日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2007年 06月 15日 ( 1 )

◆電気関連の店舗が減っているのは寂しいですね-。
 ニノミヤなどの大型店がなくなり、街はすっかりかつての電気街の活気をなくしつつあります。
 そんな中、6月12日の日本橋筋商店街振興組合理事会で街づくり委員長に就任しました。

a0029278_19215090.jpg
福島久史氏

 「突然の指名であった」と戸惑い気味ながらも、駐車場や電気ビルの確保、それに空き店舗に電気関連の業種が入居してくれれば有難いのだが-と、今までずっと電気街で育ってきただけに、かつての賑わいを取り戻すことには意欲的です。

 電気関連のベンチャーや小規模店舗などが低家賃でも入居できる複合ビルも欲しいなどと、アイディアはいろいろと出てきます。

◆昭和37年生まれ、45歳。同振興組合の理事の中では2番目に若い。
 街づくり委員長就任を機に、でんでんタウン協栄会にも加盟を申請したといいます。
 福島氏は制御部品販売の永和電機の2代目社長です。

 「先日、お客さんから、昔は日本橋へ行くと言えば部品の調達と決まっていたが、最近では風俗の街へでも行くように思われて寂しい、と言われましてね」
 「街の中にずっといると、そんな事でもわからなくなってしまうのです」

 もちろん時代の変化は受け入れて、電気に捉われすぎずに特色ある店舗の集まりは必要だと認める。でも主体はあくまでも「でんきの街」であり、かつての勢い復活させたいという。

◆来年の第4回日本橋ストリートフェスタの開催に向けても協力していくことになる。
 「サブカルチャーと融和しながら、如何にでんきの街のイメージを強力に打ち出せるかが課題だ」とも話しています。
 「先輩諸氏の支援をいただいて課題の解決に取り組んでいきたいです」
[PR]
by sozakiweb | 2007-06-15 19:26 | 日本橋筋商店街振興組合