日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー

2007年 11月 09日 ( 2 )

◆日本橋電気街「でんでんタウン」がマンション街に変わろうとしています。こんな記事が先日の読売新聞に掲載されました。
 日本橋の人たちは「また載っているなぁ」といった感覚だったのでしょうか。あまり話題にもなっている様子はないのですが、巷では日本橋の衰退振りがかなり衝撃的に映ったようです。

a0029278_18304154.jpg
地上15階建ての「ルネ日本橋マンション」(仮称)建設予定地

 その原因となっているのが、電器店が閉店した跡地を利用してマンションを建てようといった業者が続出しているということです。
 街によると、現在建設中やすでに完成しているものを合わせるとメイン通りの堺筋に面したマンションは9棟あるらしいです。

 問題なのはいずれも1階部分が、店舗ではなくマンションのエントランスになっているということ。こうなると商店街としての体裁が整わなくなってしまうのです。
 しかもその多くがワンルームマンションだといいます。

 旧ニノミヤ日本橋本店跡にもマンションの建設計画がありますが、ここも1階部分はエントランスになるといいます。
 そこで街では「1階部分には店舗を」と、行政をはじめ関係機関を通じて建築主へ要望しているといいます。

 ただ総合地所(東京都港区)が2009年2月完成予定で日本橋5丁目のジョーシン8番館跡に建設している「ルネ日本橋マンション」(仮称、地上15階、地下1階)は、1、2階部分は店舗(業種不明)にする計画だといいます。

 このように施主に協力を得られればいいのですが、そうでなければ将来は「1階部分を店舗にしなければ建設できない」といった条例の制定を目指して働きかける必要もある、といった声も出ています。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-09 18:32 | でんでんタウン
◆「バカロボ 2007」(主催・吉本興業)の決勝大会が先頃、東京・新宿のルミネtheよしもとで行われ、初代グランプリに筋力鍛錬チャイルドロボ「キントレーZ」が選ばれました。
 残念ながらエルエルパレス(大阪市浪速区恵美須西、岩気裕司社長)のホビーロボット部門のロボットフォースが製作したなにわ王道アホの継承者ロボット「プッシュくん」=写真=はグランプリを逃してしまいました。

a0029278_1059468.jpg

 バカロボ 2007には、キントレーZとプッシュくんのほかに、エクスタシー生命体ロボ「勃具」、ケニア生まれの鋼鉄獣ロボ「イナ☆ザウラー」、女子高生へなちょこロボ「カキールX JUNKO2007」、妊婦さんコーラスロボ「ラマーズ4」、ハイテク萌え系メイドロボ「美影」、リアル四コマ漫画ロボ「ロボブッチョ」が出場しました。

a0029278_1101298.jpg
初代グランプリを獲得した「キントレーZ」

◆当日の模様は、ブログ「散財心理学実習講義200X」のバカロボ2007観戦記 に詳しく書かれており、それによると、プッシュくんはトップバッターとして登場しました。
 同ブログをもとに現場を再現してみると。


 「ごみ箱+食い倒れ人形」といったコンセプトが岩気社長から挨拶がありました。
 そうするとプッシュくんは4つの足で歩きはじめ、「まいどー」と挨拶したといいます。
 さすがに浪花のロボットです。大阪弁で挨拶したようです。

 しばらくしてプッシュくん頭のフタが空くと、岩気社長がゴミを入れようとしますが、フタは閉まってしまいます。
 岩気社長は「機嫌を損ねるといつもこんなです」と照れ隠し。
 そうするとプッシュくんはカマキリのように前脚を持ち上げて岩気社長を威嚇して、4つ足でその場をぐるぐる旋回しはじめました。

 ゴミ拾いの機能も優れていたようで、落ちているゴミを検知して、2本の脚でゴミを挟んで掴み、体内に突っ込みました。ところが中から”奥の手”が出てきて、ゴミを放り出してしまいました。

◆バカなロボットと岩気社長が繰り広げるまるで掛け合い漫才のような演技に、ブログ「散財心理学実習講義200X」さんは、「単体としてのロボットの性能は、もうプッシュくんが抜群に優れていた」と、最高の評価をしています。

 大阪を代表して出場した日本橋のプッシュくんは大健闘したようです。次回のがんばりを期待したいものです。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-09 11:02 | ロボット