日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ドライミスト実証実験で勉強会  でんでんタウン

◆日本橋筋商店街振興組合とでんでんタウン協栄会が、2009年9月18日、来年夏に実施を予定している銀イオン水などを使ったドライ型ミストを商店街で噴霧する計画の第1回目の勉強会を行いました。

 この計画は、大阪大学大学院工学研究科の奥俊信教授と山田茉莉研究員の提案を受けて、同振興組合と同協栄会が、このほど実施に同意したことに伴うもので、行政や関連企業の協力を求めて実施します。
 さらにはこの実験を通して、商店街向けの空気清浄システムの開発も計画しています。

a0029278_17184098.jpg
背中が奥教授、右が山田研究員

 勉強会には、奥教授と山田研究員、地元からは蘇建源日本橋筋商店街振興組合理事長、丹野修二同組合理事、蝉正敏でんでんタウン協栄会理事、吉谷達嗣同協栄会事務局長が出席しました。

◆蘇理事長が「振興組合、協栄会ともに実施は了承済み」と報告し、出席者からは実施場所は、日本橋5丁目の日本橋総合案内所前が適しているといった意見が出ていました。
 ドライ型ミストを噴霧する装置は、アーケードの日除け枠に取り付けることになりますが、1区画3~8mになるといいます。

 ミストを噴霧することによる店舗の展示商品などへの影響について質問があり、大阪市役所前で実施されているミスト噴射を見学した出席者の1人は「路面は濡れていなかったが、今回の実験で影響を確認したい」と話していました。

 奥教授からは実験場所として「日本橋3丁目の歩道橋が撤去される予定だが、そのT字路で実施すると話題性も大きい」と提案があった。
 また「同時に掃除ロボットで実験場所付近の路面清掃を行ったり、路面に銀イオン水を散布するとクリーンな街を訴求できます」と、構想を披露しました。

 蝉でんでんタウン協栄会理事は「これが設置されることで、マスクレスの清潔な街をアピールできるかもしれません」と話していました。

 
[PR]
by sozakiweb | 2009-09-18 17:20 | でんでんタウン