日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007年 11月 07日 ( 1 )

◆シャープが、AQUOSファミリンクに対応した「インターネットAQUOS」3タイプ5モデルを11月下旬から順次発売します。

 発売するのは「PC-AX120V」(12月中旬発売)、「PC-AX80V-W」(11月下旬発売)、「PC-AX80V-B」(12月中旬発売)、「PC-AX80V-R」(12月中旬発売)、「PC-AX30V-W」(11月下旬発売)。価格はオープンですが、店頭予想価格はAX30Vが11万円前後、AX80Vが17万円前後、AX120Vが23万円前後。

a0029278_1352728.jpg

a0029278_139823.jpg

 AQUOSファミリンク対応の液晶テレビAQUOSと接続させてパソコン機能を活用できるほか、付属のタッチパッドリモコンでテレビ、パソコン、ハイビジョンレコーダーを操作して、たとえばインターネットAQUOSで録画した番組をAQUOSブルーレイに移動させることができます。
 また、ネット動画や商品を検索したり、写真やホームページなどのコンテンツをタッチパッドリモコンで操作できる「PCメニュー」も搭載しています。

a0029278_1365618.jpg
タッチパッドリモコン

AQUOSファミリンクは、シャープが2007年8月に発表した、液晶テレビの操作やレコーダーなど対応周辺機器を1つのリモコンで操作できるシステムのことです。
 同社情報通信事業本部の大畠昌巳本部長は「AQUOSブルーレイやハイビジョン液晶テレビとも連携して、デジタルAV機器の周辺機器のように楽しめます」と話し、テレビの新しい視聴スタイルを作り出してくれそうです。

家庭用ノートパソコンは継続していく

◆インターネットAQUOSはテレビ接続型パソコンで、「同タイプの商品ではシェアは60%を得ている」(大畠本部長)といいます。

 また、電子情報技術産業協会(JEITA)会長の町田勝彦シャープ会長は、07年10月26日のJEITA定例会見で、「パソコン単体だけをスタンドアロンで事業展開していく事業形態は、成り立ちにくくなってきているのではないか。今後もパソコン事業継続するには情報システムやAV機器など関連事業と組み合わせた商品設計や提案力が必要になる」といった発言をしていました。

 同社のパソコン事業もインターネットAQUOSへ集約されるのか、と思われますが、それについて大畠本部長は「インターネットAQUOSとAV機器の連携にはさらに力を入れていきたいが、家庭用ノートパソコンの事業はこれからも続けていきます」と、話していました。
[PR]
by sozakiweb | 2007-11-07 13:09 | 新製品