日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007年 12月 03日 ( 2 )

◆でんでんタウン協栄会が計画している「第4回日本橋ストリートフェスタ」のマスコットキャラクターに、大阪市のデザイナー浅草洋祐さんの作品=写真=に決まり、11月30日に日本橋筋商店街振興組合事務局で表彰式が行われ、最優秀賞として10万円分のでんでんタウン協栄会加盟店での買い物券が渡されました。

a0029278_0433750.jpg

a0029278_033975.jpg

日本橋筋商店街振興組合街づくり委員会の福島久史委員長から買い物券を笑顔で受け取る浅草さん(右)

 30点の応募があり、最終選考に残った7点の中で浅草さんの作品が「電気を分かりやすく伝え、かわいいキャラクターであること。さらにコンセントに人や歴史、未来へつなぐことを表現している」ということから選ばれました。

 作品はストリートフェスタのキャラクターとして使用されます。
 キャラクターの名前はまだ決まっていないため、これから同協栄会などで検討されます。
[PR]
by sozakiweb | 2007-12-03 00:28 | でんでんタウン
◆上新電機が2007年12月1日、大阪・日本橋5丁目のJ&Pテクノランド4階に、2足歩行ロボットから関連パーツや金属加工機までを揃えたロボット専門売り場「ロボット専科」をオープンしました。

a0029278_23484294.jpg

 トイ(玩具)ロボットから2足歩行ロボットや関連パーツ、工具・ツールさらには衣装、金属・樹脂、材料、書籍といった具合に、ロボット製作に必要なものは全てが揃っています。そういう意味で「国内最大級と名付けた」と山下猛雄店長は説明してくれました。

a0029278_2351474.jpg

 確かにありとあらゆる商品が揃っていました。今までならインターネットでしか買えなかったようなパーツや工具も、直接に目で確かめて購入できるようになっており、遠方からの来店も見込めそうです。

a0029278_23514457.jpg

◆エスカレーターで4階に上がるとショーケースに入った金属丸出しの二足歩行ロボットが出迎えてくれます。これは何やら楽しそうな雰囲気が漂っている-。そんなことを感じさせてくれます。
 その周囲には288万円もするというローランドDGの3Dモデリングマシンや卓上旋盤、フライス盤といったロボットのパーツを製作するのに必要な機械類が10台近くも並んでおり、実演してくれます。

a0029278_23523593.jpg

a0029278_235391.jpg

 今までのロボットショップといえばソフト志向の強さが目立っていましたが、メカニックな部分を強化しているところは他には見られないでしょう。さすがに先進ロボットの街、日本橋の面目躍如といったところでしょうか。

◆ タカラトミーが10月に発売した「i-SOBOT」などがお目当ての初心者から技術系の学生や研究者、ロボット競技大会への出場をねらっている人たちなど、幅広いユーザーの来店が期待されています。

a0029278_2354258.jpg

a0029278_23594036.jpg

 そんないろんな人たちに対応するために、8人の売り場担当者1人ひとりが主要ロボットメーカーの専任担当としてユーザーをアドバイスする「ロボット製作技術アドバイザー」というユニークな制度を採用しています。
 近藤科学2人、日本遠隔制御(JR)2人、Hi TEC1人、hpiジャパン1人、京商2人と、専任を置き、それぞれのロボットを自ら組み立てて、担当するメーカーのロボットのことならば隅々まで知り尽くし、どんな質問にも応えられるようにしているといいます。

a0029278_23561022.jpg


◆J&Pテクノランドは1981年に他に先駆けてオープンした情報機器の総合専門店です。専門性の高さが特徴で、今回ロボット専科がオープンした4階では自作パソコンやCADシステムなど技術力が伴う商品を多数販売してきました。

 その先進性のDNAを受け継いだのが、この売り場でした。
 ロボットを新たに同じフロアで扱うことによって、ロボットを「要素技術の最先端商品」として位置づけ、新たなデジタル時代を築いていきたい考えです。

 ところで売上げは「社内目標はあるが公開は差し控えさせてください」と山下店長。しかし「勝算は十分にあります」と極めて強気です。
 しかも最先端商品を揃えたことで新規客の誘引につなげ、コアな客のリピートもねらえると期待していました。
 また数年先には郊外店へのインショップ出店も考えられるようです。
[PR]
by sozakiweb | 2007-12-03 00:00 | ロボット