日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

夏休みに電子工作教室の特別版

◆日本橋でんでんタウンで夏休み期間中に、子どもたちや一般参加者を対象にした「電子工作特別教室」(主催・でんでんタウン協栄会、日本橋まちづくり振興、共立電子産業、協賛・白光、フルーク)の開講が予定されています。

 でんでんタウン協栄会が、毎月開催している教室とは別枠の特別版で、夏休み最終土曜日の8月29日に、2会場に分かれて行われます。

 「電子工作教室 in 大阪日本橋」(講師・久保幸夫さん)「電子工作教室 in 共立電子」(同・四方田等さん)。定員はいずれも20組40人で、一般参加も可能だが、小学生は保護者同伴が必要になります。

 「ものづくり」を通して将来のエレクトロ技術者の育成、青少年にエレクトロ二クス技術のすばらしさ、醍醐味、楽しさを提案しようと企画されました。

 参加者には作品に使用する部品を自ら、でんでんタウンにあるパーツ店で購入する体験もすることになっています。

 会場は、第1会場が日本橋筋商店街振興組合会議室で、第2会場は共立電子産業本社1階セミナールーム。

 参加者は同日午前9時30分に会場に集合し、10時45分からはスケジュール説明や講師紹介、注意事項の連絡、部品購入の説明などオリエンテーリングが行われます。

 午前11時15分から昼食と部品購入。
 0時30分から30分間、ハンダの専門メーカーである白光の担当者によるハンダ教室が開かれる予定です。
 子どもたちにも関心が高い、正しいハンダの方法などの指導が行われます。

◆いよいよ午後1時からは工作に取り掛かります。
 終了予定時間は4時で、すべてが終わってから抽選会や参加記念品の贈呈が行われます。

 製作するのは、第1会場が「パッチン基板 ICラジオ」、第2会場は「2石トランジスタレフレックスラジオ」。
 いずれも当日変更する場合があります。
 参加費は、第1会場が500円、第2会場は1000円。
[PR]
by sozakiweb | 2009-06-05 10:25 | 電子工作教室/ロボット教室