 Japanese)
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-20 10:51 | でんでんタウン
◆大阪市立大学経済学部の長尾謙吉准教授が担当する1回生16人の学生が、このほど大阪・日本橋の電気街「でんでんタウン」を実地調査した結果をまとめました。
街の歴史から秋葉原電気街との比較、オタク事情など5項目にわたっています。

 日本橋への提言では「ロボットやアニメなど新たな分野に挑戦する姿に期待する」といった意見がある一方で、「ロボットの街作りは意味がない」と全く反対の提案も見られます。

 また「街の変化は作りだすのではなく自然発生するもの」とか、「若者を集めて活気ある街に、その若者が新しい日本橋を作る時代にきている」などと、若者の街作りを希望する学生も少なくありません。

◆調査は2008年秋から今春にかけて日本橋筋商店街などの協力で、実際に街を歩いて聞き取りしました。
 「日本橋の歴史」「日本橋と秋葉原との東西比較」「食とオタク―日本橋のオタク事情―」「日本橋オタロードの形成」「日本橋への提言」の5項目にわたって、その結果をまとめています。

 日本橋の歴史は主に、でんでんタウン協栄会が1996年に編纂した「でんきのまち大阪日本橋物語」をベースにまとめています。
 ただ最近のロボットやアニメなどの台頭を捉えて「これら新産業によって商店街は活気づき、さらに変化し、新たな歴史を生み出す」とまとめています。

 東西比較では、サブカルと電気の2面からの分析を試みています。
 サブカルの台頭については「秋葉原、日本橋ともに電気街に似つかわしくない店舗が増えている。明らかに電気街と呼べなくなってきている」とサブカルによる弊害論を展開しています。

 また電気については「秋葉原は交通網の拡大、日本橋は難波などの近隣との連携」といった具合に、ともに集客力の強化が新しい街を作り出す原動力になるとしています。

 オタク関連では「日本橋はオタクの街として今以上に発展していく」と予想し、オタロードには「アメリカ村に見られるような若者向けの店が日本橋に新しい動きを作りだすのではないか」と、サブカルが電気街を危機的状況に陥れているとしながらも、街の発展には電気とは違った文化が必要なことを指摘しています。

◆最後の日本橋への提言では、レポート全体としての提言は見られず、調査に当たった学生が個々に千差万別な意見を出したのにとどまっています。

 若者が集まる商店街への脱皮を求める学生も多く「電気にこだわらない街づくり」「オタクの街をもっとアピールして若者を集め、活気を出すべき」「食の街をウリにしてはどうか」などの提言が見られました。

 街全体として改善すべき点を指摘したものもありました。

 「街としての対象客層がわかりづらい」「店は入りにくく、外観、雰囲気も入りやすいものではない」「自転車も多く小さな子どもを連れて歩くには危険だ」「駐輪場が必要」「閉店時間が早い。夜の街、日本橋も発展させるべき」など、来街者へやさしく、安全な街を求めているようです。

 さらに街の新たな文化作りについては「ロボットなどで日本橋の名が全国に知れ渡るようになればいい」「ロボットを武器にした街づくりを進めるべき」「海外にアニメやロボットの街であることをアピールするイベントが必要」といった具合に、ロボットやアニメに期待する声がありました。

 その一方では「ロボットの街で興味を持つのは一部の人だけ」「ロボットを打ち出しているのは前向きな変化だが、変化は自然発生するもの」といった指摘もありました。


[新刊案内]
テレビが言えない地デジの正体 (ベスト新書)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-05 11:42 | でんでんタウン