日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ムービーのユーザー層拡大のカギはシリコンムービーの普及

◆デジカメが銀塩カメラの地位を奪い、写真ファンの底辺の拡大させたようにビデオカメラはユーザーを獲得できるのでしょうか。

 ビデオカメラの国内市場規模は年間150~160万台で、伸び悩んでいると言われています。
 子供が小さいときには使ったけれど、それ以降は埃をかぶっている-といったユーザーが圧倒的に多い。
 なかなかデジカメのようにはいかない。

 孫を撮影すると言って高価なハイビジョンムービーを買った友人も、今はムービーの話もしなくなってしまっている。

a0029278_17403572.jpgシリコンムービーがユーザーの底辺を拡大すると話す豊田秀樹・三洋電機部長

◆きょう三洋電機が、3月中旬から発売すると発表した業界最小・最軽量というポケットサイズのハイビジョンムービー「Xacti」(DMX-HD2)は、記録媒体にSDメモリカードを利用したシリコンムービーカメラといわれるもの。

 同社によると「シリコンムービーカメラの普及がデジカメのようなユーザーの底辺拡大につながる」と自信をみせる。

 今、このシリコンムービーカメラは世界市場でもわずか10%未満のシェアだといいます。
 しかし同社の予測によると「2010年には記録媒体にテープを使ったムービーはほとんどなくなり、ハートーディスク、DVD、シリコンが3等分する」といいます。

 このときの国内市場は「200万台以上には拡大するのでは」と期待度は大きいようです。

◆しかし問題はほかにもあります。
 価格です。
 XactiDMX-HD2の市場想定価格は9万円前後。ハイビジョンだが、やはり買う身になると高い。
 底辺拡大にはデジカメのような低価格化も必要でしょう。
 これには「(メーカーとしては)うれしくないが、価格はもっと下がっていくでしょう」と、担当者は話していました。


[ニュースリリース]
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0702news-j/0207-1.html
[PR]
by sozakiweb | 2007-02-07 17:45 | 新製品