日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー

2009年 10月 21日 ( 3 )

◆日本橋小学校付属幼稚園の園児10人が、日本橋連合振興町会のお年寄り32人を慰問して、カップにモーター2個を付けて電池で走らせるロボットを作って、完成したロボットをおじいちゃんやおばあちぉゃんたちに自慢気に見せていました。

a0029278_1447284.jpg
作ったロボットを見せる幼稚園児

 子どもたちは、電池を自分で結線して走り始めると、歓声をあげて大はしゃぎでした。
 お年よりからも思わず笑顔が溢れ、「見てみて」とロボットを見せる子どもたちの表情に楽しそうに応えていました。

 また、2足歩行ロボットがボールを蹴ったりイナバウワーを披露する姿に、全員が感心していました。

 慰問を受けたお年寄りも「今までロボットなんて、関係ないと思ってたけれど、楽しかった。ありがとう」と大喜びでした。
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-21 14:49 | でんでんタウン
◆通天閣を経営する通天閣観光が、日本橋とのコラボ企画の第2弾として、10月30、31の2日間、「新世界コスプレサミット2009 IN 通天閣」を、通天閣3階特設会場と3階屋上で開催します。

 30日は前夜祭で、本祭は31日。
 コスプレ撮影会やアニソンコンサート、武者行列、グッズ販売、フェイスペインティングなどなどのイベントが予定されています。

 参加は有料で、コスプレをする人は1000円(展望券付き、当日申し込み)で、撮影する人は2000円(展望券付き、当日申し込み)。
 事前申し込みは、いずれも展望券付きで200円引き。

 日本橋と通天閣のコラボイベントは、今年5月10日に初めて「メイドの日」を開催して、好評であったことから、今回第2弾が企画されました。

http://www.tsutenkaku.co.jp/info/news.html
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-21 11:55 | イベント
◆日本橋でんでんタウン・ロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)が、大阪・新世界の通天閣の経営会社、通天閣観光(西上雅章社長)から、通天閣をモチーフにした動くロボットの製作を受注しました。

 国内には19カ所にタワーがあるそうですが、通天閣だけにマスコットがありませんでした。通天閣には、もともとビリケンという神様が祀ってありますが、これはあくまでも神様でマスコットにするには失礼にあたると、隣接する電気街のでんでんタウンのロボット連絡会にロボットを製作するすることになりました。

a0029278_11141432.jpg

 計画では、2010年3月21日に開催予定の日本橋ストリートフェスタにお披露目を目指して製作します。
 ロボットの高さは150cm程度で、「喋らなくても2足、4足、キャタピラを問わずに、動くものを考えている」(蝉代表幹事)といいます。

 すでに通天閣ロボットのグッズが府内の雑貨店などで販売されており、そのデザインをベースに製作することも考えられています。

 総費用は約100万円と低予算ですが、ロボット市場の創生を目指すロボット連絡会にとっては、初めてでんでんタウンの外部から寄せられた依頼でもあり、これが市場作りのステップになればと意気込んでいます。

 昨晩開催されたロボット連絡会の10月例会では、出席者にロボットのアイディアが求められました。
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-21 11:14 | ロボット