日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

創業60周年を迎えた上新電機 安心のサービスを提供

◆上新電機が、大阪・日本橋で昭和23年に創業して、今年で60年を迎えている。節目の年である今、社内外に打ち出しているのが6つの「いつもきちんと」だ。
 中でも「安心のサービス」と「家電品アドバイザー制度」による接客は、全国トップクラスとさえ言われている。
 そうした取組みが評価されたのか、このほど経済産業省主催の「平成20年度製品安全対策優良企業経済産業省大臣表彰」の大企業・小売販売事業者部門で金賞を受賞している。

a0029278_1093294.jpg◆上新電機は全国の家電量販店の中でもトップクラスの自社サービス体制を敷いているという。
 それはエンジニアや有資格者の数でわかる。
 たとえば同社のサービスを担当する関連会社、ジョーシンサービスの全社員451人中、家電製品エンジニア(AV・情報家電担当)と呼ばれる人たちの数は125人もいる。

 以下、数は一部重複するが生活家電を担当する家電エンジニアは127人、文部科学省認定ラジオ音響技能検定(オーディオ担当)は233人、総務省認定の工事担任者(電話配線工事担当)は185人、そして都道府県知事認定の電気工事士(一般配線工事担当)は130人といった具合だ。

 彼らの目印は「白い手袋」だという。
 これをはいて配達から設置、そして修理と家庭をを訪問する。

◆さらに商品の購入する際、どのよう商品を選べはいいのかわからない、たくさんある商品の中でそれぞれの違いは-など、消費者は購入代金を支払うまで悩みに悩む。
 そんな時に相談に乗ってくれるのが同社の家電品アドバイザーである。
 その数は約2000人。内訳はAV・情報家電担当のアドバイザーが1018人、生活家電担当が966人。

 最近はともすれば顧客の方が知識が豊富といったこともある。それだけに完全な商品情報で親切丁寧に対応することが、販売へとつながることになる。

◆こうした安心の提供が国から評価された。
 製品安全対策優良企業経済産業省大臣表彰は、安全力と回復力、対話力、人材力、持続可能力、消費者からの満足度などを総合的に判断するものだ。
 今回、その金賞を受賞した。

 同社が評価された点は「アフターサービス体制の構築整備」と「安全な製品の仕入れ、販売」「店舗販売員による製品安全情報の提供」といった3点であったという。

 アフターサービス体制の構築整備では、長年蓄積された購入履歴情報をもとにメーカーにおける回収が思うように進まない場合に対応方法を提示するなど、製品不具合時の対応ノウハウが優れていることが評価された。

 また、安全な製品の仕入れと販売では、安全に疑いがある製品は扱わないほか、メーカーなどと製品の安全性に関する覚書を交わしているなどの徹底ぶりが認められた。
 さらに製品安全情報の提供は、販売員が情報端末を使って、製品の不良情報を接客時に提供することを努めていることが、幅広く支持されているとされた。

◆同社は今後も創業時と変わらない「いつもきちんと」を徹底するという。
[PR]
by sozakiweb | 2008-11-20 10:10 | 上新電機