日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

”亥”ノベーションの年にしたい 双葉会が07年合同年賀会

■大阪・日本橋の電気街を担当する家電販売会社10社で作る「双葉会」が、日本橋地区の取引先を招いた「第35回双葉会合同年賀会」が、6日、大阪市内のスイスホテル南海大阪で開かれました。
a0029278_216280.jpg
改革を訴えかける三洋電機・下出博得副本部長

 双葉会を代表して三洋電機グローバル営業グループ国内営業本部の下出博得副本部長は「電機業界は薄型テレビに代表される映像関連商品が高伸長を見せており、2011年に向けてさらに成長するだうが、価格下落もあって予断は許されない。また白モノ家電は引き続き高付加価値商品が伸びるだろう」と予測。

 さらにこれからの業界は「強い体質への改革がなければ生き残っていけない。そのためには狂気に近い挑戦が求められる」と、経営再建中の自社の姿に重ねて改革の必要性を訴えました。

 また体調を壊して欠席したでんでんタウン協栄会会長の土井栄次上新電機社長に代わって、同協栄会副会長の小池孝雄小池電気社長が「知恵と汗を流して努力するべきときだ。また商品を安定した価格で感動をこめて提供していきたい」と、来賓を代表して挨拶しましました。
a0029278_2204529.jpg
日本橋は今、生き残りをかけて努力していると話す小池副会長

■この日は例年、双葉会10社の前年出荷実績が発表されます。
 それによると2006年1月から12月までの出荷金額の伸び率は対前年比103.5%でした。
 商品別の出荷金額伸び率(対前年比)は、プラズマテレビ172.5%、液晶テレビ137.8%、ムービー98.8%、DVDレコーダー89.9%、FAX96.2%、パソコン92.1%(ノートPC104.2%、ディスクトップPC70.4%)、デジカメ127.8%、HDDオーディオ148.8%、洗濯機109.7%、冷蔵庫101.9%、電子レンジ101.0%、エアコン(台数)103.6%でした。

 やはり薄型テレビが全体をけん引している様子が良くわかります。
 デジカメやHDDオーディオも堅調であり、パソコンはノートPCが支えているようです。
a0029278_2291992.jpg
乾杯の音頭を取る日本橋オーディオ店会の堀野昌志会長
a0029278_211252.jpg
懇親会

■同会によると、でんでんタウン協栄会から合同年賀会に出席したのは42人でした。
 やはり年々、少なくなっているような様子です。
[PR]
by sozakiweb | 2007-01-08 02:30 | でんでんタウン