日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

三菱、京都製作所で話題のBD/HDD内蔵液晶TVなど映像商品の内覧会、6日まで

◆三菱電機京都製作所が、11月5日から6日まで、同製作所で製造している映像商品や映像システムの新製品などを、取引先に紹介する「2009映像システム内覧会」を、同製作所内のAVプラザなどで開いています。初日は中国から訪れた一行などが、製品を見て回っていました。2日間で昨年比倍増の2000人の来場を見込んでいます。

a0029278_17582866.jpg

a0029278_17585441.jpg
阿部正治所長

 阿部正治所長は「この製作所には、製造部門と先端技術総合研究所がひとつになっており、常にお客が望む製品を開発しています」とあいさつし、事業の現況を説明しました。

滑りだし好調なBD/HDD内蔵液晶TV

 それによると、「REAL」のブランドで展開する液晶テレビは、10月末に発売したBD(ブルーレイ)/HDD内蔵したBHR300シリーズやMZW300シリーズが好調に売れているといいます。

a0029278_17512152.jpg 「発売後1週間で量販店だけで1000台を超える台数を販売した」(荒木茂営業部長)というほど。この好評を受けて量販店からは、「出荷台数を増やしてほしい、といった要望がたくさん寄せられている」(同)といいます。

 4-9月の出荷台数の業界平均は前年同期比135%だといいますが、同社はそれを上回る同165%といった状況。
 量販店では従来よりも、同社のテレビの展示台数を増やす店舗が増えているそうです。

 BDレコーダーは、2008年から業界4社目として参入していますが「簡単操作が高い評価を得ている」(阿部所長)といいます。
 この操作機能はBD/HDD内蔵液晶テレビにも搭載されるなど、液晶テレビ部門とBDレコーダー部門が、連携した商品開発を行った成果だと言われています。



30万円を切るホームシアターシステム提案

◆欧州市場での販売が上向き始めているプロジェクターは、国内でも教育市場を中心に、さらに米国、アジアの市場で前年実績を維持しているといいます。
 阿部所長は「業界全体が大きく前年を下回る中、売上げを拡大していく計画です」と話していました。

 注目株がホームシアタープロジェクターとして発売している「LVP-HC6800」です。1300lmの高輝度とコントラスト比20000:1で「より深い黒にこだわった商品」(荒木営業部長)としてPRしています。

a0029278_1753846.jpg この商品は、プロジェクターと80インチスクリーン、DVDレコーダーなどをセットにしても30万円を切るのが魅力です。
 しかも80インチでもプロジェクターとの間は、わずか2.4mといった省スペースタイプ。
 3万円前後のミニコンポと組合わせると立派なホームシアターが出来上がるといいます。

 最近は大型の液晶テレビでホームシアターを楽しむ人たちも多いようですが「改築や定年を機に、プロジェクタータイプのホームシアターで映画館の雰囲気を味わう人も増えていますよ」と担当者。

◆たくさんの実績と信頼性で、ユーザーから高い評価を得ているというのがディスプレイウォール。
 パネルの奥行きが150mmという省スペースの液晶マルチ大画面表示装置や、LEDを光源に採用したDLP式のプロジェクターシステムは、高い関心を集めていました。

累計1万6千台を出荷

◆また、同社の業務用プリンターを搭載したデジタル写真用のセルフプリント端末は、累計の販売台数が1万6000台を上回ったといいます。
 ローソンやサークルK&サンクスといったコンビニに導入をはかっており、今後は「ホテルなどへも販路を拡大したい」(阿部所長)と計画しています。

 新製品のキヨスク端末型の「ミクプリ」は、端末操作でインターネットに接続してフォトブックが制作できるサービスを、関西地区はカメラのナニワと提携して提供しています。






[PR]
by sozakiweb | 2009-11-05 18:00 | 商品動向