日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

白光、作業時間3割アップ実現、はんだこて「FX-888」

◆はんだこての専門メーカー、白光(大阪市浪速区塩草2、吉村加代子社長)は、ステーションタイプで鉛フリー対応の高出力温調式はんだこて「FX-888」を発売した。転倒しにくい安定感あるデザインを採用し、シルバー、ブラック、レッド、ブルー&イエローの4色を揃え、価格はそれぞれ1万8000円(税別)。

 ステーションとこて、こて台で構成。こて台は、シルバー、ブラック、レッドのステーションにはシルバー、ブルー&イエローには同色を用意している。


a0029278_9513215.jpg ヒーター出力は65Wで、従来品のHAKKO 936に比べ30%向上させている。ヒーター部分とこて先(T18シリーズ)を分離。新開発のこて先は、先端への熱伝導効率を高める形状と内部構造を持った20種類を用意している。

 これによって、こて先が350℃まで立ち上がる時間も、従来品よりも20秒早くなった。連続作業時の温度降下を減少させることで、作業効率を高められるようにした。

◆また日常点検に必要な樹脂製の温度補正(CAL)専用ドライバーを標準装備し、これによってCALボリュームの耐久性を高めた。

 設置面積は従来品よりも約50%削減し、セル生産現場でも作業スペースの確保を可能にした。

 ステーション部の出力は26V、大きさは幅95×高さ118×奥行き136㍉㍍、重さは約1・3㌔㌘。こて部は全長190㍉㍍、重さ44㌘。

◆安定感のあるデザインは、液晶テレビ「AQUOS」などのデザインで知られる工業デザイナー、喜多俊之氏に依頼した。

 4つのカラーバリエーションを採用することで、「選ぶ」「魅せる」を意識した工業製品らしからぬ形状が特徴。生産現場からホビーまで幅広い需要を見込んでいる。

http://www.hakko.com/japan/
[PR]
by sozakiweb | 2008-12-16 09:52 | 新製品