日本橋電気街に関連したニュースをお伝えする情報サイトです。 「日本橋( NIPPONBASHI )経済新聞」は 略して”バシ経”。


by sozakiweb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホームシアター用液晶プロジェクター       着実に市場拡大 今年度前年度比30%増予測

◆日本橋にもホームシアターシステムを提案する販売店が少なくありませんが、このところ急速にホームシアターが手軽に楽しめるようになってきています。
 映画館の雰囲気を味わえるものとして、最近ではホームシアター用液晶プロジェクターが注目されています。リビングでの大画面シアターの選択肢もかなり広がりが出てきています。

a0029278_18502668.jpg
松下電器産業調べ

 松下電器産業と三洋電機は10月、明るいリビングでも見ることができる液晶プロジェクターを発売します。また三菱電機はフルハイビジョン対応の液晶プロジェクターを50万円を切る価格で、やはり10月から発売します。これからの秋の夜長、本格的なホームシアターシステムで映画を楽しむのも良さそうです。


 液晶プロジェクターによるホームシアター市場は今年、昨年比約130%の伸長が見込まれ、2007年度には10万台の販売が予想されています。
 こうした背景には、地上デジタル放送やBSデジタル放送でハイビジョン映画が充実してきたことがあります。
 ホームシアターの映像ソースは、デジタルハイビジョン放送のほかにも、HD-DVDやブルーレイディスクなどのパッケージメディアも注目されます。

 10月20日にホームユースプロジェクター・Zシリーズの第5弾「LP-Z5」(希望小売価格29万4000円)を発売する三洋電機は、ホーム市場における液晶プロジェクターの市場規模の推移を次のように見ています。
 04年度6万8000台、05年度7万3000台、06年度9万2000台、07年度12万3000台、そして08年度には14万5000台になるといいます。

 三洋電機のLP-Z5は、リビングの明るさでも、映画館の画質を楽しめる“ブリリアントシネマ”モードを搭載しているのが特徴のひとつです。

a0029278_18385882.jpg
三洋電機のLP-Z5

 また松下電器はホームシアター用液晶プロジェクター「TH-AX100」(オープン価格=市場想定価格は22万円前後)を10月10日からり発売します。

 この製品は業界最高輝度1万2000ルーメンとハイコントラスト6000対1を実現させるとともに、新開発の「ライトハーモナイザ」で、リビングなど明るい場所でも鮮やかでハイコントラストな高画質映像が楽しめるのが特徴です。

a0029278_18372444.jpg
松下電器の「TH-AX100」

 三菱電機が10月12日から発売する「LVP-HC5000」(オープン価格=市場想定価格は50万円以下)は、新世代液晶パネルC2FINEを採用することでリアルなハイビジョン映像の再現を可能にしています。

 また新光学エンジンを搭載し、独自のファンノイズ低減で静粛性を実現しています。

 同社は「フルハイビジョンプロジェクターは、大画面であるほど真価を発揮するため、大画面ファンからの需要が多く見込まれるだろう」と、予測しています。
[PR]
by sozakiweb | 2006-09-20 19:00 | 商品動向