日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上新電機、7期連続の増収増益 3月期第2四半期決算

◆上新電機の3月期第2四半期の決算は、売上、利益ともに期初の予想を上回り、7期連続の増収増益、8期連続の増益になりました。
 エコポイントの導入効果によってテレビ、冷蔵庫の売り上げが伸びたことは、昨日の配信の通りです。
 一方、エアコンは冷夏影響もあって販売は低迷しましたが、これもエコポイントがなければさらに大きな落ち込みがあっただろう、と同社では予測しています。

a0029278_1552124.jpg 情報通信関連商品は、全体で前年同期比10.7%減と大きくマイナスになっています。
 中でもパソコンは、新OSのWindows7の前評判が良く買い控えが見られました。
 台数が横ばいの上、ネットブックなど、単価の低い商品が主流になって金額を下げて、大きく低迷しました。

◆具体的には、テレビの売り上げは292億7600万円(前年同期比27.9%増)で、台数では同145%増と大幅な伸びを見せました。
 冷蔵庫は108億100万円で同17.1%増。
 エアコンは162億600万円の同4.1%減。
 パソコンは39億6400万円で、同23.8%減でした。

 4-9月の売上高は1786億7700万円(同4.8%増)で、営業利益は39億7400万円(同23.1%増)、経常利益は38億4600万円(同25.9%増)、純利益は26億3900万円(同15.8%増)でした。

 3月期通期の予想では、売上が3740億円(同4.0%増)、営業利益87億円(同16.4%増)、経常利益83億円(同17.8%増)、当期利益46億円(同11.9%増)と、いずれも上方修正しています。
 併せて中期経営計画の数字も上方修正しました。

◆こうした好調な原因は、エコポイントに尽きるようです。
 「これがなければエアコンももっと悪くなっていた」といい、社内では労働条件を良くしながらも販売管理費を下げたことも業績向上につながったようです。

 ただ、そのエコポイントも今期で終了するのでは、と予想している。
 土井栄次社長=写真=は「今、若干の回復傾向にある中、なくなるとたちどころに景況は厳しくなるだろう。しかし、なくなるものとして、今から対応を検討しておかなければいけない」としています。

◆このほか新して扱いジャンルの商品では、ロボットは「街の活性化には欠かせないが、商売にはならない」など、厳しい側面を見せています。

 また、昨年から取り組んでいる中古携帯電話機や中古計測器は「引き続き意欲的に販売していく」とし、中でも中古携帯電話機は「新品端末の買い替え促進に寄与しているほか、他店との差別化に役立っている。今後、SIMカードの入れ替えができるようになれば、爆発的に伸びるだろう。その前段階だ」と、位置付けています。

 ダウンロードなどネット配信の影響を受けている音楽・映像ソフトは、売上高が21億2600万円(同16.5%減)で、在庫効率の悪化が目立っています。
 反面、ネット販売では同10%増と伸びを見せているなど「今後、Webを利用した販売に注力する」としています。
[PR]
by sozakiweb | 2009-10-31 15:52 | 上新電機